お風呂のトラブル③~蛇口&シャワーヘッド編~

「詰まり」、「カビ」とともにお風呂にまつわるトラブルで多いのは、やはり「水漏れ」をはじめとする、蛇口やシャワーヘッドに関連した故障やトラブルです。水漏れに関しては、キッチンにおける水漏れ、洗面化粧台の水漏れと共通する部分もあれば、浴室ならではの注意したいポイントなどもありますので、こちらでご紹介していきます。

【お風呂のトラブル】

蛇口・シャワーヘッドのトラブル

蛇口・シャワーヘッドのトラブル「詰まり」、「カビ」とともにお風呂にまつわるトラブルで多いのは、やはり「水漏れ」をはじめとする、蛇口やシャワーヘッドに関連した故障やトラブルです。
水漏れに関しては、キッチンにおける水漏れ、洗面化粧台の水漏れと共通する部分もあれば、浴室ならではの注意したいポイントなどもありますので、こちらでご紹介していきます。

蛇口の種類

お風呂の蛇口に関しては、湯水2つのバルブを回すタイプと、1本のレバーを上下左右に動かすことで湯水の開閉をするレバータイプのものがあります。さらにカランとシャワーどちらから出すのかを切り替えることができる装置が付いています。

また、あらかじめお湯の温度を設定するとその温度のお湯が出てくるサーモスタットの混合水栓は構造が全く異なります。

シャワー、カランからの水漏れ

シャワーやカランからポタポタと水が漏れるという症状の場合、このシャワーとカランの切り替えバルブが痛んでいるか、故障しているというケースが考えられます。家全体の水道が止まっているわけではなく、キッチンや洗面化粧台の水道は使用できるのに、お風呂の蛇口やシャワーから水が出ない、もしくは水が止まらないという場合も、この切り替えバルブが壊れている可能性があります。
水を出している最中に、シャワーホースの付け根から水漏れが起こる場合は、シャワーホースそのものの劣化の可能性が高く、その交換が必要となります。こちらはホームセンターなどで購入することができ、比較的簡単に交換することは可能です。シャワーヘッドに関しても、故障して水漏れが起きている場合はもちろん、最近では便利な機能が付いたさまざまなシャワーヘッドが販売されていますから、交換を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

便利なシャワーヘッド

便利なシャワーヘッド最近では蛇口を開けっ放しにしたままでもスイッチによって手元でシャワーを止めることができるという便利な機能が付いたシャワーヘッドがあり、人気も高いのですが、こちらの使用に関しては注意が必要です。というのは、蛇口が開けっぱなしのままシャワーヘッドの部分で水を止めるということは、その間、シャワーホースと蛇口にずっと水圧が掛かっている状態ですので想定外の負荷が蛇口に掛かることになります。劣化・故障の原因ともなりますので、シャワーを浴び終わったら、必ず蛇口本体のバルブを閉めて水を止めてください。

ちなみに、シャワーヘッドやホースなどの部品交換をクラシアンに依頼いただく場合、作業料金と材料費などが加わることになります。
材料費の例としては、一般的な取り換え用のパイプ(吐水口)が1,000~5,000円程度。シャワーヘッドが1,000~20,000円ほど、シャワーホース3,000~5,000円程度です。ご用途やお好みに合わせてお選びいただけます。

蛇口取り換えの作業時間は30分弱です。ホームセンターやネットショップなどで購入したけれど、取り付けに自信がないという方は、お気軽にご連絡ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。