お風呂場の蛇口からの水漏れ原因と修理方法

シャワーヘッド・吐水口からの水漏れ

シャワーヘッド・吐水口からの水漏れできれば体験したくない水漏れトラブルのひとつに、「シャワーや吐水口から水が止まらなくなった」というものがあると思いますが、長い間、蛇口を使っていると、ある程度の故障はつきものです。

でも、慌てないでください。どのような水漏れにも原因はあり、正しく対処すれば被害は最小限に抑えられます。きちんと適正な修理を行えば、すぐに解決できる状況が大半です。

浴室蛇口からの水漏れと5つの原因

浴室蛇口からの水漏れと5つの原因浴室蛇口の水漏れにはさまざまな原因があります。今回は、代表的な4つのケースの交換・修理についてお伝えします。
いずれの場合も修理を始める前に、「水道の元栓を止める」ということが、必要な準備作業であると覚えておいてください。

バルブ式蛇口のパッキンの劣化

バルブ式蛇口には、コマパッキン(ケレップ)という部品がお湯と水のそれぞれのハンドル部分に入っています。いずれか1つでも劣化していると蛇口内で水を止めることができなくなり、ハンドルを締めても少しずつ水が出続けることになります。

そのため、流れてきた水がシャワーヘッドや吐水口から「いつまでもぽたぽたと水が滴っている」という状態になるわけです。

対処方法は、蛇口内のコマパッキンを交換することです。ホームセンターなどで販売されているので、購入して自力で交換することも可能です。
なお、パッキンの交換修理に必要な工具は、以下の通りです。これらの用意が揃えば、ご自身で交換することも可能です。

  • ハンドルを外すのに使うドライバー(プラスまたはマイナス)
  • スピンドルを外すのに使うモンキーレンチやフライヤー
  • コマパッキンを取り出すときに使うピンセット

バルブ式蛇口のスピンドルの故障

バルブ式蛇口では、通常、ハンドルを回すとハンドルの位置が下がり、パッキンによって水の通路が閉じられる構造になっています。

このハンドルの下にある止水部品をスピンドルといいます。長期間使っているうちに少しずつスピンドルのネジ山が擦り切れ、ハンドルが空回りするようになることがあります。その結果、いくらハンドルを回しても水が止められなくなったり、逆に水が出なくなったりするのです。

対処方法は、スピンドルを交換することです。
ホームセンターなどで販売されているので、購入して自身で交換することも可能です。ハンドルとスピンドルがセットで「水栓上部」として売られていたりもします。
ただし、スピンドル側ではなく、蛇口本体側のネジ山が擦り切れてしまった場合は蛇口を交換するしかありません。

レバー式水栓のカートリッジの劣化

レバー式水栓とは、レバータイプのハンドルを上下に動かすことで水が出るタイプの蛇口です。レバー式水栓には専用のカートリッジというパーツが内蔵され、ハンドルの動きと連動して吐水量や水と湯の混合比を調整しています。このカートリッジが劣化すると、水漏れの原因になります。
蛇口の水漏れの原因がカートリッジの劣化による場合は、カートリッジを交換することで水漏れは止まります。ただし、パッキンと違ってカートリッジの交換作業は、専門知識のない方が行うことは難しく、注意が必要です。
お客様の中にも、ご自身でカートリッジを取り外したところまではよかったものの、取り付け方がわからず蛇口が使えなくなってしまったとご連絡いただく方もいらっしゃいます。
無理に分解せず、プロにご連絡することを考えてみてください。

蛇口本体の故障

水漏れ箇所のパッキンや故障部品を交換しても水漏れがおさまらない。そのようなときは、蛇口本体を交換するしかありません。
また、蛇口の寿命(交換時期)は10年前後と言われています。交換時期をむかえた蛇口では一箇所直してもすぐに別の箇所で水漏れや故障がおきる可能性があります。寿命が来ている蛇口では修理するより蛇口本体を取り替えた方が結果的に安上がりという場合もあります。

その他の水漏れ原因

なお、浴室内ではなく、壁の向こう側から水が漏れていることもあります。このようなケースのときは水漏れの発生に気づきにくく、知らない間に壁の中が水浸しになり、壁や柱が傷んでしまうことも起こりえます。
家中の水を全て止めているにも関わらず水道メーターが回り続けたり、壁の中から水漏れの音がしたりする場合など、水漏れの兆候を感じたときには、一度、プロのチェックを依頼することをおすすめします。

給湯器やサーモスタット式蛇口のトラブル

給湯器やサーモスタット式蛇口のトラブル水漏れ以外によくあるお困りごととしては、「お湯が出ない」「お湯の温度が上がりにくくなった」という症状があります。
この場合、蛇口についているサーモスタットという温度調整の装置の故障、または給湯器本体が故障している可能性があります。まずは、トラブルの原因がどこにあるのかを確認しましょう。

サーモスタットが原因の場合は、サーモスタットの交換が必要ですが、カートリッジの交換と同じく交換作業をご家庭で行うことは難しく、注意が必要です。
幅広のモンキーレンチとドライバーがあれば、ご自身でも交換作業を行うことは可能です。ただし、古くなった蛇口の部品は固く、外すのは容易ではありません。力を入れた拍子に蛇口本体の設置位置をずらしてしまう危険性もあります。無理をせず、専門業者にご依頼いただくと安心です。

また、給湯器本体の故障が原因で起きるトラブルの場合もあります。給湯器のどの部分に故障の原因があるのか、知識や経験のない方には判断が難しいので、ぜひ私どもにご連絡ください。

当記事のほか、シャワーヘッドやシャワーホースの交換方法などを解説した記事もありますので、併せてご参照ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。