バスルームの汚れの種類を知ろう

バスルームには、タイプの異なる複数の汚れが発生します。主な汚れの種類とその特徴を挙げてみました。
それぞれの汚れに適したお掃除と予防の方法をご案内いたします。

白っぽくてざらざらした汚れ(金属石けん)

白っぽくてざらざらした汚れ(金属石けん)鏡や浴槽のフチや外側、壁などに現れる汚れです。水には溶けません。
身体から出た皮脂や石けんの成分などが、カルシウムなど水道水に含まれている金属の成分と反応してできる汚れなので、金属石けんとも呼ばれています。放置すると、水分が乾いて頑固な汚れになります。
取れなくなった汚れは、クリームクレンザーや酸性の洗剤を使ってこすり落としますが、こすりすぎて、表面を傷付けないよう注意してください。

ピンク色のぬめり

ピンク色のぬめりシャンプーボトルの底や排水口、床の隅など温度が高く、湿気や汚れがたまりやすい場所に発生します。
このピンクのぬめりは、酵母菌・ロドトルラとメチロバクテリウムというバクテリアが繁殖したものです。これらの菌は赤い色素を持っていて、増えるとピンク色に見えます。人体に害はありませんが、カビよりも繁殖力が強いそうです。
拭き掃除などで比較的簡単に除去できますが、またすぐに繁殖してくるので、エタノールなどでしっかりと除菌をすることが大切です。
浴室の換気をしっかりと行って、湿気を逃がすと予防になります。特に、浴室乾燥機が有効です。

黒カビ

黒カビ「クロカワカビ」とも呼ばれ、家の中にはどこでも存在するカビです。湿気を好むので、特にお風呂場でよく見かけます。タイルの目地や防水用のコーキング部分に発生すると、黒く目立つ汚れになってなかなか落ちません。
もし発生してしまったら、市販のカビ取り剤で掃除をしてください。カビ取り剤の使用中はよく換気をして、最後に水でしっかり洗い流すようにしましょう。
黒い汚れがなくなっても、胞子が残っていて再びカビが発生することがあります。掃除をするときには、モップにアルコール除菌剤を含ませ浴室の天井や壁を拭いておくと予防になります。浴室の温度を下げることと、換気を十分に行うこともカビ予防になります。最後に入浴した人が、壁や床に冷水をかけてカビの栄養分を洗い流すようにすると効果的です。浴槽のお湯は抜いてしまった方がカビ予防になりますが、溜めたままにするときには蓋をしておくと、室温の上昇と結露が抑えられます。

もらい錆

もらい錆樹脂製のユニットバスや浴槽でも、錆が付着して赤茶色のシミになってしまうことがあります。これを、もらい錆といいます。
カミソリやヘアピンなど錆びやすい製品を浴室に放置するともらい錆の原因になります。また、水道水に含まれた鉄分が原因のこともあります。
もし、もらい錆がついてしまったら、傷が付かないよう注意しながら、錆取り剤などでこすり落とします。

湯垢(皮脂汚れ)

湯垢(皮脂汚れ)皮脂や皮膚の老廃物、シャンプーなどの成分、石けんカスなどにほこり汚れがくっついてできる汚れです。水面に浮遊するので、浴槽の喫水線に沿って汚れます。脂汚れのため、温度が高いほど落ちやすく、浴槽のお湯を抜いてすぐならスポンジなどで擦るだけできれいになります。スポンジだけでは落ちにくくなってしまった汚れでも、市販の浴室用洗剤をスポンジに染みこませれば簡単に落すことができます。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ