S字トラップ その役割とお手入れの方法

洗面台やキッチンの流しの下などにある配管は、真っ直ぐのものもありますが、曲がっているものもあります。今回は、何故配管を曲げる必要があるのか、曲がっていることによりどのような効果が得られるのかについてご紹介します。

S字トラップとは何か

S字トラップとは何かS字トラップとは、排水設備の配管の途中に設けられる装置で、水回りの多くの場所で使われています。たとえば、キッチンの流し場や洗面所、風呂場などがありますが、その中でも一番わかりやすく、目に見える場所にあるのは、洗面台のS字トラップでしょう。
配管が露出している洗面台もありますし、収納付きの洗面化粧台など一見、配管が隠れて見えないものもあります。収納が付いた洗面台では足元にある扉を開けると、中には洗面ボウルと接続された配管があり、その管がS字型に曲がっているのを見たことがある方は多いのではないでしょうか。形状はS字の他にU字やP字などさまざまな物がありますが、どれも機能は同じで、総称して「排水トラップ」などと呼ばれます。

S字型トラップの最も重要な役割は、排水口から下水の臭いが上がってくるのを防ぐことです。どんな排水口も、その先は下水とつながっています。もしS字トラップがなく、排水管がまっすぐ下水管まで繋がっていたら、下水の臭いが室内にまで漏れてきます。しかし、S字トラップを設置することで、流した水の一部が常にトラップ内に残り、下水管と室内の間を遮断してくれます。普段、私たちの家の中に下水の臭いがしないのは、このS字トラップのおかげなのです。同時に、トラップ内に水が溜まることで、下水管から虫やネズミなどが屋内に侵入することを防ぐ役目もあります。

S字トラップにはモノが詰まりやすい

S字トラップにはモノが~快適な水回りに欠かせないS字トラップですが、弱点もあります。それは、「物が詰まりやすい」ということ。まっすぐの管であれば下水まで流れ落ちてしまう異物も、曲がっているS字トラップの中では詰まってしまうことがよくあるのです。実際、「排水口から水が流れなくなった」というトラブルの多くが、S字トラップ内での詰まりが原因で起こっています。S字トラップを詰まらせないためには、「可能な限り水以外の異物を排水口に流さないこと」が大切です。

水回りの中でも、トラップに異物が詰まりやすいのは「洗面所」。トイレやキッチンのほうが詰まりやすいイメージがあるかもしれませんが、洗面所は他の水回りと比べて流す物の種類が豊富なため、油断するとすぐに詰まってしまいます。

中でも一番詰まりやすいのが髪の毛です。狭いトラップ内に残りやすく、トラップ内で絡み合うとやがてそこに石鹸カスなど別の異物が溜まり、水の流れを完全にせき止めてしまいます。「ヘアキャッチ」と呼ばれる市販の商品を利用するなど、髪の毛が排水口に流れないようにすることが一番の対策です。

その他には、洗面所を本来の用途以外で使った結果、詰まらせてしまうケースが散見されます。
たとえば、洗面所で運動靴を洗う、手もみの洗濯をするなどです。砂利や衣類のほこり、糸くずなどは本来の用途として、流されることを想定されていないものですから、こうした行為を繰り返すことがS字トラップを詰まらせる原因となってしまいます。

S字トラップの修理はプロに依頼しましょう

S字トラップの修理はプロに依頼しましょうそれでは、いざS字トラップにモノが詰まってしまったときはどうすればよいのでしょうか?
もちろん、トラップを取り外して異物を取り除けば詰まりは解消されますが、こうした作業に慣れていない場合、取り外しはお勧めできません。S字トラップは水漏れを防ぐためのパッキンが使われていますが、この取り付けがうまくいかないと、後になって水漏れが発生して大惨事になりかねないからです。
一度分解すると元に戻すのはとても大変ですので、作業に慣れていない方は、なるべく取り外しをしないようにしてください。
「せっかくプロの手を借りずに安くついたと思ったのに、水漏れでトラブルが広がりかえって高くついちゃった」ということがないよう、まずは水回りの専門業者にご連絡ください。

また、ホームセンター等で販売されている、汚れを取り除くため排水口に入れて使うワイヤーを使用して、中で詰まってしまい抜けなくなってしまうといったケースもあります。その場合、排水管を切除するなど複雑な工事が必要となってしまうことがあります。
S字トラップについてご理解いただけましたでしょうか。
物が詰まりやすいという弱点を抱えたS字トラップですが、普段から余計なものを流さないように気をつけていれば、大きなトラブルが発生することはありません。気をつけて快適に使用できるようにしたいですね。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ