水まわりの止水栓から水漏れしたときの対処法

水まわりの止水栓から水が止まらなくなってしまったとき、どう対処したら良いのでしょうか。
「止水栓」からの水漏れトラブルについて、専門業者に修理を依頼する場合の流れや費用面と合わせてご紹介します!

止水栓の役割と設置場所

止水栓の役割と設置場所

みなさんは止水栓がどのようなものかご存知でしょうか。
日常生活の中で触れる機会が少ないため、水道の元栓と混同されがちですが、実は用途が異なります。
止水栓は、対象の水まわり機器への給水を止めるための栓。そして、水道の元栓は、家屋全体の給水を一度に止めるための栓です。
たとえば、「トイレの給水だけを止めたい」といった場合は、トイレの止水栓を締めると、洗濯機やお風呂など、他に水道を使用する場所に影響せず給水を止められます。

では、止水栓は具体的にどこにあるのでしょうか。
トイレの場合、タンクの給水管に止水栓があります。ウォシュレットが付いている場合は、ウォシュレット用の止水栓もあるので、間違えないようにしましょう。
トイレの止水栓には、マイナスドライバーで栓を開閉するタイプと、蛇口のハンドルで開閉するタイプ、2つの形状が一般的です。
トイレのタンクから水漏れが発生した場合や、ウォシュレットなどの温水洗浄便座の修理、トイレ交換などの作業を行う場合は、これを締めることでトイレの水だけを止めることができます。

洗濯機の場合は、給水ホースの先にある緊急止水弁や蛇口が止水栓にあたります。
洗面所やキッチンは、シンク下の扉の中に止水栓があるが多いのですが、壁の中や見えない位置に止水栓がある場合もあります。

お風呂は、ユニットバスの場合、壁やパネル内にあることが多く、簡単に取り外し出来ない場所にあります。在来工法のお風呂は、止水栓がない場合もあります。

必ずしも目に見える場所に止水栓があるとは限りませんので、水まわり機器の近くに止水栓が見当たらない場合は、水道の元栓を締めて修理・交換を行います。

止水栓からの水漏れ、どう対処すればいい?

止水栓からの水漏れ、どう対処すればいい?

止水栓から水漏れが発生する場合、栓から水がにじみ出し、その付近が常に濡れた状態になります。「給水管から水が漏れている」ように見えることもありますが、実際には管自体ではなく、止水栓から水が漏れていたといったこともあります。

止水栓から漏水する原因の多くは、止水栓の経年劣化です。
このようになってしまった場合の最善の対処方法は、「症状が悪化する前に水道修理業者にご相談いただくこと」です。
止水栓自体の修理や交換は専門的な知識・経験が必要となりますので、一般の方が対応することは困難です。
ご家庭でできる応急処置としては、「床にバケツやタオルを置いて、止水栓から漏れた水を受け止める」程度の対応となります。

漏水を放置していても症状が良くなることは決してありません。
水道料金が高くなったり、床や壁にシミができてしまったりすることがありますので、水漏れがひどくなる前にお早目に水道修理業者へご相談ください。

止水栓を開閉した後に水漏れが起こることも

基本的に、止水栓の故障は経年劣化で起こります。具体的にいうと、止水栓の中にあるゴム製のパーツが硬化したり、劣化したりするのです。ものには寿命がありますから、こういった老朽化による現象は避けることができません。

ただし、人の手で止水栓を操作したことが水漏れのきっかけとなるケースも中にあります。
たとえばトイレのタンクが故障して洗浄水が流れっぱなしになってしまった場合、止水栓を締める必要があります。
しかし、長い間止水栓を開閉していないと、手やドライバーでひねってもなかなか動かないことがあります。ゴム製の部品が硬化することで、滑らかに栓が動かなくなっていることが原因で起こります。どうにかして止水栓を締めることができたとして、タンクの故障を直し、タンクの水漏れが解消した後、止水栓を再び開けたところ、今度は止水栓から水が漏れ始めるということがまれに起こります。
これは止水栓の操作に問題があったからではなく、もともと止水栓が劣化していたために起こる現象です。遅かれ早かれ、漏水が起きる可能性をはらんでいたのです。この場合には、速やかに止水栓の修理を行う必要があります。

止水栓の役割を把握し、予め場所を調べておく

止水栓の役割を把握し、予め場所を調べておく

これまで止水栓の存在をよく知らなかったという方も、止水栓の役割と操作方法をご理解いただけたかと思います。
水回りのトラブルというのはいつ、誰のもとに起こるかわからないものです。しかし、パニックになりがちな水漏れのトラブル時にも、「止水栓を締めれば必ず水は止まる」ということさえ知っておけば安心です。
ご自宅のどこに止水栓があるか知らないという方は、ぜひ一度止水栓の場所をチェックし、何かあったときにも落ち着いて対処できるようにしておきましょう。
もし、止水栓からの水漏れが疑われる場合は、迷わず水道業者にご相談ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ