止水栓開閉に関する注意事項と修理・交換について

止水栓から水漏れが発生した場合、修理・交換を個人で対応できるでしょうか。水道業者に依頼するときの費用や、止水栓を調整する場合の注意事項など合わせてご紹介します。

そもそも止水栓は誰でも修理・交換できる?

止水栓の修理や交換には専門的な知識・経験が必要です。
止水栓から水漏れが起こるなどの故障が生じている場合、迷わず水道修理業者にご相談ください。
もし自力で交換作業ができたとしても、接続などの施工がしっかりなされていない場合、のちのち再び水漏れが起こるリスクもあります。

最悪の場合、多量の水が漏れて床が水浸しになり、さらに階下まで漏水してご近所トラブルに発展する可能性もあります。
少量の水でも、長く放置していると、床や壁などが腐ることや、カビが発生してしまう場合も考えられます。
実際、それが原因で床を張り替えることになり、莫大な修繕費用がかかってしまったケースもありますので、水回りのトラブルは、見つけたら放置せず、早めに、正しい対処法で修理をすることが大切です。

止水栓修理の流れと費用

止水栓の修理の流れと費用

次に、業者による止水栓の修理を、弊社を例にご紹介させていただきます。ご連絡いただいた後なるべく早くスタッフがお客様のもとに駆けつけ、状況のチェックを行います。
お見積もり金額をご提示し、お客様に承諾をいただいてから、修理を開始します。

止水栓のつなぎ目から水が漏れている場合には止水栓全体の交換を行います。
止水栓のバルブ部分から水が漏れている場合には、止水栓内のゴム類が経年劣化している可能性が高いので、このゴムパーツ、またはバルブそのものを交換します。

修理にかかる工事費は、作業料金の8,000円(税抜)+材料費となります。

止水栓を自己判断で調節しないほうがベター

止水栓はいざというときに水を止めるために使うものなので、普段の生活の中で触れる機会はあまりありません。また、下手に触るとトラブルの原因となることもあるので、基本的には開いたまま放置しておけばよいでしょう。

しかし、中には意識的に止水栓を操作し、その結果トラブルをまねくケースもあります。
よくあるのは、「節水のために止水栓を絞る」というもの。これも、実はなるべくならしないほうがよいのです。
たとえば洗面化粧台の蛇口から出る水の勢いが強すぎてもったいないので、止水栓を少し絞ることで勢いを弱めるという人がいます。
ほどよい締め具合であれば問題ないのですが、水量を減らしすぎると蛇口を全開にしても「お湯が出ない」という事態に陥ることがあります。
これは、ある程度の水量を一度に使わないと、給湯器が作動しない仕組みになっているために起こるトラブルです。同様の理由で、お風呂のシャワーからお湯が出なくなるというトラブルもあります。

そしてもう一か所、よく自己判断で止水栓を絞っている方が多いのが、トイレです。
これも同じく節水を目的とした行動なのですが、実は全く意味がありません。
なぜかというと、止水栓を締めると給水管からの水流は確かに弱まりますが、タンクレスでない限り、トイレではいったん給水管からの水をタンクにため、一定量たまった状態で一気に流すという使い方をします。
そのため、止水栓を絞ったとしても「タンクに水がたまるのが遅くなるだけ」であり、結局トイレで流す水の量は減らないわけです。

止水栓のストレーナーに目詰まりが起こる場合も

最近の便器には、ストレーナーと呼ばれるフィルターが装着された止水栓を使うことがあります。
このストレーナーが給水管から運ばれてくるわずかなゴミを取り除くことによって、タンクにたまる水をきれいにするというメリットがあるのですが、その一方でストレーナーにゴミが多量にたまってくると水の流れが悪くなってしまいます。
あまり多い事例ではありませんが、将来的にはこうしたことが起こることも頭に入れておいて損はないでしょう。
ちなみに、この止水栓のストレーナーが目詰まりした場合のメンテナンスや修理も、個人では難しいため、水道業者にご相談ください。

止水栓にはなるべく触らない

止水栓にはなるべく触らない繰り返しになってしまいますが、止水栓は給水管と直結されているものだけに、下手に取り扱うと思わぬトラブルを招きます。
節水を意識するのは良いことですが、間違った知識に基づいて操作することはお勧めできません。
また、故障が起きないために日ごろからできる特別なことがあるわけでもありません。
なるべく必要でない限り触ることはせず、水漏れなどの異常がないかどうか、定期的に目視でチェックすることをお勧めします。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ