飲食店厨房における「詰まり」対策方法とは?

毎日フル回転する飲食店の厨房。ただでさえたくさんのお客様にすばやく料理を提供するために大忙しな場所なのに、万が一排水口が詰まってしまったら大変なことになってしまいますね。そこで今回は、厨房の詰まりを防止するための予防策と、万が一詰まってしまった場合の対処についてお伝えいたします。

飲食店の厨房で「詰まり」を防ぐために

飲食店の厨房で「詰まり」を防ぐために一般のご家庭のキッチンと、飲食店の厨房。両者には、どんなちがいがあるでしょう。
厨房から出る排水は、一般家庭と比べてはるかに多いものです。排水に混ざる野菜くずなどの細かいゴミや油などの存在は、詰まりトラブルの原因となるため、注意深く扱う必要があります。
排水を適切に処理するための装置として、『グリーストラップ』という仕組みがあります。
グリーストラップとは、厨房で流した油脂(グリース)をそのまま下水に流さず、一度せきとめ、溜めておくための装置です。
飲食店のキッチンで勤務された経験がある方なら、一度は聞いたり、目にされたりしたことがあるのではないでしょうか。このグリーストラップは、水質汚濁防止法や下水道法などにより、特定の事業所に対して設置することが義務付けられています。

グリーストラップの多くは、厨房内の床下や、屋外の地下にあります。
グリーストラップ内部は3層構造になっています。1層目にはゴミや残飯がバスケットの網に溜まり、2層目には水との比重の差を利用して浮いている油脂分がせきとめられ、3層目には油脂分の少ない底の方から下水に排水される構造になっています。
バスケット内に溜まるゴミは、2~3日に一度(可能であれば毎日)捨てる必要がありますし、油脂分のくみと取りは、1週間に一度、お店の方でやらなくてはなりません。
また、この際に出るゴミや油脂の廃棄方法にも、注意が必要です。
残飯は生ゴミとして処分できますが、廃油は産業廃棄物として、各自治体から許可を得た専門業者に依頼し、適切に処分する必要があります。
グリーストラップの清掃を怠ると、油脂分がたまって悪臭を放つばかりでなく、配管の詰まりの原因となるため、注意が必要です。こまめに油脂分を取り除くことが、厨房の配管詰まりを防ぐ第一歩といえるでしょう。
少なくとも年に1回は専門の業者によるグリーストラップの内部清掃と、配管の点検を依頼することをお勧めします。
グリーストラップの清掃は、クラシアンなどの水まわりメンテナンス業者でも承っています。
ただし、その際に生じた廃油・廃食用油などは、弊社で引き取ることはできません。産業廃棄物の回収・処分については、法律的なコンプライアンスが必要ですので、各都道府県及び政令指定都市から廃棄物の収集・運搬・処分の許可を受けた専門業者に、別途ご依頼ください。

飲食店内でのルールづくりと、その徹底が最も大切

飲食店内でのルールづくりと、その徹底が最も大切厨房の排水管の詰まりを防ぐために最も重要なことは、先ほど述べたグリーストラップの清掃に尽きるといえるでしょう。
このように書くと簡単なことのように見えるかもしれませんが、実際には「こまめに清掃する」ということを長く実践するのはなかなか難しいもの。グリーストラップの清掃はそれほど楽な作業ではありませんし、1日清掃を怠っただけで、目に見えて配管が詰まるというものでもありません。
そのため、アルバイトを含む全スタッフが厨房を正しく清掃する意識を共有していないと、ついつい怠ってしまう場合もあるでしょう。
グリーストラップを放置することは、配管の詰まりだけではなく、悪臭によるお店のイメージダウンなどさまざまな弊害をもたらします。店舗の運営責任者はそうしたことも考慮し、しっかり清掃のルールを徹底させる必要があります。
また、『店舗の厨房』といっても建物の構造はさまざまで、油を大量に廃棄する飲食店もあれば、そうでないお店もあるでしょう。
その他にも、以前は別業態の飲食店が入っていた場合や、飲食店以外の事業所が入っていたテナントを使って営業を行う場合などでは、配管がもともと詰まりやすい構造になっていることもありえます。
こうした点も含めて、年に一度はグリーストラップおよびその周辺の配管のチェックはプロに依頼することをお勧めします。

店舗における詰まり解消にかかる費用

店舗における詰まり解消にかかる費用一般のお客様と法人のお客様では、多くの場合、トラブルの規模や症状が異なります。そのため、弊社では、飲食店などの店舗や事業所など法人のお客様向けのプランをご用意しています。
たとえば、厨房の配管詰まり除去では、3万5000円から。
2時間を超える作業や、夜間・早朝作業では料金が加算される場合がありますので、詳細は、弊社までお問い合わせください。実際の店舗やトラブルの状態を確認して、対応をご提案させていただきます。

店舗においては、排水管一つ詰まるだけで、せっかくの「稼ぎ時」を無駄にしてしまうこともあるでしょう。企業経営にとっても、致命傷となりかねません。
クラシアンでは、24時間受付365日対応を行っていますので、「厨房の排水が詰まり床が水浸しで営業出来ない!」といった緊急時でも、いつでもご依頼をお受けします。
日頃のメンテナンスに気を配ると同時に、もしものトラブルに見舞われたときには、慌てず、私たち水まわりのプロにご相談ください。よいお店作りのサポートをさせていただきます。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ