水道管が詰まる原因と修理前に確認すべきポイントとは?

意外と詰まりやすい、水道管のトラブル

意外と詰まりやすい、水道管のトラブル電気やガスと並び、水道は生活には欠かせないインフラのひとつです。だからこそ、いざ「蛇口から水が出なくなった!」となるとパニックに陥りがちですが、どんなトラブルにも必ず原因はあります。

では、具体的にどのような原因で水道管(給水管)が詰まるのでしょうか。

水道管が詰まるトラブルの原因

水道管が詰まるトラブルの原因水道管が詰まる原因は、使用している水道管の種類によるものや修繕時の施工に問題がある2つのパターンが考えられます。

錆(サビ)による詰まり

近年の水道管の多くは塩化ビニール製なので錆が詰まることはないのですが、一昔前の水道管は鉄や銅などの金属製だったので、長年使用しているうちにどうしても必ず錆びてしまいます。水の流れによって錆びが少しずつ蛇口側に寄せられていった結果、蛇口内のフィルターが目詰まりし、次第に水の出が悪くなってしまいます。 朝一番に蛇口から水を出し、最初に赤水が出てきたら水道管が劣化しているサインです。

配管用接着剤が蛇口に詰まる

修理やリフォームなどで水道管を交換する場合、塩化ビニール製パイプの接続には専用の「接着剤」を使います。正しい使用方法で施工されている場合には問題ありませんが、修理の工程などが雑だったりすると、接着剤がはがれることがあります。これが蛇口の中でひっかかると、水が出にくくなってしまいます。リフォーム直後に水の出が悪くなったときは、これが原因かもしれません。

断水後、最初にトイレで水を使うと水が出なくなる!?

あまり知られていませんが、意外とよくあるトラブルのひとつで、水道工事などで一時的に断水が行われたあとは、水道の使い方に注意が必要です。

断水終了後は、いつも通り水道を使ってもいいと思っている人は多いでしょう。しかし、「断水後、最初に水を使うときは『トイレ以外』の水道を使用すべき」という話しはご存知でしょうか。

一度断水して復旧すると、水道管内部の水圧が急激に変化するため、その衝撃で管内の汚れや錆がはがれていることがあります。
台所などの蛇口から水を流す場合はさほど問題はないのですが、トイレの給水管には「ストレーナー」と呼ばれるフィルターがついています。通水後、最初にトイレを使うと汚れや錆を含んだ水により「ストレーナー」が詰まり、トイレから水が出なくなるトラブルが起きてしまいます。

家の中にある水道管に沈殿した汚れをすべて流すためにも、断水後には「トイレ以外の、できれば水道の元栓から一番遠い位置にある水道を最初に使う」のがベストといえます。蛇口のフィルターに汚れが詰まることもありますが、トイレの給水管が詰まってしまったときよりも手軽に掃除をすることができます。

水道管の詰まりトラブル解消にかかる修理料金は?

水道管の詰まりトラブル解消にかかる修理料金は?弊社が作業を代行した際の料金は「8,000円+消費税」で、蛇口のフィルターやトイレのストレーナー(フィルター)の目詰まりを解消するだけなら、追加料金は一切かかりません。
(※料金は記事作成当時の金額です)
ただし、水道管が古く、内部の錆がひどい場合は、蛇口や水道配管ごと取り替える工事が必要なケースもあります。

専門業者に修理を依頼する前に確認しておきたいポイント

専門業者に修理を依頼する前に確認しておきたいポイント専門業者に修理を依頼する前に、水が出なくなったら、まずは止水栓と元栓が開いているかを確認してください。

トイレや洗面所、台所シンクには、蛇口とは別にメンテナンス時などに水を止める止水栓が付いており、通常はトイレタンクの脇や洗面台の下などに設置されています。また、家全体の水を止めることができる元栓は、水道メーターの近くにあることが多いです。止水栓と元栓が閉じていないかを確認してください。

メンテナンスをした際に栓を開けるのを忘れたり、物がぶつかったはずみで閉じたりすることがあるので、念のためチェックしてみましょう。

なお、長い間開閉していなかった止水栓を操作した場合、劣化していたパッキンが割れて水漏れを起こすことがあります。止水栓で水漏れが起きた場合は、水道の元栓を締めてパッキンの交換を行うか専門業者に依頼してください。

※2015年8月26日に公開された記事を再編集したものです。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ