水道から聞こえる異音の原因とその解決方法について

断水復旧後に蛇口からゴボゴボと水が噴き出す

集合住宅では定期的に行われている水道点検、しばらく水道が使えなくなる「断水」が終わった後に、「台所の蛇口をひねったら爆発音のような変な音がする」と感じたことはありませんか?

この現象は、断水中に水道の配管に空気がたまることで、使用再開時に水道から空気が放出されて起こるものです。故障ではありませんので、修理はしなくても問題ありません。

配管の中に溜まった空気が抜けると音が収まります。けれども、このときの衝撃でパイプが支柱から外れたり、蛇口が故障したりすることもあります。蛇口から空気の混じった水が噴きだして来たら、いったん蛇口を閉め、再度ゆっくりと開けて空気が抜けるのを待ちましょう

水道を止めると壁の中から「ゴン」と音がする(ウォーターハンマー現象)

水道の水を止めたときに、壁や床の中からゴンと硬いものがぶつかるような音がすることがあり、このような現象を「ウォーターハンマー現象」といいます。「カン」「ガン」あるいは「ドーン」と聞こえることもあり、「水撃」ともいいます。パイプの中を流れていた水が急にせき止められ、水道管内の壁にぶつかって衝撃や異音を引き起こします。衝撃で配管が壁面にぶつかったりして音がする場合もあります。

全自動洗濯機や食洗機などの自動給水装置は、弁を一瞬で遮断するため急に水が止まり、ウォーターハンマー現象を起こすことがあります。また、シングルレバー混合水栓でも起こりやすいようです。シングルレバーは急に水を止めがちなためです。水を止める時にゆっくりレバーを操作すると、水道管の中の圧力が急に上がらず音がするのを防ぐことができます。

ウォーターハンマー現象は水圧が高い地域や、水道の使用量が少なく水圧の上がる深夜に起こりやすい傾向があります。振動が伝わって、ご近所にまで聞こえることもあるようです。さらにウォーターハンマー現象を繰り返すと、振動で水道管を傷めてしまう場合もあります。

対処法としては、水撃防止装置の設置や、圧力軽減装置内蔵の蛇口へ交換する方法があります。弊社のような水まわりのメンテナンスを行う業者に相談してみるのもいいでしょう。

蛇口を急激に操作せず、ゆっくり丁寧な動作を心がけることです。急な水圧の変化を避ければ、原因不明の音や振動はしなくなります。

 

蛇口をひねって水を出すと振動するような音がする

蛇口をひねって水を出すと振動するような音がするハンドル式の蛇口を使うと「キーン」や「ブーン」、「ガタガタ」など振動するような、共鳴するような音が出ることがあります。
水栓コマ(コマパッキン)の摩耗が考えられますので、交換をしてみましょう。

慣れない方や不安な方は弊社へご連絡ください。修理費用8,000円(税別)(出張費・水栓コマ含む)です。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。