よくある排水管・排水口からの異臭の原因とその対処法とは?

水まわりの臭いが気になったら……

水まわりの臭いが気になったら……どれだけ家の中を清潔にしていても、台所や洗面所、浴室から変な臭いがすると嫌な気分になるものです。「ちゃんと掃除はしているはずなのに、なんだか臭いが気になる」とお困りの皆さんのため、水まわりで異臭が発生する原因と、その解消法についてアドバイスさせていただきます。

 

まず知っておきたい、「排水管からの臭いを防ぐための仕組み」

まず知っておきたい、「排水管からの臭いを防ぐための仕組み」日々、生活を送っている中で「トイレやキッチン、洗面所等で汚水が排水管に流れ出しているけれど、どうして普段は悪臭が室内までのぼってこないのだろう?」という疑問を感じたことはありませんか?

実は大半の家では、排水管の異臭をシャットアウトするために排水管がS字型などに曲がっています。洗面所の下の管がクルっと曲がっているのを見たことがある人も多いでしょう。

この構造により、排水口に流した水がパイプの曲がった部分で常に一定量たまるようになり、水がフタの役目をして下水から上がってくる嫌な臭いを止めてくれているのです。この水のことを「封水(ふうすい)」と呼びます。

 

トラブル別の対処法をレクチャー

トラブル別の対処法をレクチャーでは、こうした仕組みがあるにもかかわらず、どうして排水口から臭いがするのでしょうか。トラブルの原因と解決法をまとめてみます。

封水がたまらない構造になっている

封水の仕組み自体が備わっていない場合、下水から排水管を通ってのぼってきた臭いがそのまま室内まで漂ってしまいます。

→対処法:プロの手で排水管を高圧洗浄するなどして汚れを徹底的に落とすか、封水ができる構造の排水管に交換する方法があります。しかし、汚れを落とす方法では、しばらくすると臭いが再発するので、封水ができるように排水管に交換する方法が現実的といえます。

 

封水が蒸発してしまっている

「夏場にしばらく旅行をしていて、久しぶりに帰ってきたらなんだか家の中がひどく臭う」という経験はありませんか?異常事態が発生したと感じそうですが、これは長期間水道を使わなかったため、封水が蒸発して破封してしまったことが原因です。定期的に水道を使っていれば問題ありませんが、封水がなくなると異臭が部屋まで届いてしまうわけです。

不動産屋さんが、しばらく入居者がいなかった住宅を案内するときすぐに部屋に入れないのは、封水がない部屋に悪臭がこもっているため、水まわりに水を流して封水を作り、換気して部屋の悪臭をとっているからです。

→対処法:水を流して封水すれば悪臭はなくなるはずです。「異常」や「故障」ではないので、ご安心ください。

 

封水の上のパイプが汚れている

いくら封水していても、封水より室内側の排水管が汚れていたら臭うのは当然で、ご家庭で一番多い排水口の悪臭の原因かもしれません。排水口近くのパイプが汚れる原因は、いわゆる「水垢」ですが、毎日生活排水を流すため、水垢がパイプにこびりつくことを完全に防ぐことは難しいです。水垢がたまっていくと、やがて分厚いヘドロとなり、パイプが詰まる原因や、臭いを引き起こしたりします。

→対処法:応急処置としては、「たっぷりのお湯を流すこと」で解消できますが、沸騰したお湯を流すと配管が傷む可能性もあるので、ぬるめのお湯を使うのがポイントです。蛇口から流すよりも、桶などに汲んで一度に流すと効果的で、うまくいけば熱と水圧の力でヘドロを押し流すことが可能です。

 

防臭パッキン(防臭キャップ)がトラブルを防ぐ

キッチンや洗面所などの水回りに設置されている防臭パッキンや防臭キャップは、排水管から臭いがのぼってくるのを防ぐ、重要な役割を果たしています。たとえば、流し台の下にある蛇腹ホースを見ればわかりやすいのですが、蛇腹ホースは床のあたりで排水管のパイプに接続されていて、その周りを囲むように設置されているのが防臭パッキンです。しっかり排水管と蛇腹ホースの隙間を埋めてくれているおかげで、排水管の臭い漏れを防いでいます。しかし、防臭パッキンが設置されていなかったり、ずれていたり、劣化して隙間ができていたりすると、臭いが発生してしまいます。

→対処法:防臭パッキンがない場合は設置する、劣化している場合は取り換えることがベストですが、簡易的には「ビニールテープで問題の箇所をぐるぐる巻きにして隙間を埋めること」という応急処置もあります。丁寧に処置すれば、意外に異臭を防ぐことも可能です。

 

臭いがとれず困ったときは

臭いがとれず困ったときはいずれの方法を講じても、やはり臭いがとれない……というときは、私たちのような専門業者にご相談ください。臭いの原因を突き止め対処いたします。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ