水道から水漏れが止まらないときの応急処置

噴き出す水を手っ取り早く止めるには?

噴き出す水を手っ取り早く止めるには?「今すぐ水を止めたい!」というときに使える共通の応急処置があります。「水道の元栓を閉める」といういたってシンプルな方法ですが、一時的にでも水漏れをストップできます。
元栓を閉めると家中の水が出なくなりますので、問題がないか事前によく確認して閉めてください。

 

元栓の設置場所

元栓の設置場所水道の元栓は、メーターボックスの中に水道メーターと一緒に入っています。
一軒家では、公道から敷地に入ってすぐの地面(玄関の近くが多い)に設置されています。鉄や樹脂などの蓋が付いています。
マンションの場合は、部屋の玄関横のパイプシャフトの中にあります。また、各住居ごとではなく、複数の部屋の元栓がまとめて設置してある集合住宅もあります。必ず、自分の家の元栓かどうか確かめてから操作してください。
元栓はハンドルで閉めますが、中にはハンドルが付いていない元栓もあります。
止水栓キーはホームセンターなどで取り扱っていますので、形状の合うものを選んでください。
元栓を締めれば、家全体の水が出なくなる仕組みなので、どこが水漏れしていてもすぐに止めることが可能です。
錆びなどで固くなり回らない場合には、絶対に無理をしないでください。元栓まで破損して漏水させてはたいへんです。

 

設備ごとに水を止めるには止水栓を使おう

設備ごとに水を止めるには止水栓を使おう元栓を閉めると水が全く使えなくなるため、漏水している箇所だけ止めたいというケースもあるでしょう。個別に止水栓が設定されている設備もあります。

トイレ…タンクにつながる給水管の根元、壁か床に付いています。

デザイン性の高いトイレなどでは、止水栓が目につかない場所に設置されている場合もあります。

台所…シンク下の収納庫の中にあります。

見当たらないときには、点検口(べニア板)の奥に設置されていることもあります。
水とお湯、それぞれの止水栓が付いています。

洗面所…洗面台の下にあります。

洗面化粧台の場合は、収納扉の奥をご確認ください。洗面所にも水用とお湯用の2種類の栓があります。

浴室…壁付タイプの蛇口は偏心管で水を止めることができます。

マイナスドライバーを使います。

これらの設備では、止水栓で、個別に水を止めることができます。事態に応じて、家全体の水を止める元栓と使い分けましょう。
なお、止水栓にハンドルが付いていない場合には、マイナスドライバーを使って閉めてください。
老朽化した止水栓や給水管は、脆く折れやすくなっていることがあります。固くて回せないと感じた場合には、決して無理をしないで、元栓で止水するようにしましょう。

漏水を放っておくのは水の無駄使いですし、建物や家財へ被害が及ぶ恐れがあります。特に、集合住宅で階下へ漏水して被害を与えた場合、多額の損害賠償が必要になることもあります。
水漏れを発見したら、まず水を止めて、落ち着いてから対処方法を検討しましょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ