排水管の交換・工事の事例と掛かる費用とは?

詰まりや逆流が起こったとき、原因は排水管にあり!?

詰まりや逆流が起こったとき、原因は排水管にあり!?普段生活をする中で、排水管のことを意識する機会はそうありませんが、いざ詰まってしまったときどのように対処すれば良いのでしょうか。
トイレを例にしますと、詰まりが発生したとき、軽度の詰まりであればラバーカップで詰まりを解消し、詰まりがひどい場合は専門業者に依頼してローポンプやハイスパットで詰まりを解消します。
しかし、それでも解決しない場合は、便器内ではなく更にその先の、排水管(下水管)で詰まりが発生している可能性があります。
排水管(下水管)で詰まりが発生している場合、トーラーや高圧洗浄機を使用して管清掃を行えば解決することもありますが、勾配に問題がある場合や管が破損している場合には、排水管の交換が必要になる場合もあります。

ここからは専門業者を呼ぶ前に知っておきたい排水管の交換が必要になる状況や基礎知識、交換費用についてご紹介いたします。

排水管の清掃や交換が必要なのはこんなとき

排水管の清掃や交換が必要なのはこんなとき

トイレの詰まり

トイレットペーパーを一度に大量に流したり、食べ残しや携帯電話、タオルなど「流すべきでないもの」を流したりした場合、詰まりの原因になることがあります。
トイレの排水管に汚れがたまっている場合、トーラーや高圧洗浄で管内をきれいにすることで詰まりを解消できます。携帯電話など大きく流すことのできないものの多くは配管より手前で詰まっていますので、便器を取り外して異物を取り除きます。

配管の勾配不良による詰まり

排水管は、水が自然に流れるように適度な角度をつけて設置されていますが、この角度が変わると水が流れずに途中で溜まったり、逆流したりしてしまいます。排水管が逆に傾いてしまっている、あるいは管自体に損傷があるような場合は、適切な勾配をつけて排水管自体を交換する必要があります。

排水管の破損による詰まり

排水桝(はいすいます)がコンクリート製の場合、経年劣化などで割れてしまったり、排水桝と排水管の接続部に隙間ができたりして、ペーパーや汚物が引っ掛かり流れなくなってしまうことがあります。また、植物の根っこが隙間から侵入して排水管をふさいでしまうケースもあります。

 

排水管工事の内容と費用感

排水管工事の内容と費用感弊社で排水管の工事対応を行う際の標準作業料金は、1メートル未満の場合15,000円(税別)です。1メートルを超える場合、1メートルごとに5,000円(税別)が加算されます。
そのほか、工事の内容に応じて料金が変動します。設置する管の長さや排水桝の個数、掘削作業量、コンクリートのはつり量、モルタル補修量などに応じて料金が異なります。

どれくらいの距離を修理する必要があるかは、トラブルの症状によって変化するため、状況に応じてお見積もりいたします。
また、排水管を設置する際、建物の構造によっては給水管を一度取り外さなければ作業ができない、という事態が起きることがあります。このようなケースでは、給水管の補修費用が発生することもあります。

なお、基本的に排水管のトラブルは、屋外の土中に埋設されている部分が大半です。排水管付近の壁が腐食してそのままにできないといった状況でない限り、管自体の交換で壁を取り外すなどの工事は発生しません。

 

排水桝の取り換えが必要な場合も

「排水桝」の取り換えが必要な場合も排水管交換工事を行う場合、「排水桝」の交換が必要になるケースがあります。ここでは排水桝の役割と交換が必要なケースについて紹介いたします。

家の中には、トイレやキッチンなどの数に比例して、排水管も複数通っています。これらの排水管が合流し、一カ所にまとまる場所が「排水桝(排水マス)」です。
水まわり専門業者が排水管の修理や点検をする際、まず排水桝を調べます。排水桝を見ることで、どの排水管がトラブルの原因になっているかを見分けることができます。

排水桝は庭などに設置されていることが多く、ふたが地表に露出しているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。
古いタイプの排水桝はコンクリート製で、幅が約30~40センチあり、四角や丸い形のものがあります。
新しいタイプの排水桝は、排水管と同じ塩化ビニルでできているものが増えています。大きさは大小ありますが、設置されているものの多くは幅が15センチぐらいの丸い蓋になっています。

排水桝の取り換え工事の費用

排水桝の取り換え工事の費用排水桝が古くなり破損してしまうと、排水桝の取り換えが必要となります。 特に、コンクリート製の古いタイプの場合は、破損しにくい塩化ビニル製の新しいタイプに取り換える必要があります。

交換費用は、弊社の場合「設置費、撤去費、材料費等すべて込みで1ヶ所あたり35,000円(税別)」というのが通常交換の価格で、排水桝の深さが50センチ以上になると、40,000円(税別)となります。

また、排水桝まわりの土を掘削する必要がある場合は、1メートルあたり3,000円(税別)の費用がかかります。
表面が土ではなくコンクリートで固められている場合は、まずコンクリートを壊す必要があります。コンクリートを剥がす作業(はつり)は、コンクリートの厚さ10センチ、1平方メートル当たり15,000円(税別)です。

新しい塩化ビニル製の排水マスへ交換し、埋め戻した後、モルタル補修(コンクリート打ち)を行います。この仕上げ作業には、1平方メートルあたり10,000円(税別)の補修費が発生します。
トラブルの内容や構造によって、必要な作業が異なります。料金はいずれも調査の上、無料でお見積もりをお出しします。

※料金は記事作成当時の金額です。
※2015年8月28日に公開された記事を再編集したものです。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。