知って役立つ!水道管の種類と特徴

さまざまな種類の水道管

さまざまな種類の水道管水道管というと金属製をイメージしがちですが、近年では「ポリエチレン管」や「HIVP管」など鉄管に変わる素材を使用した施工に変わっています。
古い建物の場合、給水管が金属製であることが多く、長年使用していると管の中に「錆」が発生してしまいます。蛇口をひねると色のついた水が出てくる場合は、給水管が古くなっていることが原因となりますので、錆の発生しない管に交換する必要があります。
水道管を交換する場合、専門業者に依頼することになりますので、ここでは修理を依頼する前に知っていると役立つ水道管の種類と特徴についてご紹介いたします。

 

近年では姿を消しつつある「鉄管(鋼管)」「鉛管」

一昔前まではどの家庭でも使われていた定番の配管といえば「鉄管(鋼管)」で、鉄だけに丈夫で耐震性もあり、長らく最も一般的な水道管としての地位を占めていました。しかし、錆びやすいことや加工が大変であるといったデメリットがあり、近年ではポリ管やHIVP管のほうがよく使われるようになっています。

錆などが原因でピンホール(針でついたような小さな穴)が開くことが多く、穴が開いてしまった場合は専用のテープを巻き付けて対処しますが、一度ついた錆を完全に落とすことはできないので、テープでの補修はいわば応急処置的なものとなります。いずれは配管そのものを取り外し・取り付け交換が必要となります。

こうしたデメリットがあることから、今ではリフォームなどをする場合、鉄管が使われるケースは見られないようです。

一方、鉛管は水道が普及し始めたころから近年まで、水道管の材料として全国的に使用されてきました。しかし、他の水道管と比べて水漏れが多いことや、水道水に鉛が溶け出すなどの健康面への影響が心配され、現在は全国で鉛管の取り替え作業が進められています。

ご家庭の給水装置内に鉛管が使用されている場合、交換費用は個人負担ですが、補助金制度を設けている市区町村もあるようです。まだ鉛管を使用されているような場合は、一度お住まいの役所まで問い合わせてみてください。

 

給湯管として用いられることが多い「銅管」

給湯管として用いられることが多い「銅管」銅管とは、その名の通り銅で作られている水道管で、「給湯管(地域によっては水道管に使用)」として主に使用されています。鉄管や樹脂管と比べ、熱に強いという特性があるので、こうした用途に適しているといわれています。

ちなみに、接続の際には「はんだ付け」を行う必要があるので、工事に手間がかかるという一面もあります。

局部腐食によりピンホールが生じてしまい水漏れを起こすことがありますが、この場合は修理・取り替えが必要です。

 

水道管の中でもメジャーな部類に入る「HIVP管」

水道管の中でもメジャーな部類に入る「HIVP管」いきなり「HIVP管(エイチアイブイピーかん)」と言われると、なにか特殊な配管のように思われるかもしれません。しかし、実は水道管の中でよく使用されているタイプのひとつが、HIVP管なのです。

水道管というと、金属製を思い浮かべますが、HIVP管はプラスチック樹脂が材料となっています。そのため、鉄製の水道管では頻発していた「錆つき」のトラブルがない、という大きなメリットがあります。しかも樹脂なので加工が簡単にでき、施工が楽という特長も持っています。

その反面、樹脂製ならではのデメリットもあり、急な温度の変化に弱いため、凍結時に割れやすく、熱で劣化しやすいといわれていますので、給湯管には使用できません。

なお、HIVP管は加工が容易なので、修理料金も他の水道管と比べて安くなる傾向もあります。

現在、主流の水道管である「ポリ管」

現在、主流の水道管である「ポリ管」正式名称を「ポリエチレン管」といい、現在よく使用されている水道管です。新たに家を建てたり、リフォーム工事で水道管を取り換えたりする際、用途によってHIVP管とポリ管が使われています。人気の理由は、「取り外し・取り付け対応が非常に簡単なこと」に尽きます。

水道管の工事では、管と「継手(つぎて)」という部品を接着剤や工具などを使って接続するのが通常ですが、ポリ管は接続時に専用工具も接着剤も必要なく、手ではめ込むだけでつなげられます。さらに、比較的に熱や振動、化学物質などにも強いという特徴があります。

ただし、日光が原因でピンホールが開く場合があり、その際は取り外し・取り付け交換となります。

 

耐久性も強くパイプが酸化しにくい「エルメックス管」

エルメックス管は比較的新しく登場したもので、まだ水道管として使用されている例は珍しいようです。

エルメックス管の最大の特徴は、圧倒的に耐熱・耐寒性が優れていることにあり、95℃からマイナス70℃までの広い温度領域で使用でき、凍結しても割れにくいという優れものです。さらに、塩素水に対する耐久性も強くパイプが酸化しにくいので、水道水の水質に関しても安心といわれています。

もう一つの大きな特徴として、パイプと継手の接続に「電気融着工法」と呼ばれる特殊な工法を使うことが挙げられます。専用のコントローラ(電気融着器)を使用し、電気の力で接合を行うもので、従来の工法と比べて、簡単に漏水しにくい配管が可能になると注目を集めています。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ