排水管・排水口の詰まりトラブル解決のアドバイス

「排水口の詰まり放置」は、百害あって一利なし!

「排水口の詰まり放置」は、百害あって一利なし!水まわりの詰まりや臭いの原因というと、まず、『排水管のトラブル』が考えられます。それと同じくらい重要なのが排水管の手前にある『排水口(排水溝)のトラブル』です。

排水口に異物や汚れがたまることが原因で、詰まりを引き起こしていることが少なくありません。今回は、どのようなものが排水口に詰まりやすく、また、どのように対処していけばいいのかを、ご紹介していきます。

 

浴室の排水口で詰まりやすいものといえば?

浴室の排水口で詰まりやすいものといえば?浴室の排水口に詰まった大量の髪の毛を見て、掃除をさぼったことを後悔したのは1度や2度ではないのでは?
「そんなに抜け毛が多いとは思えないけど……」と感じる人も多いと思いますが、一般的な成人の抜け毛の本数は「1日に50~100本程度」といわれ、定期的に掃除をしないとすぐに溜まってしまいます。

さらに石けん、シャンプーのカスや油脂などが髪の毛に絡んで詰まりを悪化させていることもあります。

湿度や温度の高い場所なのでカビが生えやすく、長期間放置しておくと衛生面でも問題があります。浴槽の水を抜く際に、お風呂場の外まで水があふれ出してしまう、といったトラブルを引き起こすこともありますので、早めに対処したいところです。

 

見落としがちな「洗濯機の排水口」も要注意

見落としがちな「洗濯機の排水口」も要注意想像しにくいとは思いますが、「洗濯機の排水口」も詰まりを注意しなければならない場所です。

「我が家の洗濯機には糸くずフィルターが付いているから、ごみは排水口まで流れないはず」と考える人も多いですが、実はあのフィルターだけではすべてのごみを除去することはできません。フィルターをすり抜けたごみが少しずつ排水口にたまり、詰まりを起こすと水が溢れることもあります。防水パンが設置されていない場合には特に注意が必要です。
なお、市販されている洗浄剤は、ぬめりや毛髪などのタンパク質、油脂を溶かしますが、洗濯機から出る糸くずには効果がないこともあるようです。

ところで、洗濯機の排水口がどこにあるか、皆さんはご存知でしょうか?

室内に洗濯機を設置する場合、通常は洗濯機の横や後ろに排水口があります。引越しなどで見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
狭い場所で奥の方にあったりして少し大変ですが、洗濯機の説明書に従って慎重に行えば、ご家庭でも排水口のお掃除することが可能な場所です。洗濯機の排水口については「洗濯機の排水口が詰まったときの対処方法」を参考にしてください。

 

排水口トラブルの対処法は、言うまでもなく「こまめな掃除」

排水口トラブルの対処法は、言うまでもなく「こまめな掃除」排水管のトラブルと違い、排水口のトラブルはご家庭で対処することができます。

「なるべくこまめに排水口を掃除してください」というのが一番有効なアドバイスとなるわけですが、実はこうした姿勢が、より深刻な排水管のトラブルを防ぐ第一歩にもなるのです。定期的に排水口をチェックし、掃除することで、詰まりやすい物に対する意識が高まり、動物の毛などは事前に払って洗濯したり、油分の含まれているものを直接流さないようにしたり、注意することにもつながっていくからです。

クラシアンでは、排水口の入り口付近に詰まったゴミを取り除いて詰まりを解消する作業を、8,000円(税別)で承っています。他の業者も同じくらいでしょう。「この費用がもったいない!」という方は、ぜひ定期的な清掃をおすすめいたします。

末永く水まわりを清潔かつ快適に暮らしていくための第一歩として、排水口に目を向けてみてはいかがでしょうか。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。