トイレに関する用語集

ボールタップ

ボールタップシャフト(棒)の先端についた浮き玉が水位の変化で上下することにより、弁を開閉する装置のことです。トイレタンクや受水槽などに使用されています。
水を流がしてトイレタンクから水がなくなると、浮き玉が下がりボールタップの弁が開いて、給水が始まります。給水されるにつれて、水面の浮き玉が浮上し、一定量の水が溜まると弁が閉じて止水されます。
タンクへ給水されないときや、タンクへの給水が止まらない場合は、ボールタップの不具合が考えられます。

フロートバルブ

フロートバルブトイレタンクの底に付いているゴム製の栓のことです。洗浄レバーと鎖でつながっていて、レバーハンドルに連動して開閉します。栓が開くと便器へ水が流れます。
古くなったフロートバルブは溶けて変形していることがあります。便器の中へ水がチョロチョロと漏れ始めたときには、フロートバルブがしっかり閉じているか確認しましょう。
古いフロートバルブは黒い色素が溶け出ていますので、素手で扱わずゴム手袋があると汚れず便利です。

ウォシュレット

ウォシュレットウォシュレットは、1980年から販売されているTOTO製温水洗浄便座の商品名です。2015年7月には、累計出荷台数が4000万台を突破しました。暖房便座、おしり洗浄、ビデ洗浄、脱臭などの機能が搭載されています。
ただし「ウォシュレット」というと、他社の製品も含めた温水洗浄便座全般のことを指すほど呼称として定着しています。
2015年3月の内閣府調べでは、すべてのメーカーを含めた温水洗浄便座の普及率は、一般世帯で77.5%になるそうです。

クッションフロア(CFシート)

クッションフロアを貼る作業中トイレや洗面所などの床で使われる塩化ビニル素材の水に強い床仕上げ材です。
クッションフロアはシート状で間に発泡層が挟まれているため、クッション性があり衝撃を吸収することができます。木や石、タイルなどの床材を模した製品もあり、実物よりも安価に施工できます。
多彩なデザインと施工やメンテナンスのしやすさ、リーズナブルな価格が好まれる理由です。

簡易水洗トイレ

簡易水洗トイレ下水道や浄化槽設備が整っていない場所でも使用可能な、水洗トイレのことです。普通の水洗トイレと同じように使用できますが、洗浄水が少なく抑えられています。汲み取り式便所よりも、衛生的で臭いや害虫を防ぐことができるトイレです。
利用者の快適性を考えて山小屋などで使われることもあります。