キッチンの流し台の詰まりを解決する方法とは?

シンクの排水管がつまってしまったら

シンクの排水管がつまってしまったら食後にシンクに溜まっていた使い終わったお皿やフライパンを洗っていたら、なぜかシンクの水位がどんどん上がってきて……水が流れない!!あわてて排水口の一番上のふたを外してゴミ受けに溜まった食べカスや野菜のくずなどを手でかき分けて、何とか水のとおり道を作ると少しずつ水が引いていき、ホッと一息……。誰でもそんな経験があるのではないでしょうか?

確かにつまりの原因がこのように、残飯や野菜くずが排水管まで流れて行ってしまわないように設置されているゴミ受け(網状になっている金属のカゴ)がゴミでいっぱいになってしまったことによるのであれば、そのゴミ受けをキレイにそうじすれば、つまりは解消できますが、もしも原因が普通は手の届かないさらに奥の奥の排水管にあったなら…?

ご家庭だけでつまりを除去するのはかなり難しい

最初にハッキリとお伝えしておきます。手の届く範囲――つまり手前のゴミ受けなどではなく、その奥の手の届かない排水管が詰まってしまった場合、プロの業者を呼ばずにご家庭だけでつまりを除去するのはかなり難しい作業であり、ご家庭でできる簡単かつ有効な対処法・正解というのはありません!

インターネットで検索してみると、市販の薬品を使用した対処法やトイレのつまりでおなじみのラバーカップ(=スッポン、ガッポン)をシンクにも使用する方法など、いくつかの対処法が出てきます。いずれも無意味と断言することはできませんが、万能とはいいがたく、場合によってはなんと、症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です!

このトピックでは、まずどうして台所の流し台(シンク)のつまりが起きてしまうのかについて、キッチンのシンクから排水管にいたるまでの構造を踏まえて説明いたします。

まずはシンクの構造について。かつてはシンクの真ん中、水道の蛇口の真下に排水溝があるというのが当たり前でしたが、最近ではシンクの奥の方やサイドなど排水溝の位置も様々です。一番上にふたが付いており、その下にゴミ受け、さらにその下にはお椀上にはめ込まれている、ニオイ&害虫防止の排水トラップがあり、その奥に排水溝が延びているというのが一般的なシンクから排水管にいたる構造となっています。

水の流れを阻害するものは油よごれと食べ物のカス

水の流れを阻害するものは油よごれと食べ物のカス繰り返しになりますが、クラシアンなど専門の業者を呼んで、つまりを除去してもらわないといけないのは、この排水トラップよりも奥の排水管がつまっていることで、水が流れなくなっている場合です。では、水の流れを阻害するつまりとはズバリ何なのか?

第一に考えられるのは、油汚れや食べ物のカスなどが長い時間と共に堆積したものです!たとえゴミ受けや市販の台所用のネットで食べカスなどが奥までいかないようにブロックしていても、その網の目をすり抜けたものは水と一緒にどんどん奥へと流されていきます。中でも油は要注意です!最近ではてんぷらや揚げ物で使った油をそのまま排水溝に捨てるという家庭は減っていると思いますが、そうは言っても油はあちこちに存在します。フライなど、油で揚げるなどの調理をしていなくても、例えば旬のサンマやお肉には動物性の油がたっぷりと含まれています。ひき肉を使用した料理などでも大量の油が発生します。これらの油の付着したお皿やフライパンを中性洗剤できれいに洗ったとしても、その泡は結局、排水溝へと流れていき、その油は排水管に付着し、少しずつ堆積していくのです。シンクで流した時点では液体だった油も、管を流れる内に冷えて、やがてラードのように固まってしまいます。特に気温の下がる冬場はすぐさま固まってしまうのです。

排水管の太さは、シンクの真下は直径32ミリ、その先で50ミリとなり、台所以外の洗面化粧台や風呂などの排水溝と合流して、家の外に出ると75ミリにまで広がります。特に以前は多くの一軒家で、キッチンは家の壁に面しており、排水管はせいぜい1メートルほどで外の排水溝につながっていましたが、いまでは家の構造も多様化し、対面式のキッチンや、2階にキッチンがある家庭も増えており、シンクで流した水が外に出るまで長い、長い旅が必要な場合も…。当然、床下の排水管もまっすぐ伸びているとは限らず、カーブや勾配が生じる場合も出てきます。そうすると、そうしたポイントに固まった油汚れや食べカスなどが引っ掛かり、つまりの原因となってしまう可能性もあります。

そうなると、プロの業者を呼んで、高圧洗浄によって管のつまりを除去してもらうほか、解決方法はありません。気を付けてそうじをしていても、キッチンや排水溝の構造上、長く使ううちに少しずつ、少しずつ、油汚れや食べカスが管の中に蓄積し、固まり、やがて水の流れを完全に止めてしまう場合もありますので、キッチン周りをキレイに保っているのにシンクがつまってしまったという場合は、早めに専門業者を呼んで、つまりの原因そのものを除去してもらった方がよいでしょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。