シンクの詰まりを未然に防ぐ正しい予防法とは

前回のトピックでもご紹介したように、キッチンシンクでは排水トラップより奥がつまってしまうと厄介です。手が届かず、目で見て確認することができない排水管のつまりを自分で解決することは困難です。すなわち、つまりが起きた後の対処より、それ以前の予防が何より大切なのです。
こちらの記事では普段から簡単にできるつまり予防法をご紹介いたします。
⇒キッチンの流し台の詰まりを解決する方法とは?

調理器具や食器は汚れを拭き取ってから洗う

調理器具や食器は汚れを拭き取ってから洗う揚げ物に使用した油を、排水口に直接流して捨ててしまう方はいないと思いますが、排水と一緒に流れた油脂が固まって、水が流れなくなることがあります。
油ものを調理したお鍋や食べ終わったお皿は、キッチンペーパーなどで拭ってから洗うようにしましょう。
余分な洗剤も使わずにすむので、すすぎも楽になります。

お湯を使うと脂が固まりにくい

お湯を使うと脂が固まりにくいキッチンの詰まりの原因のひとつとして、汚れや固まった油脂があるとご紹介しました。
固形の油脂が溶ける温度は、融解点が低めのバターや鶏の脂で30度前後、融解点の高い牛の脂でも40~56度ほどです。
普段からシンクでお湯を使っていると、脂が排水管につまりにくいと言われています。これは、お湯の熱で脂が固まりにくくなるからです。
使い過ぎは経済的にも環境にもよくありませんが、お湯の効果は一理あるといえましょう。
ただし、排水口に直接、熱湯を流し込んではいけません。

なお、当然ですが、お湯は流れていく途中で冷めてしまいます。排水設備の構造によっては、一度溶けた脂肪が途中で再び固まって、詰まりを生じる可能性もありますので、最初から脂や汚れを流さないようにすることが一番です。

間違った対処法で排水管が変形することも!

間違った対処法で排水管が変形することも!一部のメディアで、熱湯・沸騰したお湯を使用した管清掃の方法が紹介されていますが、これは危険です!
キッチンの排水管には「塩ビ管」が使われていることが多いのですが、この塩ビ管の耐熱温度は60度~70度。それ以上になると、排水トラップやパイプが変形してしまう事があります。
一般的な湯沸器や給湯器で設定できる上限が60度までとなっているのはこのためです。

沸騰したお湯の温度は100度になり、塩ビ管の耐熱温度を超えています。塩ビ以外の素材でも、状態によってはパイプの劣化を早めることもあるため、避けた方がよいでしょう。

当社にご依頼いただいたトラブルの中にも、ご自分でつまりを取ろうとして沸騰したお湯を流してしまい、排水トラップや排水管を変形させてしまったという事例もあります。
お湯を使用する際は、温度には十分ご注意ください。

パイプクリーナーは使うタイミングが大事

パイプクリーナーは使うタイミングが大事ドラッグストアなどで入手できるパイプ掃除用の薬剤(パイプクリーナー)も排水管の中の汚れを分解するのに有効です。強力な酸とアルカリによってタンパク質を分解します。
ただし、使うタイミングが大切です。
つまりがひどくなってから薬剤を使っても、効果がない場合や、かえって状態を悪くする場合があります。なぜなら、溶けだした汚れが溜まって再びつまったり、つまりすぎて薬剤が行き渡らなかったりすることがあるのです。
「少し流れが悪くなってきたかな?」と思うくらいの状態で使用するのが良いでしょう。

お箸やスプーン、掃除用具など落としてしまったら

お箸やスプーン、掃除用具など落としてしまったらここまでは、油脂や食品の廃棄物を原因とするつまりをご紹介しましたが、次は、水に溶けないものをうっかり流してしまった、という場合について書いていきます。

キッチンの排水口には、異物が流れないようゴミ受けと排水トラップがあります。しかし、掃除中などに誤って物を落としてしまうことが後を絶ちません。
例えば、スポンジや歯ブラシ、割りばしなどの掃除道具です。排水管の奥の方までヌメリを取り除こうとして、つい手が滑ってしまうのでしょう。お箸やスプーン、フォークが出てくることもあります。

棒状のものはすぐに詰まらないため、そのまま放置してしまう方もいらっしゃるのですが、落とした掃除用具に、ゴミや食品の屑などが引っ掛かって排水管が詰まる可能性があります。

排水口に落とした物は放置しない

排水口に落とした物は放置しない排水管は直径5センチほどで、すぐに水平方向の別の管に接続しています。ペットボトルのキャップのような小物でも落としてしまうとたいてい、水と一緒に流れずに途中で引っ掛かってしまいます
放置せずに取り除くようにしましょう。

ただし、落としたものを取り出そうと棒などでつつくと、さらに奥の方へ押し込んでしまったり、パイプや排水設備を破損したりすることがありますので、慎重に作業をしてください。
ご自分で異物が取り出せない時には、専門業者にご相談ください。比較的浅い位置なら器具を使って、さらに奥に落ち込んでいる場合は排水管やトラップを外して、異物を取り除きます。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。