キッチンからのイヤな臭いの原因と未然に防ぐ方法

排水のつまりと共に悩みの種となるのが、キッチンから発生するイヤ~なニオイ!
暑い季節にゴミ受けに溜まった野菜くずなどの生ごみが腐って不快なニオイを発することもあれば、下水のニオイが上がってくることもあります。そんなキッチンのニオイにまつわるトラブルを予防&対処する方法はあるのでしょうか?

イヤなニオイを防ぐには、排水口を清潔に保つ

イヤなニオイを防ぐには、排水口を清潔に保つ悪臭を防ぐためには、普段から排水口を清潔な状態に保つことです。
とくにゴミ受けは水アカや汚れがたまりやすいので、毎日掃除をしましょう。菊割れゴムの裏側も忘れずに。
週に1回は排水口のヌメリも落とします。使い古した歯ブラシなどを活用すると良いでしょう。
これだけでもずいぶん悪臭は緩和されます。

悪臭予防のポイントは、排水トラップ

悪臭予防のポイントは、排水トラップ悪臭を防ぐためには、排水トラップに適量の水が溜まっていることと、フタ(お椀型トラップ)正しく設置されていることが重要です。
シンクの排水口に常に水が溜まっているのは、下水から上ってくる悪臭や害虫などを遮断するためなのです。これは「封水」と呼ばれ、蒸発などで水が切れるとフタの役目を果せなくなります。

排水管には勾配がつけられているため、排水が逆流することはないのですが、空気(悪臭)は管の中を行き来しますので、下水道から不快なニオイのする空気が上がってきてしまいます。排水トラップはその空気を遮断して悪臭を防いでいるのです。
掃除などでトラップの蓋を開けると、下水のニオイがするのはそのせいです。

また、排水管の修理をしたり、長期間留守にしたりしてトラップの水が空になっても、下水のくさいニオイがします。蓋の代わりをしている水がなくなるからです。
封水がなくなったときは、蛇口の水を流し込んで水を溜めればOKです。

防臭キャップを取付けよう

防臭キャップを取付けよう排水口のフタはきちんと閉まっているし、トラップの水も問題ありません。それでもまだくさい時には、シンクの下を覗いてみてください。
排水ホースと排水管のつなぎ目に隙間があると、そこから悪臭が上がってくることがあります。(排水ホースの差込口に円形のプレートが使われていて排水管のつなぎ目が見えない場合があります。プレートは取り外すことができます。)
排水ホースが排水管に差し込まれているだけで隙間がある場合には、防臭キャップを取り付けましょう。
防臭キャップ・防臭ゴムは、ホームセンターなどで200円~500円程度で購入することができます。管のサイズに合わせてお選びください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。