キッチンからの水漏れ時の応急処置と種類別の対処法

排水口のつまりや悪臭と並んで、キッチンの水漏れも深刻なトラブルです!
長い間水漏れが続けば、多くの水が無駄になるばかりでなく、程度によっては家財を傷めてしまうこともあります。とくに集合住宅の場合は、階下へ漏水して二次災害や訴訟などの問題に発展することもありますので、十分注意する必要があります。

水が止まらなくなったらまず止水栓か元栓を閉める

蛇口が折れたり、配管が破裂したり、突然水が噴き出すような水漏れが起きた場合、何よりもまず水を止める必要があります。
また、修理を行なう前にも、万が一修理中に破損して、水があふれて大惨事にならないよう、必ず水を止めてから行います。
緊急対応として水を止める場合、器具についている止水栓か水道の元栓を閉める、二通りの方法があります。

確実に水が止まる元栓

確実に水が止まる元栓もっとも手っ取り早く確実なのは、水道の元栓を使って水を止める方法です。
元栓は、一般的に水道メーターの近くに設置されています。家屋全体の水道を大元から止めることができるため、一番確実な方法です。
ただし、水道の元栓を閉めてしまうと、キッチンだけではなくトイレやお風呂、洗面所など家中全ての水が出なくなります。

水漏れ箇所だけを止めるには止水栓

水漏れ箇所だけを止めるには止水栓水漏れしている箇所だけ(この場合ではキッチンだけ)、水を止めたいという場合は、止水栓を使います。例えばキッチンの場合、止水栓はシンク下の収納の中にあることが一般的です。
ハンドルがない場合は、マイナスドライバー等を使って回して水を止めます。
ただし、止水栓が固く錆びてしまって回らないことがあります。老朽化した止水栓を無理に回すと、栓や給水管が破損して、水が噴き出すことがありますのでご注意ください。
止水栓が固い場合は無理をせず、水道の元栓を使って水を止めてください。
器具に止水栓が付いていない場合や、止水栓の位置が分からない場合も同様です。

いざという時のために、日頃から水道の元栓や止水栓の位置、閉め方を確認しておくと安心です。

蛇口の水漏れトラブルの対処法

蛇口の水漏れトラブルの対処法さて、キッチンで水漏れが起きた場合、原因や対処法に関しては、洗面台などの水漏れと基本的には変わりません。ここでは、洗面台の水漏れについて扱った記事と重なりますが、改めて水道部分の水漏れへの対処法について、いま一度説明します。
⇒洗面所まわりの水漏れ原因と修理方法・費用について

水栓金具の種類や設置方法によって、修理方法が異なるため、トラブルが生じている蛇口をご確認ください。
多くのキッチンでは、手でひねるハンドルタイプの蛇口か、レバータイプの蛇口が使われていますので、この二種類の蛇口をご紹介します。

ハンドルタイプの蛇口の水漏れ

ハンドルタイプの蛇口の場合、ポタポタと水が止まらないときは、パッキンに劣化や傷みがあると考えられます。新しいパッキンに交換するには、工具が必要ですが、家庭でも交換することが可能です。

ハンドルタイプの蛇口を修理するときに便利な工具
  • 水栓スパナ
  • モンキーレンチ
  • マイナスドライバー

レバータイプの蛇口の水漏れ

一方、レバー式蛇口をお使いの家庭も多いかと思いますが、レバーの下あたりから水漏れする場合は、お湯と水を混合するカートリッジを交換する必要があります。
カートリッジはホームセンターなどで購入することができますが、パッキンより難易度が上がります。
慣れない場合は専門の業者に依頼して修理してもらった方がよいでしょう。

レバータイプの蛇口を修理するときに便利な工具
  • モーターレンチまたはコーナーレンチ
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。