キッチンのお手入れに使える洗剤の種類

いつでもおいしい食事が作れるように、キッチンは日ごろからきれいであってほしい場所です。お手入れに使用する洗剤は、しっかりと汚れを落とすだけではなく、大切なキッチンを傷めず、人体にも安全であってほしいですね。この記事では、汚れの種類や度合いによって使い分ける洗剤選びのポイントをご紹介いたします。

台所用洗剤(中性洗剤)

台所用洗剤(中性洗剤)食器などを洗うために日常使用される洗剤のことです。液性は中性で、界面活性剤の働きだけで汚れを落とします
台所用洗剤はもともと、主に野菜や果物を洗うための洗剤として発売されたため、食品衛生法で漂白剤や酵素を含まない中性であることが定められています。そのため、弱アルカリ性の洗濯洗剤と区別して「中性洗剤」といえば台所用洗剤のことを指すようになりました。
中性で材質を傷める心配が少ないので、家中の掃除に使えます。水で薄めて拭き掃除をしたり、つけ置き洗いをしたりできます。比較的新しい汚れに有効です。こびりついた頑固な汚れには向きません。
洗剤の成分が残っているとシミになることがありますので、使用した後はよく洗い流してください。

台所用洗剤(弱アルカリ性・弱酸性)

台所用洗剤(弱アルカリ性・弱酸性)中性洗剤が一般的な台所用洗剤ですが、近年、弱アルカリ性や弱酸性の台所用洗剤が登場し始めました。油を多く使う食事が増え、衛生観念の高まりから、洗浄力や除菌効果などを強化した新しい製品が生まれたのです。また、食洗機の普及も、中性洗剤よりも洗浄力に優れた台所用洗剤を登場させるきっかけになりました。
弱アルカリ性は特に油汚れ、ヤニ汚れに強く、ベタベタした汚れをさっぱり分解します。弱酸性の洗剤は、水垢や錆などの汚れ、除菌・殺菌に向いています。
材質を傷めたり変色させたりすることがありますので、ご使用になる際には、必ず製品の取扱説明書や、洗剤に記載されている注意事項に従ってください。

クリームクレンザー

クリームクレンザー弱アルカリ性の性質を持ち、粒子状の研磨剤によって汚れをこすり落とします。粉末タイプやペーストタイプに比べるとより細かい研磨剤が使用されているため、磨いたところに傷が付きにくくなっています。こびりついて落ちない汚れに有効ですが、力を入れすぎて傷をつけないように、注意が必要です。
身近なもので、ねり歯磨き粉を代用することもできます。

漂白剤

漂白剤キッチン用品の漂白や除菌、消臭に効果があります。茶渋落としやふきん、まな板の消毒などによく使われます。掃除用途では、排水口のヌメリ取りや消臭、コーキングのカビ取りに活用できます。
塩素系と酸素系があり、酸素系の方が、効果がおだやかで刺激臭がありません。漂白力、除菌効果が高いのは、塩素系の方です。
漂白剤の使用中は換気よくして、皮膚に直接つかないようにゴム手袋などを使用してください。酸性洗剤と混ぜて使うことはできません。
また、ステンレスや大理石など漂白剤に弱い材質もありますので、製品の取扱説明書、及び薬剤の注意書をお読みください。

排水パイプクリーナー

排水パイプクリーナーキッチンの排水口の中は、油や食べ物のくずを餌としてバクテリアが繁殖しています。バクテリアが増えるとヌメリが発生し、他の汚れと一緒になって蓄積され、排水パイプの内側をふさいでいきます。
家庭用の強力な洗浄力をもったパイプクリーナーが市販されていますが、詰りがひどくなってから使用することはお勧めしません。薬剤が奥まで届かなかったり、剥がれ落ちた汚れがさらに詰りを悪化させたりすることがあるからです。つまりの予防と、パイプの洗浄、除菌、消臭に定期的に利用するほうが効果的です。
排水パイプクリーナーも塩素系漂白剤と同じ成分を使っていることが多いため、取扱いに注意が必要です。
また、ブラシやボトルのキャップなど固形物を誤って排水口に落としてしまった場合の詰まり取りには使えません。

※洗剤は誤った使用方法で用具や設備の表面を傷めたり、有害なガスが発生したりすることがあります。使用前には必ず、洗剤の注意書きをよく読んでからお使いください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ