散水栓・水栓柱の詰まり以外の故障・トラブルについて

散水栓・水柱栓に起こるトラブルにはどのようなものがあるでしょうか。水漏れ、破損などが考えられますが、壊したり水漏れしないようにするために心がけるポイントも交えてご紹介いたします。

屋外にある散水栓・水栓柱のトラブルについて

庭がある戸建住宅の屋外には、散水栓を設置されているご家庭が多く見受けられます。
散水栓には2つ形式があり、蛇口が取り付けられた柱状の構造をしたものが水柱栓(立水栓)、地中に埋められたボックス内に蛇口があるものが主に散水栓と呼ばれています。
どちらもマンションなどの集合住宅に住んでいる人にとってはあまりなじみがないかもしれません。しかし、庭がある戸建住宅に住む人にとっては、生活に欠かせないものですし、公園など公共の場で見かけることもあると思います。
散水栓・水栓柱にどのようなトラブルが起こるのか、そしてその対処法を順にお伝えいたします。

水柱栓(立水栓)の破損と水漏れ

水柱栓(立水栓)の破損と水漏れ

水柱栓は屋外にあるため、屋内で使用している蛇口以上に「外的な要因による破損」が多いと言われています。

よくあるのが、庭に車を乗り入れた際などに誤って水栓柱にぶつかったり、脚立などの物をぶつけたり、勢いよく飛んできたサッカーボールがぶつかるなどして、水栓柱が傾いてしまうケースです。
柱が傾いているだけなら見栄えが悪くなるだけですが、水栓柱の中には給水管が通っていますので、柱が折れたり傾いたりすることで給水管が破損すると、そこから水漏れが発生することがあります。
水栓柱の構造は建物によって様々ですが、一般的にそれほど強固に固定されていない場合が多いので、軽い衝撃でも意外に大きなダメージを受けていることもあります。

ただしこのような給水管の破損は、多くの場合柱の「根元」に近い部分からの水漏れとなりますので、水が漏れていても地面の上に水が噴き出すわけではなく、見ただけでは水が漏れていることがわかりません。
「気がつくと最近、散水栓の周りの土が湿っている気がする」というときには、地下で水が漏れている可能性があるので、注意しましょう。

散水栓のふたの破損

縦に伸びた水栓柱がなく、地面に四角い穴が開いていて、そこに蛇口がついているタイプの散水栓があります。
このボックス型の散水栓の場合、自動車を乗り入れた場合などにふたの上に乗りあげ、その衝撃でふたが割れてしまうことがあります。
一般家庭の場合駐車スペースに散水栓が置かれていることはあまりありませんが、公共施設ではそのような設計になっている場合もあり、ときどき弊社にも修理の依頼をいただくことがあります。

ちなみに、散水栓のふたが破損した場合の修理は、クラシアンの場合作業料金8000円~+材料費(ふたの料金)で行います。
また、ふたが廃版になっていて同じものが手に入らない場合には、ボックスごと交換する必要があります。この場合の施工は、周りのコンクリートを開口したり、モルタルを使って補修したりすることになるため、どの程度の難易度の施工になるかによって工費は変動します。

散水栓に関する豆知識

散水栓に関する豆知識

ボックス型の散水栓の場合、四角く開けられた穴の中には土や砂が詰められていて、その中に蛇口が埋まっているという構造になっています。あの土や砂は何のために入っているのか、それとも自然に入ってしまったものなのか、ご存知でしょうか?

実はあの土や砂は、蛇口を固定するために入っています。というのも、ボックス型の散水栓の蛇口は地下を通してある給水管と直接つながっているのですが、それ以外のどこにも固定されていません。もしも土や砂の中に埋まっていなければ非常に不安定な状態になってしまい、ちょっとした衝撃でも給水管とのつなぎ目が緩んで水漏れが発生する可能性があります。

「ボックスの中に詰まった土や砂を掘り起こしたほうが見た目はきれいなのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、安全に蛇口を使うためにも、そのままにすることをお勧めします。

散水栓を正しく使うために気をつけたいこと

散水栓も屋内の蛇口も基本的な構造は同じで、取り扱いの仕方について特に大きな違いはありません。しかし、散水栓は屋外にある分どうしても外的な衝撃を受けることが多く、扱いも粗雑になりがちです。

たとえばボックス型の地面に埋まった散水栓は、力任せにハンドルをひねってしまい蛇口本体の位置がずれてしまうと、給水管とのつなぎ目が緩んで水漏れが起こる可能性があります。
庭が広い家などの場合、長期間散水栓が放置され水漏れなどの故障が起こっていても誰も気づかないといった事態になることもあります。普段使わない散水栓も、なるべく定期的にチェックして異常がないか確かめることが大切です。

また、普段と比べて使った水の量が変わらないのに急に水道料金が高くなったときなどは、散水栓から水漏れが起こっている可能性も考えられます。地上は一見異常なしでも、地下を通る給水管から水漏れしている場合もありますので普段から散水栓のことを気にかけるようにすることをお勧めします。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ