散水栓・水栓柱の取り替え・取り付けの流れと費用をご紹介

散水栓や水柱栓にトラブルがあったとき、個人で行える修理と水まわり業者に頼まなければならない修理や交換にはどのようなものがあるでしょうか。今回の記事で費用も含めご紹介します。

散水栓の修理・交換にもさまざまな種類があります

屋外にある散水栓。一般家庭でも、洗車や植物の水やりなどのために使われることが多い便利な蛇口です。それだけに、いざ故障したときには困ってしまいがちです。
散水栓が故障した場合、一部の簡単な修理以外は専門的な知識・経験が必要なためプロに依頼するのがベストですが、できれば事前に「どんなトラブルの場合、どんな風に修理をするのか」「その費用はどれぐらいになるのか」といった情報を知っていると便利です。
今回のコラムでは、散水栓の修理・交換の種類とその流れ、費用についてご紹介します。

蛇口内のゴム類の交換

蛇口内のゴム類の交換

まず、一番簡単な修理は「蛇口内のゴム類の交換」です。「蛇口の先やハンドル部分などから水がぽたぽたにじみ出してくる」といった水漏れトラブルの最もよくある原因は、蛇口の中にあるパッキンやコマパッキンといったゴム類の経年劣化。
ゴムなので長年使えば自然に硬化し、うまく隙間を塞ぐことができなくなり、水が漏れてしまいます。こうしたゴム製のパーツはホームセンターやインターネットでも販売されているので、自分で購入して交換することも可能です。
この作業はちょっとした日曜大工が得意な方であればプロでなくてもできるもので、これを読んでいる方の中にも実践したことがあるという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

同じ蛇口でも、最近屋内でよく使われるようになったレバー式の蛇口は構造が複雑なため自宅でのパーツ交換が非常に難しいのですが、屋外で使われる蛇口は今でも旧来のハンドル式が主流ですので、比較的簡単に対応することができます。もちろん、自信がない方は無理せず水道修理業者にご依頼ください。クラシアンの場合、作業料金8000円~+材料費で対応しています。

バルブ、蛇口本体の交換

蛇口から水漏れしている場合、中に入っているゴム類の劣化が原因ではなく、ハンドルや蛇口本体部分、先端部分といった「金属製の蛇口そのもの」が劣化している可能性も考えられます。このような場合、蛇口そのもの(またはその一部)の交換が必要となりますが、ゴム類の交換と違って専門的な知識・経験が必要となりますので無理に交換しないようご注意ください。
ちなみに、屋外で使う散水栓の場合、修理・交換を機に屋内の蛇口とは違った特殊な仕様の蛇口に取り換える人も多いようです。たとえばホースに接続しやすいタイプの蛇口などがその一つです。屋外でホースを使っているとき、ホースが抜けやすくて困っている人などは交換を検討してみてはいかがでしょうか。

また、使わないときはハンドルを外しておける「キー式」の蛇口も散水栓では人気です。
みなさんも公園などの公共施設や、マンション等の共用部に設置された散水栓で、「ハンドルがついていないので水を出すことができない」蛇口を見かけたことがあるのではないでしょうか? あれは誰かがイタズラでハンドルを持ち去ってしまったわけではなく、第三者に勝手に水を使われないようにハンドルを自由に取り外せるようにしたものです。
もちろん一般家庭でもキー式蛇口を採用している人はたくさんいます。最近では「他のキー式ハンドルでは開くことができない特殊な仕様のキー式ハンドル」など、より厳重に蛇口を守ろうとする人向けの商品も増えているようです。

そのほかにも、屋外で利用するのに便利な蛇口としては「ハンドルとパイプがそれぞれ2本ずつある蛇口」というものもあります。
片方のパイプは普通のカランとして、片方のパイプはホース接続専用として使い分ければ、わざわざホースを着脱せずに両方の使い方ができるという優れものです。
なお、蛇口(またはその一部)の交換料金は、クラシアンの場合、作業料金8000円+材料費となります。

水栓柱の修理・取り換え

水栓柱の修理・取り換え

屋外で使用する水栓柱は、往々にして「車を誤って当ててしまった」「サッカーボールが勢いよくぶつかった」などの原因で傾いてしまいます。
構造にもよりますが、もともとそれほど強固に固定されていない場合も多いため、意外と簡単に動いてしまいます。
少し柱が傾くだけなら見栄えを我慢すれば済むのですが、実は柱が傾くことにより、柱の根元部分で給水管が破損してしまうことも少なくありません。するとその部分から水漏れが始まり、気がつけば水道料金が膨れ上がっている……といったことにもなりかねないのです。
ちなみに、クラシアンで水栓柱を交換する場合は「作業料金1万5000円+材料費」からとなっています。
古い水栓柱と同じ場所に新しいものを取りつける場合は比較的安く済みますが、別の場所に取り付ける場合には給水管の工事が別途必要となるため、工費が上がる可能性があります。
また、同じ場所に取り付ける場合でも、給水管の修理が必要な場合にはその度合いによって工費がかかります。柱の種類はステンレスやプラスチックなどさまざまな材質・デザインのものがありますので、お好みや予算に合わせて選ぶとよいでしょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ