集合住宅で使われているポンプの種類と特徴

集合住宅では各家庭へ水が供給されていますが、その際に各種のポンプが使用されています。ポンプと一言で言っても種類はさまざまです。給水用に主に使われているのが「揚水ポンプ」「加圧ポンプ」「増圧ポンプ」の3種類です。今回の記事では、これら3種類のポンプの特徴について説明します。

ポンプの種類

揚水ポンプ

揚水ポンプ屋上に高架水槽を設置しているビルで使用されます。
水道本管から受水槽へ取り込まれた水を、高架水槽に汲みあげる役目をしているポンプです。屋上タンクの水が使われて一定量以下になると、自動的にスイッチが入る仕組になっています。
必要な時だけ作動しますので、他の給水方法と比較して電気代がかかりません。
高低差を利用して給水するので、ポンプは水揚げだけに使われます。
大型の集合住宅やビルなどで、最も一般的に用いられている方法です。

加圧ポンプ

加圧ポンプ受水槽から直接各戸へ水を圧送するポンプです。中規模のビルやマンションなどで使用されています。陸上で使用するポンプと、水中で使えるものとがあります。
加圧給水を行っている建物では、水を高いところから落とすための高架水槽が必要ありません。
これまで高架水槽を使用していた建物でも、メンテナンスの軽減などを理由に加圧式へ切り替えるところもあります。

増圧ポンプ

貯水槽を使わず直接給水するときに、給水管内の水圧を増すために使われるポンプです。中規模のビルやマンションで採用されている給水方式で、主流になっています。受水槽や高架水槽の設置スペースが不要で、水槽の清掃や管理負担が軽減されます。水を溜める設備がないので、建物内に予備の水はありません。

そのほかのポンプ  排水ポンプ

排水ポンプ集合住宅では、給水ポンプだけではなく排水ポンプも重要な役目を果たしています。生活排水や雨水などを下水道本管に排出するためのポンプです。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ