井戸ポンプと現代の井戸事情

時代劇などに登場する大きな井戸と違って、現在の家庭用井戸は直径数センチの管を地中に深く埋めてポンプで水を汲みあげる井戸が主流です。

昔の井戸との違い

昔の井戸との違い井戸というとどんなイメージをお持ちでしょうか。お化けが出そうな古井戸をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんね。
現代の井戸は昔の釣瓶式井戸とちがって、地中に埋めた直径5センチほどの管です。管は数メートル~数十メートルほどの深さまで達しています。家庭用の井戸から汲んだ水は、ガーデニングや洗車、生活用水などに利用されていて、水の汲みあげをポンプで行います。
また、災害時には水や電気が断たれる恐れがあることから、緊急時の生活用水確保に、手動ポンプ式の井戸も注目されています。
上水道が普及する以前は、井戸が飲料水に利用されることは一般的でしたが、現在では、井戸水と上水道をうまく併用していることが多いようです。井戸水を飲料水として使用するには、水質の基準をクリアしていなければいけません。井戸水を飲料用とすることを、保健所が推奨していない地域もあります。

浅井戸と深井戸

浅井戸と深井戸井戸には、浅井戸と深井戸と呼ばれる種類があります。
不圧地下水という比較的浅いところに水面のある水を汲みあげる井戸を浅井戸といいます。
深井戸は、岩盤や堅い地層の下にある被圧地下水をくみ上げる井戸のことです。
深井戸の方が浅井戸と比べて、周辺環境の影響を受けにくく、水量が安定し良質だといわれています。

ポンプにも浅井戸用と深井戸用があります。
ポンプと水面の距離が7、8メートル以内の時に使われるのが、浅井戸ポンプです。1本の配管で水を吸い上げます。
それ以上深くなると深井戸ポンプを設置します。深井戸用ポンプには、ジェットと呼ばれる機能が搭載されています。水中に水を吹き出す圧力が、水の吸い上げを補助します。
水中に設置するタイプの深井戸ポンプもあります。水中ポンプは井戸の中に沈められていて、水を押し上げています。モーターの音がしないので、住宅密集地などでも使用できます。

井戸ポンプのトラブル、故障

井戸ポンプのトラブル、故障井戸ポンプが故障した時に以下のような症状が現れることがあります。

  • 水が出ない
  • 水漏れしている
  • モーターの音が以前と比べてうるさくなった
  • モーターが止まらなくなった
  • 漏電する

当社が出動して多かった症状は、モーターの焼き付きと羽根車の軸の歪みです。不純物を取り除く砂こし器やストレーナーのつまりもよくあります。
電気代が急に高くなった時も、ポンプの故障が原因になっていることがあります。水を使わなくてもポンプが作動しつづけるような状態の時に見られます。
井戸ポンプを使用している場合、給水管などの漏水が原因で電気の使用量があがることもあります。水が漏れているためポンプが止まらなくなります。この場合は水漏れ箇所を特定して修理します。ポンプに異常があるわけではありません。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ