散水栓・水栓柱トラブルの原因、その対処法とは?

散水栓や水栓柱の水漏れで最も多い、パッキンのトラブル

散水栓や水栓柱の水漏れで最も多い、パッキンのトラブル屋外に設置されている蛇口、散水栓や水栓柱から水漏れが発生した場合、真っ先に疑うべき原因は「パッキンの不良」です。

パッキンとは、機械や容器の気密性を保つための部品の一種で、液体や気体などの内容物が外に漏れないように密閉する役目があります。
蛇口のパッキンにはいくつか種類があり、「蛇口本体とハンドルの接合部」や「蛇口本体と吐水パイプの接合部」などに使われています。

蛇口の水漏れは、大きく分けて、パッキン交換で対応が可能なものと、パッキン交換で対応できないもののふたつがあります。

散水栓や水栓柱の蛇口本体に問題がなく、内部のパッキンだけが消耗している場合、パッキンを新しい部品に取り替えることで、水漏れが解決します。
例えば、「蛇口のハンドルの根本」や「吐水パイプの根本や先端」から水漏れが発生している場合、パッキン交換が有効な修理方法となります。
散水栓や水栓柱からの水漏れは、多くの場合、「パッキンの交換」で対処できます。

次に、パッキンを交換しても水漏れが解決しないケース。
これは、蛇口そのものが破損して、本体の交換が必要な場合です。
例えば、パッキンを交換しても水漏れがおさまらない場合や、あきらかに見た目で蛇口本体が破損している場合は、蛇口ごと交換するしかありません。
ただし、吐水パイプの根元部分のヒビ割れが水漏れの原因であれば、吐水パイプのみの交換で対処できるケースもあります。

 

蛇口の修理をする前に、まずは元栓を閉めましょう

蛇口の修理をする前に、まずは元栓を閉めましょう蛇口周りの修理や交換をする際は、作業を始める前に、あらかじめ水道の元栓を閉めておきましょう。元栓を閉めることで、作業中に水があふれてくることを防げます。

水道の元栓がある場所は、それぞれのお宅によって異なりますが水道メーターが入っているメーターボックスの中にあることが一般的です。
戸建ての場合は、玄関先などの地面にメーターボックスが埋まっていたりします。
いざという時のために、日頃から水道の元栓の場所を確認しておくといいですね。

 

水漏れの原因と、散水栓の修理・交換方法

水漏れの原因と、散水栓の修理・交換方法

ハンドルの根本から水漏れ

モンキーレンチでハンドル部分を取り外し、接合部の「三角パッキン」を交換します。

吐水パイプの根本から水漏れ

モンキーレンチで吐水パイプを取り外し、接合部の「Uパッキン」を交換します。
※注意点
Uパッキンを交換する際は、もともとのパッキンの向きを覚えておく必要があります。Uパッキンの向きを逆につけると水漏れしてしまいます。

吐水パイプの先端から水漏れ>

モンキーレンチでハンドル部分を取り外し、接合部の「駒パッキン」を交換します。

散水栓本体の破損(蛇口の交換)

  1. 蛇口を反時計回りに回し、水道管から取り外します。
  2. 新しい蛇口のネジ部分にシールテープを時計回りに巻きつけます。(きつめに8回転~12回転)
  3. シールテープを巻き終わったら、指でネジ山になじませます。
  4. 新しい蛇口を時計回りで水道管に取り付けます。(3回転~5回転)

※注意点
蛇口を取り付ける際の回転方向は、『時計回しのみ』に行います。微調整でも、反時計回しに回わさないでください。

 

散水栓・水栓柱の交換に困ったら

散水栓・水栓柱の交換に困ったら今回ご紹介した蛇口の取り替えは、DIYや管工事に慣れた方なら比較的取り組みやすい作業です。
しかし、自己判断で対処する場合、水漏れの原因の見込み違いによって対処法を誤ってしまったり、取り付け方法や部品の種類を誤って再び水漏れが起きてしまったりと、さまざまなリスクも考えられます。
水まわりの作業には微妙な力加減や感覚的な判断が必要ですので、作業に自信がない方や、確実に修理したいと思われる方は、無理せず専門業者にご相談ください。
業者に依頼する場合は、専門のスタッフが修理箇所まで伺い、修理・交換を行います。ご利用の散水栓に適した部品や蛇口の用意を任せることができるため、安心です。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。