トイレの水漏れ原因と注意点、応急処置・修理方法や費用について

こんな現象も水漏れのトラブルです

こんな現象も水漏れのトラブルです「水道料金が急に高くなったような気がするが原因がわからない」「便器の水面がいつでも揺らいでいる」「トイレを使用するとポタポタという音が続く」と感じたら、もしかするとトイレタンクの中で水が止まらなくなっているかもしれません。

トイレが詰まってしまうのも困ったものですが、チョロチョロ程度のわずかな「水漏れトラブル」も、積もり積もれば大量の水を浪費し水道料金が無駄にかかるだけではなく、次第に大きなトラブルに発展してしまう可能性もあります。

トレイタンクの水が止まらない原因と対処法について見ていく前に、水回りのトラブルにご自宅で対処するときの心構えとして、知っておいてほしいことが2つあります。

 

水漏れ要因は水位調整リングや浮玉から疑おう

水漏れ要因は水位調整リングや浮玉から疑おうトイレタンクから水が漏れ、床が濡れている現象の原因として、まず考えられるのがタンク内の水位調整リングや浮玉のトラブルです。タンクのふたを開けてみると、普段の水位と比べて、かなり大量の水がタンク内にあふれてはいないでしょうか? 

解決するには、水位調整リングや浮玉を修理し水位を調整する必要があります。タンク内の構造はメーカーごとに違うため、取扱い説明書やサポートページを参考に調整を行うことになりますが、水が出る管(ボールタップ)の付け根にある水位調整リングを回せば、水位を調整できる点は共通しています。

作業は特別な工具を使わなくてもできますが、失敗すると水漏れが悪化する可能性もありますので慎重に行いましょう。

 

トイレタンク内にある4つのパーツのトラブルと対処法

トイレタンク内にある4つのパーツのトラブルと対処法トイレタンクから水が漏れ、床が濡れている現象の原因として、まず考えられるのがタンク内の水位調整リングや浮玉のトラブルです。タンクのふたを開けてみると、普段の水位と比べて、かなり大量の水がタンク内にあふれてはいないでしょうか? 

解決するには、水位調整リングや浮玉を修理し水位を調整する必要があります。タンク内の構造はメーカーごとに違うため、取扱い説明書やサポートページを参考に調整を行うことになりますが、水が出る管(ボールタップ)の付け根にある水位調整リングを回せば、水位を調整できる点は共通しています。

作業は特別な工具を使わなくてもできますが、失敗すると水漏れが悪化する可能性もありますので慎重に行いましょう。

 

フロートバルブ

ゴムでできたパーツ。長期間、水に浸かっていると次第に溶出して隙間が生じ、バルブが排水弁をしっかり閉じなくなります。その結果、「ちょろちょろと水が流れ続けている」という状態になります。

対処法

新しいパーツと取り換えればよく、基本的に工具なしで取り付けられるので、こうした作業に抵抗がない人なら簡単に行えます。完了後、正常に水が流れるか確認しましょう。

 

ボールタップ

浮玉の位置が下がると給水し、上がると給水を止めるように弁が動くパーツで、弁が劣化すると、水が出続けてしまいます。

対処法

パーツ交換でトラブルを解消できますが、取り付けには工具が必要なほか、失敗すると水漏れが悪化する場合があります。

 

サイフォン管(オーバーフロー管と呼ぶメーカーも)

ボールタップが故障した場合、タンクから水があふれるのを防ぐためにあり、便器へ水を逃がします。根本部分に亀裂が入ると隙間ができるほか、ひどいときは根本から折れたりします。管から水が漏れるとタンク内の水位が一定以上に上がらないため、半永久的にタンクが水の補給を続けてしまいます。

対処法

解決するためには取り換える必要がありますが、ボールタップと同じく、取り付けには専用の工具が必要です。

 

レバー

レバー水を流すときに操作し、フロートバルブとボールチェーンでつながっています。「レバーが水を流した状態のまま戻らなくなる」「ボールチェーンが切れている」「レバーの根本が折れている」「レバーを止めている締め付けナットが緩んでいる」といったトラブルが想定されます。

対処法

レバーが戻らなくなった原因は、レバーとフロートバルブをつなぐチェーンがオーバーフロー管に引っかかっているためで、からみをほぐせば元通りになります。また、ナットが緩んでいる場合は、タンクのフタを開けてナットを締めてください。根本が折れていたり、チェーンが切れているようなら部品交換が必要ですが、比較的ご家庭でも対処しやすい修理です。

このようにパーツの故障か部品の劣化が主な原因であり、ご家庭での対応も可能ですが、作業に不慣れだったり不安という方は、専門の会社かメーカーに依頼してください。

その他の水漏れの原因

トラブルの原因がパーツ以外として、次のようなものがあります。

トイレ洗浄剤の詰まり

タンク内に球形の洗浄剤を直接投入して使用するタイプのトイレ洗浄剤は、フロートバルブの隙間にはまったり、溶けてフロートバルブを傷める原因になったり、臭いの原因になることがあります。

対処法

水が止まらなくなったら一度タンク内を確認し、引っかかっている洗浄剤を取り除けば簡単に解決します。

便器とタンクをつなぐパッキンの劣化

便器とタンクがねじで固定されている部分に、密着パッキン(密結用排水弁パッキン)という外部への水漏れを防ぐ部品が入り隙間を埋めています、パッキンが経年劣化すると隙間ができて水漏れすることがあり、タンクと便器の隙間や、便器と床の隙間から漏れてくるように見えるのが特徴です。

対処法

パッキン交換には一度タンクを外さなければならないので、専門業者に依頼するのがベストです。

 

タンクにつながる水道管のパッキンのトラブル

経年劣化したり、日々のトイレ使用時の振動でパッキンが傷むと水が漏れてくる場合があります。

対処法

工具とパッキンがあれば、比較的簡単に対応できます。

 

ボールタップと手洗い管をつなぐホースの亀裂

タンクとふたの隙間あたりから水が漏れてきたら、ボールタップから手洗い管につながるゴム・樹脂のホースが、経年劣化によって亀裂が入っている可能性があります。

対処法

タンクのフタを開けホースを交換すれば大丈夫です。

 

ガスケットの隙間からの水漏れ

便器と床の間の隙間を埋める「ガスケット」が経年劣化し固まってくると、便器と床の間に隙間ができ水漏れが起きるほか、嫌な臭いの原因にもなります。

対処法

ガスケットを交換することで解決しますが、作業は一般の方には難しいので、専門業者に依頼するのがいいでしょう。

ほかにも、節水のため空瓶やレンガをタンクに入れていることで水漏れやつまりの原因となっているケースも見受けられます。悪臭の元にもなりかねないので、タンク内に物を入れないようにしましょう。

水漏れを放置すると大変なことに!?

水漏れを放置すると大変なことに!?水漏れの原因と対策を見てきましたが、「少量の漏水なら放っておいても大丈夫かな」と思う人もいるかもしれませんが、大きな間違いです。特に床に水がこぼれているケースは要注意で、こぼれた水がしみていき床を劣化させたり、集合住宅などでは下の階まで水が漏水し、住民トラブルに発展するケースもあり得ます。

今回の記事で大抵のトラブルの原因は突き止められると思いますが、万全を期すなら、修理はプロの手でするのがいいと思います。弊社は、以上のほぼすべてのケースを「作業料金8,000円(税別)+部品代」で対応できますし、訪問・お見積もり作成は無料で行いますので、遠慮なく電話でご相談ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ