トイレ(和式便器)の詰まりの原因とは?自分で修理できる?

トイレを日々使っていく上で、避けて通りたいといえば「詰まり」ではないでしょうか。今回のコラムでは、和式便器の詰まりの原因と、自分でできる修理の方法についてご紹介します。

洋式便器と比べて、和式便器は詰まりにくい?

「詰まり」は洋式トイレでも和式トイレでも起こり得る定番のトラブルではありますが、実はどちらかというと和式トイレの方が起こりにくいといわれています。
その理由は、便器の構造上、和式トイレの方が汚物や水が通る管が洋式トイレと比べて太いからです。洋式トイレなら詰まってしまう異物も、和式トイレなら流れてしまうということが起こるわけです。また、和式便器は最近の新しい洋式トイレと比べてタンクの構造が古く、「節水」を行っていません。そのため一度に流す洗浄水の量が新しい洋式トイレよりも多く、それが異物を詰まりにくくさせているとも考えられます。その反面、その分無駄な水を使ってしまうというデメリットもあります。
和式トイレは便器自体がモルタルの中に埋まっているような構造なので、異物が奥の方で完全に詰まってしまった場合には便器自体を割って異物をとり出すしかありません。

和式便器が詰まる原因とは?

和式便器が詰まる原因とは?和式便器が詰まる原因は、洋式便器と同じく「流すべきでないものを流したから」または「一度に大量の物を流したから」のどちらかがほとんどです。「流すべきでないもの」の例はいくらでもありますが、たとえばポケットの中に入っていた携帯電話や財布、ハンカチといったものが知らない間に便器の中に落ち、流してしまうケースが考えられます。こうした異物が便器の奥でひっかかり、その後に流した紙などが詰まることで完全に水が流れなくなってしまうわけです。
そのほかにも、夕食で食べ残した残飯や古くなった食材をつい流してしまい、詰まりの原因になることも。お子さんがいるご家庭では、面白半分でお子さんがおもちゃを流してしまったりすることもあるようです。
また、「流してもよいもの」だからと油断して、一度に大量のトイレットペーパーやといれに流せることが表記されている猫砂、掃除シート、紙おむつなどを流すのはNG。たとえばトイレットペーパーは「水に溶けるものだから大丈夫」と思いがちですが、実際には水に溶けるわけではなく、強い水流で細かく砕いて流しているだけです。たくさんのトイレットペーパーを使わないと気が済まないという方は気を付けたほうがよいかもしれませんね。また、一度に大量の大便を流したときに詰まることもあります。特に便秘気味の方や薬の副作用で便が固くなっている方の場合、通常よりも詰まりやすい状態になっているので注意が必要です。

ちなみに、私たちクラシアンに寄せられる「トイレが詰まった」というトラブルのほとんどは、洋式トイレです。和式トイレの詰まりで呼ばれることはかなり少なくなりました。これはもちろん、日本で使われている和式便器の数が減ったからというのが最も大きな理由だと思うのですが、もしかすると、ハンカチや携帯電話といった異物が便器に落ちた際、洋式便器と比べて目で見て気づきやすいという事情もその理由の一つなのかもしれません。いずれにせよ、和式・洋式問わず、トイレに余計なものを流さないことはトイレを安心して使い続けるための「鉄則」です。たとえば爪楊枝のような非常に小さなものでも、奥の方で引っかかってしまうとその後に流した紙などが爪楊枝に引っかかり詰まってしまうような深刻な事態につながることがあります。気を付けて使いたいものですね。

自分で修理する方法

自分で修理する方法トイレが詰まり、排水が流れなくなってしまったときにはつい焦ってしまうもの。あわてて何度も洗浄水を繰り返し流してしまう人もよくいますが、最悪の場合便器から水が大量にあふれ出して床が水浸しになったり、階下にまで漏水してしまいご近所トラブルに発展してしまうこともあり得るので気を付けましょう。どうしても水を流したいときには、バケツにくんだ水などをあふれないよう少しずつ流すのがベターです。また、ご家庭で一番簡単に試すことができる詰まりトラブルの応急処置といえば、ラバーカップが挙げられます。学校のトイレ掃除のときに使ったことがあるけど、自宅には置いていないという方も多いのではないでしょうか。ラバーカップを便器の排水口部分に押し付け、異物を吸い出すようなイメージで何度か動かしてみてください。うまくいけば便器の奥に引っかかっていた異物が外れて出てきます。これを試してもダメだった場合には、クラシアンなど水回りのプロにご相談ください。ご家庭にはない業務用の道具を使い、の強力な圧力で詰まりを解消します。

便器の詰まり以外が原因かも?

便器の詰まり以外が原因かも?トイレの水が流れなくなる原因は、便器の詰まりだけとは限りません。たとえば、大雨が降って下水がいっぱいになっているようなときには、家庭から流す排水がうまく下水に流れなくなるので、トイレやキッチン等で一時的に詰まりが起こることがあります。そのほかに、屋外の敷地内にある「排水桝(はいすいます)」が詰まっている場合にも、やはり生活排水が下水にうまく流れなくなるため、屋内で詰まりが起こります。念のために排水桝をチェックして、水がたまっているようであればすぐに専門業者にご相談ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ