トイレがつまった時の対処法とラバーカップ(スッポン)使用方法

大量のトイレットペーパーを一度に流したり、水に溶けないものや本来トイレに流すべきでない異物を流したりすると、トイレがつまってしまうことがあります。
トイレというのは、毎日使う場所であり、あまり人に見られたくない場所でもあります。急につまって流れなくなってしまうと、どうしたらよいかあわててしまうと思います。
自分でも直せる場合がありますので、ここではトイレがつまった時の対処法、特にラバーカップ(スッポン)の正しい使用方法について、ご紹介いたします。

ラバーカップを使用したトイレの詰まり除去

ラバーカップを使用したトイレの詰まり除去

トイレのつまりを取るときにあると便利な道具
  • ラバーカップ
  • 汚れても良いビニールシート
  • 雑巾
  • バケツ
  • 灯油ポンプ (水を汲みだすため)
ラバーカップを使う時のポイント
ラバーカップは吸引する力で異物を除去するので、「押す」より「引く」ことを、意識して使いましょう。
また、ラバーカップを使用する際は、周囲に水が飛び散る可能性があります。防水性のシートなどを使い、汚れないように養生をしておくと安心です。あらかじめ、便器にたまった余分な水を灯油ポンプなどで抜いておくと、汚水の飛散を軽減することができます。

  • 「押す」より「引く」
  • 余分な水はポンプで抜いておく
  • 水が飛び散るので、防水性のシートなどで養生をする
  • 解消しない時や頻繁に再発するときには、専門業者へ任せる

ラバーカップの使い方・手順

ラバーカップの使い方・手順

  1. つまりの除去作業中に水があふれないよう、トイレの止水栓を止めます。
  2. 灯油ポンプを使って、タンク内の水をバケツに移します。
  3. 便器のフチ近くまで水位が上昇している場合は、灯油ポンプを使って便器の水の量を減らします。水位が、便器のフチより10センチ程度下に来るまで水を汲み出します。
  4. 便器の水が引いて溜まっていない場合は、バケツの水を少しずつ流し込んでください。
  5. ビニールシートの真ん中に穴をあけ、ラバーカップの柄に通します。ラバーカップを引いた勢いで水が飛び散るのを防ぐためです。
  6. 便器の排出口にラバーカップをゆっくりと押し付けます。柄に通したビニールシートは便器の上を覆って、水がはねてもまわりを汚さないようにします。
  7. 排出口に密着させたラバーカップを勢いよく引きます。水が流れていくまで繰り返します。
    なお、水に溶けないものがつまった場合には、異物が排水管の奥に入って取れなくなる可能性がありますので、押し流さず、ラバーカップを引いて取り出してください。
  8. バケツの水をゆっくり便器に流し込みます。詰まりが解消していれば、水は排出口に流れていきます。
    このときバケツの水を勢いよく流し込むと、つまりが取れていない場合に便器からあふれてしまう可能性がありますので注意してください。タンクの水もまだ流さないでください。
  9. つまりが取れたら、止水栓を開けて完了です。
  10. ラバーカップではつまりが取れない場合や、度々トイレのつまりが発生する場合は、ボールペンや携帯電話などの水に溶けない異物が残っている可能性があります。また、屋外に通じた排水管や排水枡に問題があることがあります。
    専門の工事店へ点検を依頼してください。

こんな○○がトイレの詰まりの原因に!

こんな○○がトイレの詰まりの原因に!詰まったトイレから出てきた物といえば、ボールペンや歯ブラシ、携帯電話もよく見かけます。オムツなどは水を吸収して膨張し排水管を防いでしまいます。
便器に異物を落としてしまった時には、流さずに、すぐに拾うようにしてください。
また、「トイレに流せる」と謳っているペット用トイレの砂も、一度に流してしまうと固まってつまりを引き起こすことがあります。注意書きを読んで、少しずつ様子を見ながら流すとよいでしょう。

以前、熱湯を使用するトイレの掃除方法が一部マスコミに取り上げられたことがありました。便器にかぎらず陶器の洗面台などに熱湯を注ぐと、表面にヒビが入る可能性があります。破損した陶器で怪我を負ったり、家財を害したりする危険性があるので、熱湯の仕様は避けてください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ