トイレの詰まりの原因と対処方法

正しいと思っていた使い方がトイレの詰まりの原因になることも

正しいと思っていた使い方がトイレの詰まりの原因になることも水回りの中でもトラブルが発生すると、かなり困ってしまうのがトイレです。
特に「詰まり」は、毎日使うトイレが使用不能になってしまう、影響力が大きいトラブルといえます。

中には、「うちは正しくトイレを使っているから詰まることはない」という方がいらっしゃるかもしれません。しかし、実は正しいと思っていた使い方が詰りの原因になったり、ささいな油断から深刻な詰まりに発展してしまうこともあるのです。

今回は、トイレの詰まりの原因と対処方法をご案内します。

 

『流せる○○』も流しすぎに気をつけましょう

『流せる○○』も流しすぎに気をつけましょうまずは、いつもトイレに流しているもの、あるいは流していいといわれているけれど、使い方によってはトイレが詰まる原因となるものをご紹介します。

便

便秘などで硬くなってしまった便は詰まりやすくなります。そのような時は一度に流そうとせず、こまめに流しましょう。
他にも、人間ドックでバリウムを飲んだ後の便は、バリウムの粘着性を含んでいるため、便器の底面に貼りつき、流れにくくなってしまいます。
事前にトイレットペーパーを敷いて、便と便器が触れないようにする方法や、「出す」と「流す」を同じタイミングに合わせ、便器に貼りつく前に流してしまう方法があります。

トイレ用のお掃除シート

トイレの詰まりの要因として、便器を掃除するときの使い捨てウェットシートやウェットティッシュが発端になっているケースがあります。いくら 「トイレに流してOK」とパッケージに書いてあっても、一度に大量に流すのはNGです。

トイレットペーパー

水に溶けるイメージがあるトイレットペーパーですが、やはり大量に流すのは禁物です。前述のウェットシートにしてもトイレットペーパーにしても、正確には「水に溶ける」わけではなく、水流の力で細かく粉砕し、押し流しているだけなのです。ですから、水の量に比べて多すぎる紙は粉砕しきれず、詰まりの原因となってしまいます。

ペットのトイレ用の砂

商品によっては「トイレに流してOK」と表記されていますが、トイレットペーパーと同じ理由で、一度に大量に流すと詰まることがあります。いずれも少量に分けて流すように心がけましょう。

 

うっかり落としたものが詰まりの原因に

うっかり落としたものが詰まりの原因にここまでは「トイレに流してもOK」というものによる詰まり発生ケースを解説しましたが、ここからは、「そもそも流してはいけないもので、詰まりやすいもの」を見ていきます。

大人用のおむつ

大人用のおむつを誤って流してしまい、トイレ詰まるケースがあります。介護施設などでは詰まった物を取り出せる点検口、掃除口の付いたトイレが設置されているところもあります。

所持品や身に付けているもの

流すつもりがないのに用を足すときうっかり便器に落とし、気づかずに流してしまうものもあります。たとえば、ポケットに入れていたカイロやペン、そして携帯電話など。

子ども用の玩具

小さなお子様がいるご家庭も注意が必要です。幼児が水のたまった便器をプールと見立て、おもちゃを浮かべたまま流してしまったりすることがあります。

そのほか、食事の食べ残しをトイレに流して詰まらせてしまうというケースも、よく聞く話です。生ゴミはきちんとゴミの日に出しましょう。
ちなみに、小さなもので起きる詰りの原因として、1本の爪楊枝ということもあります。爪楊枝が便器のトラップ部分に引っかかるだけでは詰まらないのですが、その後、トイレットペーパーなどが爪楊枝に引っかかっていくことで完全に詰まってしまうことがあります。何事も油断禁物です。

 

トイレの詰まりの対処方法

トイレの詰まりの対処方法詰まりが発生する原因がわかったところで、対処方法を見ていきましょう。

無理に水を流さない

いざトイレが詰まると焦ってしまい、続けてレバーを回して水を流してしまいたくなるものですが、決してやってはいけません。
無理に水を流して詰まりが解消されることは少なく、むしろ便器から水が大量にあふれ出し床が濡れる、階下に漏水するなどの新たなトラブルを誘発するからです。

少量ずつ水を流す

どうしても詰まり気味のトイレを使用したいときには、レバーを回して水を流すのではなく、バケツなどで少しずつ水を流しましょう。ある程度、汚物を流せますし、水があふれ出して2次被害が起こる危険性を避けられます。ただし、完全に詰まってしまったトイレは使用してはいけません。

ラバーカップを使う

汚物やペーパー類が原因の詰まりで有効なのが、ラバーカップを使って異物を除去する方法です。 「家に置いていない」という方も、学校や職場などで見かけたことがあるのではないでしょうか。もしものときのため、ぜひ一家に一本置いておくことをオススメします。

ちなみに、便器の奥に手やたわしを突っ込んで異物を取り出そうとするのはやめたほうがいいでしょう。たわしの先端がとれて残ってしまい、詰まりがひどくなることさえあります。

トイレ詰まりは気ばかりあせってしまいますが、深呼吸して気を落ち着け、正しい対処法をとることが大切です。

ラバーカップで解決できない時や「そもそも流してはいけないもの」を流してしまった場合は専門業者に依頼しましょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。