トイレの気になる臭い(悪臭・異臭)を元から断ち切るには?

トイレの臭い、その原因は?

トイレの臭い、その原因は?消臭剤や換気システムの品質が向上したおかげもあり、最近ではトイレの悪臭も減ってきたように思います。ただ、トイレには臭いがつきものです。「ちゃんと掃除したはずなのに、臭ってる……」と思う瞬間は、多くの人が感じているのではないでしょうか。

今回は、プロの目線から「臭いの原因」と「その対策」を解説していきます。

臭いの原因は「アンモニア」と「尿石」

臭いの原因は「アンモニア」と「尿石」トイレの臭いは、尿に含まれる「アンモニア」と蓄積した「尿石」に原因があります。

アンモニア

男性が起立した状態で用を足すと、どれだけ気を付けていても尿は飛び散り、便器の端のほか、床、そして壁と、想像以上に広い範囲に付着してしまいます。これがトイレの中にこもるアンモニア臭の原因となるわけです。

尿石

尿石は、小用を足したあと洗浄せずに放置すると溜まりやすく、臭いの元になります。尿石は、尿に含まれるカルシウムイオン成分がかたまったもので、尿の色素である茶色または黄色の塊になります。排水部分に尿石を付着したままにしていると、そこに雑菌が繁殖して悪臭となります。

小便器も、洗浄する水の量が少ないと「尿石」が付着し、詰まり・悪臭の原因になります。

日頃のお手入れがトイレの悪臭を防ぐ

日頃のお手入れがトイレの悪臭を防ぐそれでは、トイレの悪臭を防ぐためには、どうすればいいでしょうか。飛び散ったアンモニアを除去するには難しいことをする必要はなく、

  • 便器をこまめに掃除
  • 壁や床を水拭き

基本的には上記2点を日頃から実行すれば、臭いの発生を防げます。また、便器と床の間にちょっとした溝がある場合は、歯ブラシなどでこするのも効果的です。

尿が付着する場所で見落しがちなのが、便座と便器の間の隙間の部分です。普通の便座だけでなく、ウォシュレットやシャワートイレもご自身で取り外して掃除することはできますが、陶器製の便器とは違いプラスチック製です。便器用の洗剤は使わないようにしましょう!

また、「トイレの使い方を変える」のもひとつの方法です。男性も便器に腰かけて用を足すようにすれば、床や壁に飛び散る尿は格段に減ります。奥様のために座って用を足す、または用を足した後に自ら壁を拭く、といった気遣いをする男性も増えているようです。

「尿石」が溜まらないよう毎回洗浄する

「尿石」が溜まらないよう毎回洗浄する節水のため「小用を足すたびに毎回水を流さず、数回に1回まとめて流す」というご家庭もあるようですが、これは尿石対策上、好ましくありません。トイレの悪臭トラブルを招くばかりではなく、尿石が便器や排水管に付着し詰まりを引き起こしてしまうこともあります。毎回きちんと流したほうがよいでしょう。

頑固な尿石対策はプロの出番

頑固な尿石対策はプロの出番トイレの悪臭対策は「日ごろのこまめな掃除」に尽きますが、長年かけて汚れがたまり、いくら掃除しても取れなくなってしまったら、プロの出番となります。

専門業者に頼む場合、「尿石除去」のための一般の薬局等では販売していない強力な薬品を使って作業を行うため、家庭用洗剤では除去できなかった頑固な汚れも、きれいにすることが可能です。

まれに、男性用の小便器に尿石が蓄積して詰まってしまうケースもありますが、薬品を何回かに分けて流し込むことで、最終的にはほぼすべての尿石を除去できます

「便器のがたつき」が悪臭の原因になっている場合も

「便器のがたつき」が悪臭の原因になっている場合も悪臭の発生には「便器のがたつき」が原因になっている場合があります。
便器と床の間にはガスケットと呼ばれる粘着力のある粘土状のシール材を埋めていますが、長年使用するとガスケットがゴムのよう硬くなり粘着力も無くなってきます。そのようなときに便器ががたつくと排水管と便器の間のガスケットがはがれ、隙間ができてしまうことがあります。結果、隙間から水漏れや下水の臭いが漏れ出て悪臭がするようになります。

水漏れした場合はクッションフロアや床板が傷み、床板の張替えが必要になる場合や、階下に漏水したりと、さらなる深刻なトラブルにつながる可能性もあります。一般の方では対応が難しいので、早めに専門業者に依頼しましょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。