サッカーとトイレ

「TOTO」といえば何?
水道修理の当社ではおそらく全員が、「TOTOといえばTOTO株式会社。北九州市にある日本で一番売れているトイレや水栓などのメーカー。ウォシュレットはTOTOの製品名!」と口を揃えると思いますが、まったく別の物を思い浮かべた方もいらっしゃるでしょう。
トイレのTOTOの次に国内で有名なのが、スポーツ振興くじのTOTOです。
5年ほど前に一度だけ両者がコラボレーションしたことを覚えていらっしゃるでしょうか。
この記事は、2012年11月19日に当社ホームページに投稿した記事をリライトしました。

お互いの活動を支援

お互いの活動を支援プロジェクト名は「トートートトト」。
TOTO(トートー)とtoto(トト)という意味だそうです。
キャンペーンサイトのURLも「http://tototototo.to/」というこだわりよう。現在は閉鎖されていますが、URLだけでもとても面白いです。

キャンペーンの趣旨は、TOTOとtotoの共通の「グリーンを増やし、日本を元気にしたい」という環境への思い。お互いの活動を支援しようとはじまったそうです。
そして、プロジェクトの宣伝大使として開発されたのが、「S.G.T.K(スーパー・グレート・トイレ・キーパー)」でした。
見た目はまるっきり普通のトイレですが、TOTOの技術力とtotoゆずりの予想能力でもって、どんなシュートも瞬時に見分けて守ることができるゴールキーパーなのだそうです。プロモーションムービーでは、元日本代表の久保選手が何度もシュートをしますが、見事に弾かれてしまい、一向にゴールが決まりません。
TOTOが重視するものづくりを、うまく表現したこの動画はあっというまに評判になりました。

画像引用:日本スポーツ振興センター 平成24年10月17日ニュースリリース

さようならS.G.T.K

さようならS.G.T.Kスーパー・グレート・トイレ・キーパーは、その後、地球を救うために宇宙へ旅立ったとかで、公式の動画やサイトは、今は残念ながら見ることができません。
「トートートトト」の第2弾があるなら、ぜひ見てみたいですね。
しかも、こんな楽しい企画が実行できるなんて、ちょっとうらやましいです。

この記事を書くのに参考にしたサイト

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ