洗濯機まわりの異臭トラブル、その原因と解決法

今すぐ解決したい、洗濯機まわりの臭い

洗濯機まわりの臭い洗濯機のまわりから嫌な臭いがしていると、せっかく洗濯しているにも関わらず、洗った洋服にも臭いが染みつくのでは? と心配になってしまいます。衣服やタオル、直接肌に触れるものを洗うのですから、洗濯機は、なるべく清潔な状態を保っていたいですよね。

もし、洗濯機周辺で嫌な臭いを感じたとします。その臭いのもとは、何を思い浮かべますか?
臭いのもとになっているものによって対処法が異なりますので、臭いの原因がどこにあるのかを突き止めることが、トラブル解消の鍵となってきます。

臭いの原因を特定しましょう

臭いの原因を特定しましょう洗濯機の排水口部分(洗濯機に隠れて見えない場合もありますが)と、洗面化粧台の下にある収納スペースの両方に鼻を近づけてみて、臭いを確認してください。
もし、収納スペース内が臭っていれば、原因は洗面台につながる排水口とパイプの連結部分に隙間があり、そこから下水の臭いが上がっていると推測できます。
一方、洗濯機のほうから強い臭気が感じられる場合は、洗濯機の排水口が原因の可能性が高いといえます。
臭いを解消するために、各ケースに応じた対策を講じていきましょう。

洗濯機の排水口が臭う原因とは?

洗濯機の排水口が臭う原因とは?キッチンやお風呂、洗面台など多くの排水管には「排水トラップ」が設置されています。
この排水トラップは、下水道からのぼってくる臭いや害虫の侵入などを防ぐ役割があります。

キッチンや洗面台の場合、排水管を見るとS字やP字に曲がっています。そこに水が溜まることで下水の臭いを防いでいます。
お風呂や洗濯機の排水トラップは、お椀型の器具を排水口にセットし、水の壁をつくりだすことで下水の臭いが屋内に侵入するのを防いでいます。

では、排水トラップが設置されているのに、排水口から臭いがするのは何故でしょうか。
原因は、次の2つが考えられます。

排水トラップが正常にセットされていない場合

掃除の際などに取り外した後正しく元の状態に戻せていなかったり、元々は設置されていたにも関わらず前の住人が取り外してしまっていたというケースが考えられます。
排水トラップがない限り、どれだけ排水口のまわりを掃除しても下水から上がってくる臭いを止められません。また、取り付けられていても正常にセットされていなければ、設置していないと同じことになってしまいます。

排水トラップに汚れがたまり、排水の流れが悪くなっている場合

排水トラップこそ正常についているものの、汚れがトラップにたまり排水の流れが悪くなっている場合も、臭いを防ぐことはできません。
排水の流れが悪くなってしまうと、洗濯機の受け皿としての役割を果たす「排水パン」に水がたまってしまう事があります。
この状態が続くと排水トラップの汚れから発生した臭いだけでなく、排水パンにたまった水に黒カビなどが発生してしまうのです。とくに夏場など暑い時期には、異臭の原因となることがありますので、注意してください。

排水トラップが設置されていない時は

排水口の臭いを防ぐためには一方、排水トラップが設置されていない場合は、新たに取り付ける必要があります。
床の穴に排水ホースを差し込んでいるだけの場合、排水トラップを取りつけるために排水口部分を加工する工事が必要となり、個人で対応するのは難しくなります。
このような場合は、専門業者に取り付けを依頼することをご検討ください。
また、排水パンがない場合に、排水が詰まってしまうと水漏れにより床を傷めてしまう可能性があります。
排水トラップだけでなく排水パンも設置することをお薦めします。

排水口の臭いを防ぐためには

排水トラップが正しく取り付けられていない、もしくは付いていても汚れが蓄積しているという状況であれば、トラップの適切な取り付けと掃除をすることで臭いはなくなります。
排水ホースに汚れが溜まっていることもあるので、排水トラップを掃除する時には、ホースとあわせて掃除したほうがよいでしょう。

洗濯機自体に臭いトラブルの原因がある場合

続いては、洗濯機自体になんらかの原因があって、臭いが発生しているケースについてご説明しましょう。

洗濯物を長時間入れっぱなしにしない

洗濯槽せっかく洗濯したタオルや衣類が「臭い!」と感じた経験はありませんか?
洗濯機から臭いが発生する理由として一番多いのは、洗濯槽自体が臭っているケースです。
いつも濡れてジメジメした洗濯機の中は、雑菌が繁殖しやすい環境です。
湿度以外にも、溶け残った洗剤や衣類から出たほこり、皮脂など雑菌のエサになるものもたくさん! 使い方によっては、これらをエサに、洗濯槽の中にカビや雑菌が繁殖してしまいます。

とくに、洗濯が終了した後、濡れた洋服を洗濯槽に長時間入れっぱなしにしないよう気をつけてください。
カビや雑菌が発生する原因となりますので、洗濯物はできる限り早く取り出すようにしましょう。

また、「数日分の服を洗濯槽にためてから洗濯する」という習慣がある方も要注意です。
汗や洗濯機に残っていた水分などで服が濡れていると、洗濯槽の中で雑菌が繁殖することもあります。洗濯機の蓋を開けて臭いがするようでしたら、洗濯槽のカビや汚れを落とす専用の洗剤を使用してください。

「洗剤を使っているから洗濯機は清潔」は誤解!?

「洗剤を使っているから洗濯機は清潔」は誤解洗濯槽の裏側も排水ホースの中も、普段は目に見えるものではありません。
いつも洗濯用洗剤を使って洗っているのだから、という安心感を感じられるかもしれませんが、洗剤を使っているから安心、というのは、まったくの誤解。洗剤や石けんのカスは、排水口にたまりやすい汚れのひとつです。
きちんと溶けきらなかった粉末洗剤が、塊になって残ってしまうこともありますし、粘度の高い液体洗剤が、ふちにこびりついていることもあります。
洗剤が混ざった水は、普通の水道水と比べて粘りが強くて流れにくく、油断すると臭いや詰まりなどトラブルを招くことがあります。
いつも洗剤を使って洗っているからといって、メンテナンスをしなくてもよいということにはならないのです。
浴槽用の洗浄剤などもありますので、定期的に槽洗浄を行なうようにすることで、臭いのトラブルを防ぐことができます。

定期的に洗濯槽や排水トラップを掃除することで、臭いや詰まりといったトラブルを未然に防ぐことに繋がります。今まで洗濯槽や排水トラップを掃除したことがなかったという方は、ぜひお掃除をしてみてください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。