洗濯機の防水パンを修理・交換する際の流れ・価格とは? 取り外しから取り付けまで解説!

防水パンってどんなパン?

防水パンと洗濯機今回は、防水パンにまつわるトラブルや、交換の流れなどについて、ご紹介します。
パンはパンでも、洗濯機の下に設置されている、排水口のついたトレイのことを『防水パン』といいます。洗濯機の設置場所に備えられているので、洗濯機用防水パン、洗濯パンなどとも呼びます。集合住宅をはじめ多くのご家庭で使われているので、ご覧になったこともあるのではないでしょうか。
防水パンの役割は、もちろん名前が示す通り、「水漏れを防ぐこと」にあります。
何らかのトラブルで、洗濯機が水漏れを起こしたとき、あふれた水がすべて床に流れてしまうと大変ですよね。床も傷みますし、大切な家財を損なってしまうおそれがあります。
さらに集合住宅の場合は、床下漏水が起こり、階下にお住いのご家庭にも被害を与えてしまう危険も考えられます。漏水時に防水パンが「受け皿」となることで、こうした被害を食い止めているのです。

とはいえ、最近の洗濯機は性能がよく、詰まりなどのトラブルが起きたときには自動的に運転をストップするようになっているので、実際に水漏れが起こることは昔と比べて少なくなっています。
また、防水パンの大きさによっては、設置できる洗濯機のサイズが限られます。そのため、デザイン性を重視した新しいマンションなどの場合、あえて防水パンを設置せず、洗濯機を床に直接置き、排水ホースを排水口に直接つなぐというスタイルの住宅も増えてきました。
必ず設置されていなければならないものではありませんが、「もしも水漏れが起きたら」を考えるとやっぱり洗濯パンを使いたいという方も多いのでは?
防水パンの構造、そして、異常がみつかったときの対処、交換の流れなどをご紹介していきます。

意外と複雑な、防水パンの構造

防水パンそもそも、防水パンが壊れたときはどうすればいいの?
自分で買ってきて取り換えればいいの?

――その質問に対する答えは、
ずばり、「×(バツ)」です。

水まわりの専門的な知識やご経験のない方に、自力の交換はお勧めできません。
一見すると防水パンの構造は単純で、ボルトさえ外せば、手でカパッと外せそうに見えるかもしれません。
しかし、防水パンの裏側には排水トラップというパーツ、さらには下水につながる排水管がつながっています。
これらを安全に取り外し、さらに、将来にわたって水漏れが起こらないように再び接続するのは慎重を要する作業。のちのトラブルを防ぐためにも、防水パンを取り付ける場合は、水回りのプロに依頼するのがベストです。
では、どういうときに防水パンを交換しなければならないのでしょうか?

防水パンの交換が必要な場合

ドラム式洗濯乾燥機

破損・故障による交換

まず考えられるのは防水パンが故障した場合です。

とはいえ、水に強い樹脂、強化プラスチックなどでできた防水パンはとても丈夫なので、頻繁に壊れるようなものではありません。ただし、引っ越しの際に誤って重いものを上に置いてしまったり、踏んでしまったり、洗濯機が乗った状態で無理やり動かしたりすると、割れてしまうことがあるようです。防水が割れたり欠けたりした防水パンを部分的に修理することはできませんので、新しいものと交換することになります。

ドラム式洗濯機に替えた場合

万が一洗濯機が詰まりなどのトラブルを起こした際に、洗濯機を持ち上げて排水口を確認することがあります。
しかし、近年増えてきたドラム式洗濯機は、サイズが大きく重量も重いため、動かすには複数人の手が必要です。
そこで、メンテナンスがしやすいように、「高さのある防水パン」を使うケースがあります。これを使うことで洗濯機の下の隙間が大きくなるので、洗濯機を動かすことなく洗濯機の下に手を入れることができるわけです。ただし、高さのある防水パンを使うことで洗濯機自体が高くなるため、洗濯機の専用蛇口が邪魔になりうまく設置できない、といったケースもあるので注意が必要です。もしサイズが合わなかった場合、洗濯機自体を選びなおすか、洗濯機用蛇口の設置場所を変える工事が必要になります。
また、一般的な縦型の洗濯機に比べると、ドラム式洗濯機は大型の製品が多い傾向があります。買い換えたまではよかったものの、そもそもサイズの大きなドラム式洗濯機を置くだけのスペースがない、ということもあり得るので、ドラム式洗濯機に買い替えるときには、あらかじめ寸法をチェックしましょう。

防水パンの交換の流れ

工具先ほども説明した通り、防水パンの交換は基本的にプロにお任せいただく工程です。弊社もご依頼いただくことがございますので、弊社の場合を例にご紹介します。
まずは、スタッフがお伺いして防水パンのサイズ、規格を確認します。
そして、その場に最適な、新しい防水パンを手配いたします。
今まで使用していた古い防水パンを取り外し、新しいものの取り付けを行います。

クラシアンでは、洗濯機の防水パンの工事費用は2万円からとなっております。
防水パンの下にある排水管の構造により費用が変化する可能性があります。また、材料費は部品によってさまざまですが、安いもので数千円ほど、高いものでは2~3万円ほどになるものもあります。

防水パンにまつわるあれこれ

洗濯機置き場の排水口最後に、これまでにいただいた洗濯機に関する質問の中から、防水パンに関連するものを、いくつかご紹介させていただきます。

洗濯機を使用する際の異常

ときどき、「洗濯機を使うたびに、異常に振動している気がする」というご意見をいただくことがあります。
このような場合、洗濯機自体が傾いていることが原因となっています。おそらく、洗濯機を設置している場所(地面・床など)に傾斜がある可能性が考えられます。
本体が傾いている場合、水平になるように調整が必要です。たとえば、防水パンの下に市販の洗濯機用免震ゴムなどを置き、水平を保てば、異常な振動を解決することができるでしょう。
製品によっては、調節脚を回して足の高さを調整することが可能な場合もありますので、お使いの製品をご確認ください。

洗濯機の買い替え時の注意

次に、洗濯機を買い替えるとき、同じ防水パンを使っても大丈夫? というご質問も、よくあるご質問の一つです。もちろん、防水パンと比べて明らかにサイズが大きい洗濯機は置けませんが、それ以外は基本的に同じ防水パンを使用します。

新しい洗濯機が届いたら、本体の排水ホースを排水口に接続します。もし、ご家庭で排水ホースを防水パンと接続する場合は、慎重に行ってください。
ホースが洗濯機本体よりも高い位置にきてしまうと、排水がうまく流れずエラーが発生する原因となります。

また、邪魔だからといって、ホースをギリギリまで短く切りすぎると、別の家に引っ越したとき、備え付けの防水パンの排水口までホースが届かないということもあり得るので、少し余裕を持って切るとよいでしょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。