洗濯機の排水口が詰まったときの原因とその対処方法とは?

思っているより詰まりやすい洗濯機の排水口!! その原因は?

思っているより詰まりやすい洗濯機の排水口!! その原因は?今回は、洗濯機の排水口の詰まりの原因と、その対処法をご紹介してまいります。
キッチンの排水口が詰まったという話はよく聞きますが、それに比べると、洗濯機の排水口を詰まらせた経験をお持ちの方は、あまりいらっしゃらないかもしれません。
ドラム式やタテ型、乾燥機能のついたタイプなど、機種によっても異なりますが、洗濯機の使用水量は洗濯物の重量に比例して増え、大量の水を使用しています。
排水口が詰まってしまうと、洗濯機が使用できなくなったり、大量の水が溢れたり、家財の破損や住宅トラブルにつながりかねません。
そのため、一般的に、洗濯機は排水口がついた四角い受け皿のような『排水パン』と呼ばれる器具の上に設置されているため、水が排水口から溢れ出しても排水パンが受け皿となってくれます。

洗濯機から出る排水には洗剤や柔軟剤などが含まれています。そこに衣服に付着していた汚れや糸くずなどが加わることで、ドロドロしたものに変わります。
一度に出る汚れは目立たなくても、日々の蓄積が排水を妨げる原因になります。
では、洗濯機の排水口を詰まらせないためには、どのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか?

 

衣類に付いたほこりやペットの毛などに要注意!

衣類に付いたほこりやペットの毛などに要注意!洗濯機の排水口の詰まりを引き起こす主な原因として、衣類の綿ほこりや毛髪、そして、ペットの毛などがあります。
犬や猫などの毛が付着した衣服をそのまま洗濯してしまう方もいらっしゃいますが、その習慣が積み重なった結果、排水管やトラップに毛がたまり、排水口を詰まらせてしまうこともあるのです。
とくに毛の長い種類のペットを飼われている方は、注意が必要なポイントです。
衣類用の粘着テープやクリーナーを使って、あらかじめ、汚れを取ってから洗濯機に入れるなどの工夫をすると良いでしょう。

ほかに注意しておきたいものに、ポケットティッシュなどの紙ゴミがあります。
うっかりポケットにティッシュを入れたまま服を洗濯機に入れてしまい、洗濯物が紙くずまみれになってしまった、という経験はないでしょうか。
トイレットペーパーと違って、ティッシュペーパーは水に溶けません。細かく砕けた紙が排水にまざって流れ出て、排水管にこびりついたり、絡まり合って水の流れを妨げてしまったりすることもあります。
洗濯の前にポケットの中までよくチェックする習慣をつけておきましょう。

排水パンに水がたまっていたら、洗濯機の排水口が詰まっているサインです。
そんなときは、排水の流れを改善するために、次のような対処を行う必要があります。

 

排水口の詰まりを自分で解決するには?

排水口の詰まりを自分で解決するには?洗濯機の排水口が詰まってしまう要因には、汚れが蓄積していたりする場合と、洗濯機そのものに問題があるケースがあります。

まず、排水口の詰まりの原因を確認するのですが、その確認作業は、以下のような手順となります。

  1. 排水口を確認するため、排水口に繋がれた排水用の「蛇腹ホース」を取り外す。
  2. 「排水トラップ」を取り外す。
  3. 取り外した排水トラップが汚れで詰まっていたら水洗いする。
  4. 上記(1)~(2)で、外したパーツを再び取り付ける。

洗濯機用の排水トラップは、特別な工具がなくても取り外しできるものが大半です
上記のチェック作業には、難しい操作や特別な工具などは必要ありません。少し手間をかけるだけで排水口の詰まりを確認できるので、定期的に行うことをおすすめします。

ちなみに、「排水トラップ」とは、排水経路の途中に水をためておく装置のことをいいます。この水は封水(ふうすい)と呼ばれ、下水道からのぼってくる臭いや害虫などを防ぐフタのような役割を果たしています。
排水トラップは、キッチンや浴室、洗面台など洗濯機置き場以外にも設置されています。
たとえば、洗面台の下にあるS字型にカーブした配管を想像していただくとわかりやすいでしょう。このタイプの場合、配管のカーブした部分に封水があり、悪臭や虫の侵入を防いでいます。

 

プロに相談したほうが早いことも

プロに相談したほうが早いことも洗濯機の詰まりトラブルのほとんどは、排水トラップを外すことで対処することができるでしょう。しかし、中には洗濯機用排水パンが設置されていないタイプだったり、排水トラップが設置されていなかったり、配管のさらに奥の方に排水トラップが存在するというケースもあります。

ほかには、排水口が洗濯機に隠れて見えないこともあります。その場合は、洗濯機を一度取り外してから排水口を調べる必要がでてきます。
このように洗濯機の移動が必要な場合には、個人での対応が難しくなります。
二層式洗濯機など比較的軽量の洗濯機なら、大人ひとりで持ち上げることも不可能ではありませんが、ドラム式洗濯機のように大型のものは、複数人でなければ動かすのは難しいでしょう。
無理に動かそうとすると、転倒や家財の破損の恐れがあり、とても危険です。
もし、洗濯機を動かす作業を伴う場合には、無理をせず、弊社をはじめ専門業者への依頼をご一考ください。

ちなみに、弊社が洗濯機の排水口の洗浄を行う料金は、一人で移動できる洗濯機の場合は8,000円(税別)。ドラム式洗濯乾燥機などの大型のものは、二人以上でお伺いするため、1万8,000円(税別)となっております。ご依頼の際の目安にしてみてください。

 

排水口の詰まり以外には洗濯機自体が原因になることも

排水口の詰まり以外には洗濯機自体が原因になることも排水口の詰まり以外では、洗濯機自体の故障が原因となっていることがあります。
こうした洗濯機の故障は、弊社のような水道修理業者が対応できる範囲外となり、ご利用の製品のメーカーに、直接お問い合わせいただくことをお願いしています。

このとき、製造年数が比較的新しい洗濯機をお使いであれば、洗濯機にトラブルが発生していると、操作画面にエラー表示が点灯します。
その表示内容から故障内容がある程度判断できますので、各メーカーへ連絡する際は表示内容を伝えるとスムーズに処理が進むはずです。

万が一、トラブルの原因が排水口の詰まりなのか、洗濯機の故障かが判断できない場合は、一度弊社にご相談ください。スタッフが原因を調査した上で、詰まり改善の処置を施すか、メーカーへのご依頼が必要なトラブルか、お知らせいたします。

 

洗濯機の排水口をつまらせない普段の生活習慣

洗濯機の排水口をつまらせない普段の生活習慣ここまで説明した内容で、状況に応じて対処すれば、洗濯機の排水口の詰まりは解決できるでしょう。
しかし、できることなら最初から排水口が詰まらないよう、安全に使い続けられるのがベストです。

少し面倒に感じられるかもしれませんが、服を脱いだら、付着した汚れやゴミなどを取り除いてから洗濯機に入れるようにすれば、詰まりの進行を軽減できるはず。
毛髪やほこりなどが室内にたまらないよう、こまめに掃除をするのもひとつの方法でしょう。

あとは、基本的なことですが、洗濯機に取り付けられたゴミ受けネットやフィルターを定期的に清掃するのも効果的です。
せっかく取り付けていても、長らく洗わないまま使い続けていると汚れがたまってしまい、ゴミ取りの効果がなくなってしまっていることがあるので、注意しておきましょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。