洗濯機の取り付け・取り外しの手順と費用について

洗濯機の設置と給排水の接続は、自分でできる?

洗濯機の交換、自分でできる?洗濯機の交換は一般的に業者に依頼することが多いですが、なかにはご家庭で取り付けをする方もいらっしゃいます。通常の全自動洗濯機の場合、洗濯機を持ち上げる力があれば、自力で交換することは可能です。

洗濯機の移設時に気を配る重要なポイントは、「輸送用の固定ボルトは必ずはずす」ということです。

実は、ドラム式洗濯機の背面には、輸送時の振動で洗濯槽が破損することを防ぐ固定用のボルトが取りつけられています。うっかりボルトを外すのを忘れたまま洗濯を始めてしまうと、回転する洗濯槽にボルトが接触して洗濯槽が傷ついてしまったり、うまく回転しないといったトラブルが発生してしまいす。

ボルトの外し方は洗濯機の説明書等に書いてありますので、それに従って必ず取り外しましょう。

 

洗濯機の取り付け手順

洗濯機の取り付け手順洗濯機の重さによる問題をクリアできれば、洗濯機の取り付け・取り外しは、思っているよりは簡単に行えます。

引っ越しなどで新しく洗濯機を購入した場合、大抵は業者が設置作業まで行ってくれます。取り付け手順は以下の通りですが、設置業者によっては、給排水の接続を水道工事店に依頼する場合があります。

  1. 洗濯機を所定の位置に置く
  2. 排水ホースを排水口とつなぐ(エルボが必要な場合あり)
  3. 水平確認を取り、アース線を取り付ける
  4. 給水ホースを洗濯機と、蛇口に取り付ける

細かな部分では設備によって差異が出ますが、おおむね上記のような手順で洗濯機を取り付けることができます。

 

洗濯機の取り外し方法と水抜きについて

洗濯機の取り外し方法と水抜きについて続いては、取り外し作業の説明に移りますが、基本的には取り付けとは逆の手順で作業を行います。また、取り外しの時のみ発生する作業として「水抜き」があります。水抜きはとても重要な作業で、これを行わないとホースの取り外し時や運搬時に辺りを水浸しにしてしまいます。

水抜きの手順は次の通りです。

・給水ホースの水抜き
水道から洗濯機に水が出ないよう給水栓(蛇口)を締めたら、洗濯機の中が空の状態でふたを閉め、洗濯機のスタートボタンを押します。10秒~2分程度待ち給水ホースの水抜きができたら停止します。待ち時間はメーカーによってそれぞれ異なりますので、説明書を参考にしてください。

・排水ホースの水抜き
脱水を選択して作動させることで洗濯機内の水を排水します。

・給水ホースと排水ホースの取り外し
電源を切って給水ホースを外し、ホース内に残っている水を捨てます。タオルで洗濯機内部に付着している水分をふき取ります。あとは排水ホースを排水口からとり外します。

作業自体は難しくはありませんが、洗濯機の真下に排水口がある場合などは作業中に洗濯機本体を支える必要があります。傾けて倒してしまうと故障や怪我に繋がりますので、自信がない人は無理をするのはやめましょう。

 

ドラム式洗濯機の設置は、ぜひプロの手で

ドラム式洗濯機の設置は、ぜひプロの手でドラム式洗濯機の場合、それほど簡単に設置することはできません。これは非常に重く、一人で持ち上げることは至難の業と言えるからです。

プロの業者が設置を行う場合にも、必ず二人一組で作業を行っています。ご家庭で無理に設置しようとすると、洗濯機側面をへこませたり、落として洗濯機を壊したり、最悪の場合大けがにつながる危険性もあります。

こうしたトラブルを避けるためにも、ドラム式洗濯機の設置はぜひ専門業者にご相談ください。

 

プロに洗濯機設置を依頼した場合の費用

クラシアンの洗濯機設置料金(給排水接続込み)

  • 全自動式・二層式の場合   作業料金 8,000円(税別)
  • ドラム式の場合       作業料金18,000円(税別)※作業員2名
  • 古い洗濯機の処分費          3,000円(税別)

なお、洗濯機を交換するタイミングといえば、引越しするときが多いと思いますが、私たちも引越し業者から洗濯機の設置作業を依頼されることはよくあります。
弊社は日本全国に拠点があり、日本中どこでもプロのスタッフが責任をもって作業にあたっています。皆さんが遠方に引っ越される場合も、各地域のスタッフが取り外し・取り付けをそれぞれしっかり対応致しますので、どうかご安心ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ