洗面所まわりからの異臭トラブル。その原因と解決法とは

洗面所の臭いトラブルは出所を突き止めるのが肝心

歯を磨いたり、顔を洗ったり、お化粧をしたり。毎日使う洗面所は、私たちにとって、身だしなみを整え、きれいにするために欠かせない場所です。
それだけに、洗面所から変な臭いがするとなると、とても不快で気になりますね。

洗面所から悪臭がするというと、洗面台に原因があるのでは? と、考えがちですが、実際は、洗面台のほかにも臭いを放つ要因はいろいろあります。
そこで、まずは臭いの出所がどこなのかを突き止めることが必要です。

洗面台以外に考えられる原因として、例えば、洗濯機があります。
洗濯機は日々、水を使うものです。そのため、湿気が溜まりやすく、カビや細菌による臭い、汚れやゴミの蓄積による臭いなどがあります。

洗面所と洗濯場が隣り合わせ、あるいは同じ空間にある住宅が多いので、臭いの元も、洗面台だけではなく洗濯機である可能性もあるのです。
洗濯機から臭いがする場合については、別の記事で詳細を解説しております。ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください。
⇒洗濯機まわりの異臭トラブル、その原因と解決法

それでは、洗面台の方から臭いを感じた場合、その異臭が起きている原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

洗面台が原因で起こる、洗面所の臭いトラブル

洗面所で出た排水は、住宅内の他の場所から排出された水と合流し、敷地外の下水道へと流れていきます。もし、排水口部分に隙間があると、下水の臭いが排水管を上って、室内に入り込んでしまうのです。
そのため、洗面所で異臭を感じたときの臭いの出所は、上の洗面ボウルではなく、実はその下にある排水パイプや排水管の部分にあることが多いのです。

洗面台が臭う3つの原因
  1. 排水管とパイプの接続部分の異常
  2. 排水トラップの封水が蒸発
  3. パイプの破損や汚れ

次の項目では、洗面台の臭いトラブルを、それぞれの発生要因と対処方法についてくわしくご紹介します。

排水管とパイプをつなぐ部分から異臭がしたら?

排水管とパイプをつなぐ部分から異臭がしたら?

洗既成の洗面化粧台の多くは、洗面ボウルの下が収納スペースになっており、そこには排水のためのパイプやホースが設置されています。このパイプは、さらに、洗面所の床や壁を通って外の下水につながる排水管に接続されます。

洗収納スペースの扉を開けて強い臭いを感じたら、悪臭の原因は、洗面所の排水口にある、ということになります。ここでいう排水口とは、洗面ボウルの底についている穴ではなく、そこから下を通る排水パイプと、収納スペースの底や壁に埋め込まれた排水管につながっている部分のことを指します。

防臭パッキンの交換で、悪臭をブロック!

洗面台のパイプと、壁・床につながる排水管の接続部分には、隙間を埋める『防臭パッキン』と呼ばれるものが取り付けられています。
しかし、経年劣化や何らかの事情で、防臭パッキンがずれたり、破損したり、隙間ができてしまうことがあります。すると、その隙間から臭気が漏れ、室内まで下水の臭いが入り込むことがあります。
こうした場合は防臭パッキンを購入し、つけかえ修理をすれば臭いを防止できます。

洗防臭パッキンの交換は、パイプが樹脂製の場合であれば、比較的簡単に交換できます。ただし、金属製のパイプの場合は、専門知識・経験がないと難しいので、専門業者に相談することをお勧めします。

ちなみに、応急処置として粘土状のパテで隙間を埋める、という手段もありますが、完全に防臭できるわけではありません。こちらは、あくまで一時的な措置としてお考えください。

パイプが原因でおこる臭いのトラブル

パイプが原因でおこる臭いのトラブル

洗防臭パッキンに異常がなく、排水トラップに封水がきちんと溜まっている状態なのに臭いがするとしたら、排水口よりも上(室内側)に問題があると考えられます。

例えば、パイプ自体が破損している場合。
洗面台の下にある収納スペースを開けると、排水ホース・パイプが見える状態になっている場合が多いと思います。時間がたって劣化する場合の他に、無理に物を詰め込んだり、尖ったものがぶつかったりしてホースが破損してしまうことがあります。
ホースにヒビが入っていたり、穴が開いていたりすると、そこから水が漏れ、カビや細菌が繁殖して臭いの原因になることがあります。
また、排水トラップより下(排水管側)が破損していると、下水の臭いが漏れてしまいます。

破損した排水パイプを交換

排水ホースやパイプが破損している場合、新しいものに交換します。
応急処置として、破損した箇所を水漏れ対策用の防水性の補修テープでふさぐという方法もありますが、オススメできません。
単に穴を塞いだだけでは、根本的な解決になりません。パイプ自体が劣化している場合、別の場所にすぐまた同じような穴があいてしまう危険性がありますので、パイプを交換する方が将来的にも安心です。

封水が蒸発してしまうと、下水の臭いが上がってきてしまう

収納スペース内のパイプは、S字型に曲がっていたり、くるりと一回転したりしています。
この構造は、「排水トラップ」と呼ばれ、排水管の奥から臭いや虫などが上がってくるのを防ぐために、洗面所にかぎらず、排水まわりによく見られる仕組みです。
このパイプが曲がった部分には、封水(ふうすい)と呼ばれる、臭気を止めるための水が、常に一定量溜まるようになっています。通常は、この排水トラップのおかげで、洗面ボウルの上まで下水の臭いが上がってくることはありません。
しかし、賃貸住宅などで入居者がいない状態が続いていたり、夏場に長期間旅行に出かけたりすると、前述の封水が蒸発してなくなってしまうことがあります。
その場合、臭気を防ぐものがなくなり、直接、室内まで下水の臭いが上がってきてしまうのです。

封水が蒸発してしまった場合の悪臭対策

もしも、引っ越したばかりの時や、長期に渡って家を空けていた後に、洗面所が臭っていると感じたら、まずは水をしばらく流してみてください。
新しい封水が溜まることで、臭いがなくなるはずです。

洗面所の異臭対策は日々のメンテナンスが重要

洗面所の異臭防止策は日々のメンテナンスが重要

キッチンや浴槽ほどではないにせよ、洗顔や歯磨きなど、洗面所では日々たくさんの水を使用しています。毛髪や石鹸カス、垢などが蓄積されると、臭いや詰まりなどのトラブルを招くことがあります。
臭いや詰まりなどのトラブルが深刻にならないためには、「普段からこまめに掃除を行い、定期的な点検を心がけること」が一番重要です。
正しい習慣をつけるだけで、トラブルを未然に防ぎ、修理や交換にかかる費用を節約することもできます。
それでも生じてしまったら、臭い始めた時点でなるべく早めに正しい対処を行うよう心がけてください。そして、トラブルが解消したあとに、定期的なメンテナンスを継続することも大切です。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。