洗面所まわりの水漏れ原因と修理方法・費用について

洗面所で水漏れ……その原因は?

洗面所から水漏れが発生した場合、どの部分から水漏れが起きているかで、その後の対処法が変わってきます。
まずは、どこから漏水しているかを確認しましょう。
洗面所の漏水箇所として考えられるのは、大きく分けて次の2つの原因があります。

  • 蛇口からの水漏れ
  • 給排水設備からの水漏れ

蛇口からの水漏れ事例

蛇口からの水漏れ事例まず、蛇口からの水漏れについて解説していきます。
症状はいくつかあり、「蛇口の先の部分から水が漏れている」、「開閉レバー(またはハンドル)の付け根の部分から漏れている」ケースに分けられます。
蛇口がハンドル式か、レバー式かによって対処方法が違うため、注意が必要です。

レバー式蛇口の吐水口から水漏れ

レバー式蛇口を使っていて、レバーを締めたのに吐水口(先端部分)からぽたぽた水が垂れ続けていることがあります。これは、蛇口の中にあるバルブ部「カートリッジ」と呼ばれる部品が劣化している、または破損していることが主な原因です。

→対処法
この場合、たとえ漏れている水が少量でも、放置しておくと事態が悪化してしまう可能性があるので、早めに対処しましょう。
ただし、レバー式の蛇口はハンドル式と比べて構造が複雑なので、水道修理の経験や専門知識がない方が修理を行うのは困難です。
弊社にいただくご依頼にも、「水漏れを直そうと蛇口を分解したが、元に戻せなくなった」と、ご相談いただくケースがございますので、無理せず専門業者にご相談ください。

水漏れの勢いが強い場合、水道業者が到着するまでの間に水が出しっぱなしの状態ではもったいないので、止水栓を閉めて水を止めておくことをおすすめします。
洗面所の止水栓は、洗面ボウル下の収納スペース内にあることが多いので、これを締めればOKです。
ただし、住宅によっては洗面所専用の止水栓がない場合もありますので、このときは水道メーターの横にある水道の元栓を締めてください。そうすれば、家全体の水道を同時に止めることができます。

とはいえ、大量の水がいきなり出っぱなしになると余裕を持って行動するのは難しいものです。
判断に悩んだときは迷わず水道業者にご連絡ください。
お電話で応急処置をお伝えしたうえで、迅速に駆けつけ修理を行います。

意外と気づかない、レバー付け根部分からの水漏れ

蛇口先端から水が漏れているケースは、発生すれば目で見てわかるため、皆さんも比較的速やかに対処できると思いますが、意外と長期間気付かずに放置されるタイプの水漏れもあります。

それは、レバーの付け根の部分から水がじわじわ漏れているというパターンで、吐水口からの水漏れと同じく蛇口の中にあるバルブ部「カートリッジ」が劣化、または破損していることが主な原因です。
蛇口は水を出したり止めたりする水栓器具です。
そのため、蛇口が水で濡れていたとしても、それが水漏れであることに気づきにくいことがあります。

ハンドル式蛇口の水漏れは、自宅での対応も可能

ハンドル式の蛇口の場合も、吐水口や、ハンドルの付け根部分から水漏れすることがありますが、レバー式蛇口と比べて構造が単純なので、自信がある人なら自分で修理をすることも可能です。

CASE1:吐水口から漏水

コマパッキン(ケレップ)の交換をすれば、水漏れを改善できます。

CASE2:ハンドルの付け根から水漏れ

ハンドルの上部(三角)パッキン、または水栓上部を交換すれば、水漏れは解消できます。

いずれの部品もホームセンターなどで購入することができます。
一点だけ気を付けていただきたいのが、「必ず元栓を止めてから作業を行う」こと。
これを怠ると大量の水が噴き出して水浸しになってしまいます。
少しでも不安があれば、専門業者をお呼びいただいたほうが無難です。

洗面所の蛇口修理にかかる費用は?

ハンドル式・レバー式を問わず、弊社では洗面台用蛇口の修理にかかる費用は、作業料金8,000円(税別)に交換する部品代が加算された金額となります。
ハンドル式蛇口の水栓上部の交換なら1,000円~2,000円ほどで、レバー式蛇口のカートリッジの交換も4,000円~1万円以内で収まることがほとんどです。
蛇口本体を交換する場合は、商品のグレードに左右されるため一概にはいえませんが、レバー式蛇口の場合、3万円~5万円前後が相場となっています。

給排水設備からの水漏れによる対処法と費用

給排水設備からの水漏れによる対処法と費用蛇口からの水漏れと比べると、配管からの水漏れは早期に気付くのが難しいため厄介です。
まず、給排水設備のどの部分が水漏れしているのかを確認することから始めてください。

給水設備では、水の開け閉めや水量を調整するための「止水栓」や、蛇口まで水を送る「給水管」から水漏れが発生する場合があります。
主な原因は、給水管の接続部分についているパッキンの劣化か、止水栓からの水漏れの可能性があります。
水漏れを修理するには専用の工具や水まわりの知識が必要となるため、個人で修理を施すのは難しいといえるでしょう。

また、排水設備の水漏れも注意が必要です。
排水設備の水漏れは、排水栓や排水トラップの接続部分にあるパッキンの劣化が主な原因です。
排水部品にも様々な種類があるのでご家庭では部品選びだけでもひと苦労でしょう。
失敗しないためにも専門業者に依頼することをおすすめします。

給排水設備の交換修理を弊社にご依頼いただく場合、作業料金8,000円(税別)に、部品代が加算された金額となります。
一般的な部品代の相場は、止水栓を交換する場合は2,000円~4,000円ほど。排水設備を交換する場合は、2,000円~1万円ほどとなっているようです。

油断すると危ない、洗面所の水漏れトラブル

洗面所の水漏れトラブルは早めに対処すれば被害を最小限に抑えることができます。
ただし、「洗面台の下のスペースで起こる水漏れはなかなか気付かない」という落とし穴もあります。

洗面台下のスペースは、日用品を保管するのに便利な場所ですよね。
皆さんのご自宅でも、ついたくさん物を置いてしまいがちな場所ではないでしょうか。
そのため、物の陰に隠れて給排水設備が見えなくなり、長い期間、水漏れに気付かないケースが少なくありません。
水漏れの進行から起こる床材の腐敗や異臭トラブル、シロアリなどの虫の発生を防ぐためにも、「洗面台下の収納スペースには物を置きすぎない」、そして「定期的に物を片付け掃除する」といった心がけが大切です。
給排水設備の周囲の見通しをよくし、定期的に水もれが起きていないかチェックすることで、トラブルの早期発見につながります。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。