洗面所の排水口が詰まる理由と詰まりにくくする方法

今すぐに解決したい、洗面台の排水口の詰まり

今すぐに解決したい、洗面台の排水口の詰まり洗面所でよくあるトラブルとして挙げられるのは、排水口のつまりです。

排水口がつまると、洗面ボウルに水が溜まってなかなか水がひかないことがあります。
最悪の場合、洗面ボウルからまったく水が流れないといった状態になってしまいます。

このような状態になってしまう前に、詰まりの原因を解消するにはどうしたら良いか、当記事でご紹介します。

まずチェックすべきは「ごみ受け」の詰まり

まずチェックすべきは「ごみ受け」の詰まり多くの洗面ボウルには、下水までごみが流れていかないよう、排水を流す穴の部分に、網状のごみ受け(ヘアキャッチャー)が取り付けてあります。
髪の毛や綿ごみなど、水に溶けない異物は、ここに引っかかるようにできています。

しかし、ごみ受けに多くのものが残っていると水の流れが阻害され、排水されなかった水が洗面ボウル内に溜まった状態になってしまいます。

特に、洗面台で髪を洗った後や拭き掃除に使用した雑巾を洗った後などは、髪や綿ぼこりなどがごみ受けに溜まりがち。
こまめにチェックすることで、詰まりを予防でき、清潔・快適に水まわりを使用できます。

「最近、水の流れが悪くなったな」と感じたときは、ごみ受けの掃除から始めてみてください。
洗面ボウルが原因の排水不良は、ごみ受けをキレイにすることで、すぐに水の通りがよくなります。

ごみ受けの次に考えられるのは「排水トラップ」の詰まり

ごみ受けの次に考えられるのは「排水トラップ」の詰まりごみ受けが詰まりの原因ではなかった場合、さらに下の排水トラップで詰まりが発生している可能性があります。

洗面台の排水管は、多くの場合、洗面ボウル下の収納スペース内に繋がっています。
排水パイプには、P字やS字、U字に曲がっている部分があります。
この曲がった部分に水が溜まることで、下水から上がってくる臭いや害虫の侵入を防ぐ役割を果たしています。
この構造、あるいは装置のことを、排水トラップと呼びます。

排水トラップは、防臭・防虫などの役割で大事なパーツですが、その反面、カーブの部分に異物が溜まりやすく、詰まりの原因になりやすい部分でもあります。

どのようなものが排水パイプの詰まりを引き起こすかというと、それは案外小さなもので、洗面ボウルに落としても気に留めない些細なものばかりです。
たとえば、ヘアピンや爪楊枝、カミソリのカバー、コンタクトレンズのケース。
ほかには、シャンプーやリンスなどの詰め替え用パウチの切れ端なども詰まりの原因になることがあります。

ヘアピンのような小さなものでも、排水トラップに引っかかると流れてくる髪の毛やほこりが絡みついて徐々に蓄積されていくと、やがて詰まりを発生させてしまうのです。

排水トラップの詰まりを解消するには

排水トラップの詰まりを解消するには排水トラップには、S字型やP字型、U字型などの形状があり、カーブ部分には、常に水がたまるような構造になっています。
この水(封水)は、外気を遮断し、外部からの侵入だけでなく内部からの流出を防ぐ役目などがあり、排水管には必須の構造ではあるといえます。

しかし、配水管の途中にある排水トラップには、その構造から汚れやゴミが溜まりやすく、パイプ詰まりの原因になることが多いのも事実です。
そのため、清掃のために開けられる構造になっていることが多く、排水トラップに詰まった汚れやごみは、ご家庭でも取り除くことができます。

排水トラップの接続部分のネジを外す

排水トラップの接続部分のキャップ型ネジを、反時計回しにひねって外しましょう。
ネジは多くの場合、工具を使用しなくても、手で回すことができます。
ネジを開くと、排水トラップに溜まった水がこぼれるので、必ず下に雑巾とバケツを置いておきましょう。
また、ネジが固く締っている場合もあるので、ゴム手袋の着用もオススメです。

排水トラップを取り外したら、中を洗う

排水トラップを取り外し、詰まっていた汚れやゴミなどを取り除きます。
指輪やイヤリングなどのアクセサリーを誤って洗面ボウルの排水口に落としてしまった場合、その後あまり水を流していなければ、排水トラップ内に残っていることもあります。

金属製の排水トラップの場合は、無理せず専門業者に任せましょう

金属製の排水トラップの場合は、無理せず専門業者に任せましょう以上の手順は、樹脂製の排水トラップの作業工程ですが、配管および排水トラップが金属でできているケースもあります。

金属製の排水トラップは樹脂製と違い、手で取り外すことができません。
金属製の管は、複数のモンキーレンチを使って取り外す必要がある上、古い配管の場合は金属が劣化していてパイプごと割れてしまう可能性もあります。

特に、排水トラップ部分に白い粉がふいていたり、茶色く変色していたりする場合は要注意です。
決して無理をせず、水まわりの専門業者に依頼しましょう。

排水口を詰まりにくくするためには?

こまめなごみ受けの掃除

洗面所の排水口の詰まり防止には、ごみ受けが付いている場合、定期的に掃除するのが一番です。
ごみ受けがない場合(洗面ボウルの穴に十字型の細い棒がはまっているだけの場合など)には、100円ショップなどで購入して取り付けることをオススメします。

市販のパイプ洗浄剤を流す

有効な手段のひとつで、薬品によっては髪の毛を溶かせるものもあるようです。
ただし、こうした薬品も「水が完全に詰まってから」では手遅れになってしまいます。
水が流れるうちに定期的に使えば、排水トラップでのごみ詰まりを防げる可能性が高まります。

洗面ボウルにお湯を張り一気に流す

薬品を使わない方法としては、定期的に洗面ボウルにお湯を目一杯に張って、一気に流すというのも効果があります。
なお、熱湯は陶器やパイプを痛めるので使用しないでください。
洗面所から出る程度の温度、50度以下がベストです。
洗面台の排水管は、内径も細く、汚れがたまりやすいという特性があるため、定期的に洗面ボウルいっぱいのお湯を何度か流すことを繰り返していれば、汚れによるつまりの防止に役立ちます。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。