洗面台(シャンプードレッサー)からの水漏れトラブルと対処法

知らない間に、シャワーホースから水漏れしていることも

知らない間に、シャワーホースから水漏れしていることもシャンプードレッサーを使う上で一番気を付けていただきたいのは「収納式ホースからの漏水」です。

ホースは、長期間利用していると劣化して亀裂が入り、水漏れを起こすことがあります。
しかし、シャンプードレッサーのホースは、ホースを伸ばして使用しているとシャワーヘッドから放出された水にまぎれてしまい、仮に水漏れしていても、漏水に気付かないケースがあります。

それに、収納式ホースは普段、洗面台の中に隠れているため、水漏れが起こっていても外からは見えません。
洗面台の下にある収納スペースは、洗剤をはじめ日用品の保管場所として使用されていることが多い場所です。そのため、水漏れが起き、奥の方が水に濡れていても、物陰に隠れてしまうと気づくまでに時間がかかってしまいます。

収納スペースに使われているベニヤ板は、多くの場合防水機能が備わっておらず、すぐに傷んでしまうことが多い素材です。
水漏れに気付かず放置してしまい、気が付いたときには仕切りや底板がすっかり腐ってしまっていた……といった事態も起こりえます。

最悪の場合、収納スペース下の床まで劣化し、階下まで浸水してしまうというケースも考えられます。
ご自身の家財を損なうというだけでなく、集合住宅なら深刻な住人トラブルに発展することもあるため、水漏れには十分な注意を払う必要があります。

シャワーホースからの水漏れ、対処のカギは早期発見!

シャワーホースからの水漏れ、対処のカギは早期発見!シャワーホースからの水漏れを早い段階で対処するためには、収納スペースにあまり物を置かないようにし、定期的に収納スペース内を見る習慣をつけることです。
こまめに中を見て、排水管や床が濡れていないかをチェックしましょう。

また、洗面台によってはシャワーホースを収納する「水受け」があります。
ホースから水漏れが発生している場合、いったんこの水受けに水がたまるようになっています。

つまり、「水受けの中は常に乾いている」のが通常ですので、水がたまっているときは、ホースの交換、もしくは蛇口の交換が必要となります。

蛇口からの水漏れ

蛇口からの水漏れシャワーホース以外の漏水箇所としては、蛇口自体が原因であることも考えられます。
レバーを閉じても蛇口の付け根や吐水口から漏水している場合、蛇口そのものにトラブルがあると考えられます。

こちらは収納式ホースと違い、常に目に見える場所にあるので、発見するのは難しくないはずです。
「最近、朝起きると誰も水を使っていないのに蛇口まわりが水で濡れている」といった場合は、水漏れが起こっている可能性を疑いましょう。

なお、従来から使われていたハンドル式(まわすタイプ)の蛇口の場合、パッキンを交換すれば水漏れを解消できますが、レバー式の蛇口はカートリッジの交換が必要です。
レバーの操作で水温や吐水量を操作する混合水栓や収納式のシャワーホースは、構造が複雑ですので、取り替え作業は専門業者にご相談ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。