ヒートショックを防げ!次の冬までには浴室リフォームを

入浴中の死亡事故は年間約1万7千人と交通事故の約3千5百人を大きく上回り(※)、大半が冬季に集中。入浴事故は特に高齢者に多く、その大きな原因となっているのがヒートショックです。ヒートショックとは家の中での急激な温度変化により血圧が急変動し、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすこと。ヒートショックを防ぎ安全に入浴する方法をご紹介します。
※東京都健康長寿医療センター研究所「高齢者の入浴中の急死に関する調査」/警察庁 道路の交通に関する統計「平成30年中の交通事故死者数について」による

ヒートショックによる事故を防ぐために気をつけるポイント

高齢者は血圧の急上昇が致命的な疾患につながりかねません。反対に血圧が急下降することでめまいや失神を起こし、転倒や溺死に至るケースも多くあります。
ヒートショックを起こさないために、入浴時は以下に注意しましょう。

入浴前に脱衣所や浴室を暖める

暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室に移動すると血圧が上がり、その後温かい湯に入ると血圧が下がります。この血圧の上下による体への負担を減らすために、脱衣所や浴室をあらかじめ暖めておきましょう。
高齢者は1番風呂を避け、浴室が暖まっている2番目以降に続けて入浴するのがおすすめです。

長湯を避け、湯温は41℃以下に

長湯をすると血圧が下がりすぎたり心臓に負担がかかったりするので、湯に浸かるのは10分までを目安にしましょう。ぬるめのお湯から入り、追い焚きして少しずつ湯温を上げると体への負担が減らせます。湯温は41℃以下が良いとされています。

浴槽から立ち上がる時は手すりを持ちゆっくりと

体に水圧がかかっている状態から急に立ち上がると、血圧が急降下して立ちくらみを起こすことがあります。手すりなどを持ち転倒を防ぎながらゆっくり立ち上がりましょう。

食後・飲酒後・服薬後の入浴は控える

食後すぐは血圧が下がりすぎて失神する可能性がありますので、しばらく経ってから入浴しましょう。飲酒後は血圧低下や反応の低下も起きやすくなるので、お酒を飲むなら入浴後がおすすめ。睡眠薬や精神安定剤などの服用後も入浴は避けましょう。

寒くない浴室に生まれ変わるリフォーム

寒い浴室
大きな窓があったりタイル張りだったりする古い浴室は、寒さで体にダメージを与えるだけでなく、断熱性能が悪いせいで無駄な光熱費を支払うことになっているかもしれません。
次の冬を迎える前に、自宅や実家の寒い浴室を快適にリフォームしませんか。

高断熱で湯温が下がりにくいユニットバスに!

在来工法の古い浴室から機密性の高いユニットバスにリフォームすると、それだけで寒さが緩和されるかもしれません。
さらに高断熱性能のユニットバス商品を選べば、お湯が冷めにくくなり追い焚きが減らせて節約に。一般的なユニットバスより本体価格はやや高めになりますが、ランニングコストが抑えられ快適に入浴できるというメリットがあります。

窓や壁を断熱施工すれば冷えない浴室に

浴室内の熱の大部分が逃げていくのは窓。既存の窓の内側に内窓を設置するか、既存サッシの窓ガラスを複層ガラスに交換することで断熱効果を上げられます。
また、浴室の壁の中に断熱材を入れる工事を行うと熱効率がさらに向上。この施工はユニットバスの交換時にしかできませんので、特に寒さが気になるならリフォームの際に工事するのがおすすめです。

子どもや高齢者も安全に入浴するために

浴室が特別寒くなくても、入り口に大きな段差がある、床が滑りやすい、浴槽のまたぎが高い、手すりがない、といった転倒の危険性が高い浴室はリフォームをおすすめします。

次の冬を迎える前に安全性に配慮した浴室へのリフォームを検討するなら、ぜひ水まわりのプロであるクラシアンにご相談ください。
大掛かりな工事の場合、お打ち合わせや工期にも時間がかかってくると予想されます。消費増税前に費用がかさむリフォームをお考えなら、今から検討を始めて早めに取り掛かるのがおすすめです。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ