首都圏の水道管凍結対策

毎年1月~2月にかけて、クラシアンでは寒波による凍結に関するお問い合わせをたくさん頂いています。
特に、気温が氷点下になりにくい首都圏では寒冷地のような凍結対策をしていないため、2018年1月に発生した寒波により水道管の凍結や破裂といったトラブルが多発しました。
水は大切なライフライン。突然使えなくなってしまうと、様々な障害が発生します。

  • 水道管が破裂した
  • 給湯器が壊れてお湯が出ない
  • 水道管が凍結してトイレの水が出ない

このようなトラブルが起こる前に、ご家庭でできる凍結対策をご紹介します。

ご家庭でできる凍結対策

キッチンの蛇口

蛇口の水を出しっぱなしにする

蛇口から常に水が流れる状態を作ることで、凍結予防になります。
ぽたぽたと垂れる程度ではなく、途切れない程度の水が流れるようにし、蛇口を開いたままにします。
次に紹介する屋外の水道管を保温する凍結予防と合わせて実施してください。

屋外の水道管を保温する

増改築等のリフォーム工事や水道管の引き直し工事により、外壁に沿って水道管を設置している場合、経年劣化で保温材が剥がれてしまっていたり、むき出しのままになっていたりすることがあります。
保温材を取り付けていない場合や、剥がれてしまっている場合は、ホームセンターなどで必要な長さ・サイズを確認した上で購入し、取り付けてください。
保温材をすぐに用意できない場合やご自身で取り付けできない場合は、代替品の「タオル(古布)」を用意します。
タオルを巻く範囲は、露出している水道管全てが対象となります。曲がっている箇所はもちろん、蛇口がついている場合は蛇口ごと覆ってください。
水道管に巻きつけたらテープやヒモで固定し、その上をビニールなどで覆って雨や雪で濡れないようにします。

水道管のほか、メーターボックスの保温対策もお勧めします。
地面にあるメーターボックスには蓋がついていますが、冷気が入り込みます。
冷気が入り込む隙間がなくなるように、古布や発泡スチロールを入れたビニール袋をメーターボックスに入れてください。

上記のような対策をしても、凍結してしまうことがあります。
寒冷地では保温材の内側に凍結予防ヒーターを巻き、気温が氷点下になるとスイッチが入る装置を取り付けています。
しかし、首都圏では一般的に凍結予防ヒーターの取り付けを行っていないため、屋外の水道管には保温材を直接巻くかタオルを巻く対策をするのがご家庭でもできる凍結予防となります。

凍結してしまった時の対処法

ストーブ

水道管が凍結した場合

氷は水より体積が大きいため、凍結した場合、水道管を圧迫して破裂する恐れがあります。
凍結してしまった時は、凍結箇所を温めることで水が出るようになりますので、水道管に布を置き、ぬるま湯をかけてゆっくり解凍してください。
はやく使えるようにと熱湯を使用してしまうと、急激な温度変化に耐えられず水道管が破裂してしまう可能性があります。
お湯をかけられない位置が凍ってしまった場合は、暖房器具で間接的に温める、または気温の上昇によって自然に解凍するまでお待ち下さい。

そもそも水が出ないからぬるま湯を用意できない、といった事態にならないよう、寒波が来る前の日はお風呂やポットなどに水を入れておくようにしましょう。

万が一水道管が破裂してしまったら、水道の元栓を止めてから、水道修理業者にご連絡ください。
寒波が発生すると、水道管破裂や水漏れの修理で水道修理業者にたくさんの依頼が殺到します。
すぐに修理に伺えない場合もありますので、気温が低くなる日は予めの凍結対策を心がけてください。

給湯器が凍結した場合

給湯器は、凍結対策の機能が備わっている機種があり、給湯器本体の電気コンセントが刺さっていれば自動的に作動するようになっています。給湯器の凍結対策の機能に関しては、メーカーや製品により異なりますので、使用されているメーカーのサイトを参照してください。

しかし、給湯器本体に接続されている配管(給水・給湯)は露出している場合が多いため、接続配管で凍結している場合が多く見受けられます。

給湯器が使用できなくなった場合、個人で修理をすることができませんので、給湯器販売業者や給湯器メーカー、ガス会社などにご相談ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。