自分でできる浸水・水害対策――大雨で怖い思いをする前に

近年、局地的な集中豪雨による浸水・水害が多発しています。それは川の近くや低い土地に住む人だけの問題ではありません。マンションの上層階に住んでいたとしても、大雨のときにベランダから家の中に水が入ってきてしまうこともあります。

家屋に水が流れ込んできて怖い思いをしたり、室内が水浸しになって大変な思いをしたりしないように。台風や集中豪雨で被害に遭う前に知っておきたい緊急対策や、水害から身を守るために日ごろから心がけておきたい備えをご紹介します。

簡易工法で浸水被害を防ぐ!大雨直前の緊急対策

土のう道路から家屋への雨水の侵入を防ぐためには、土のうの設置が有効です。ホームセンター等で購入できますし、配布している自治体もあります。しかし小規模な水害であれば、簡易的な手作り水のうで浸水を防ぐことができます。

ゴミ袋を使った簡易水のうを作る

いざというときのために、家庭で簡単にできる水のうの作り方を覚えておきましょう。

  1. 45リットル程度のゴミ袋を2枚重ね、半分くらいまで水を入れます(持ち運べる程度の重さに)。
  2. ゴミ袋の中の空気をしっかり抜いたら口を縛ります。
  3. できた水のうはダンボール箱に詰め、ブルーシートで包むと強度が増します。
    ※ゴミ袋は買い物用のポリ袋で、ブルーシートはレジャーシートで代用してもOKです。

大雨でトイレや排水口から水が溢れ出す「排水溝逆流」を簡易水のうで防ぐ方法は、こちらの記事の『簡易水のうでふさぎ、浸水を防ぐ方法』を確認してください。

簡易止水板で家屋へ流入する水をせき止める

作った水のうをダンボール箱に詰めて出入り口などに隙間ができないように並べ、ブルーシートで包むと簡易止水板となります。
また、テーブルやボードといった長い板状のものを出入り口に設置すれば、簡易止水板とすることも。設置した簡易止水板は、土のうや水のうでしっかりと固定しましょう。

さらに、ポリタンクに水を入れてブルーシートで包んだり、土を入れたプランターをブルーシートで包んだりして出入り口に並べても土のうや止水板の代わりとなります。

浸水・水害から身を守るための日ごろの備え

大雨による被害を最小限に抑えるために、日ごろから備えておくことは何でしょうか。日常生活の中の少しの心がけでできる水害対策があります。

雨水ますの上・ベランダの排水口をこまめに清掃

道路の端にある雨水ますの上に落ち葉やゴミが溜まっていませんか?雨水ますの取り込み口が詰まると雨水が流れ込まなくなり、道路冠水や浸水を引き起こしてしまいます。

また、ベランダの側溝や排水口が落ち葉などで詰まっているとベランダが冠水し、室内に雨水が流入してしまうことがあります。マンションの上層階でも、集中豪雨のときには浸水被害に遭ってしまうことがありますので、こまめな清掃を心がけましょう。
土のう

雨水ますの上に物を設置しない

道路上の雨水ますの取り込み口を塞ぐように、カーステップやプランターなどが置いてあるのを見かけることがあります。これも雨水の流入を妨げ、浸水の原因となるため撤去しましょう。

ハザードマップで危険な区域・避難場所をチェックしておく

浸水が予想される区域やいざというときの避難所を、自治体が発行するハザードマップであらかじめ調べておきましょう。事前に避難所への経路を確認し、安全に注意しながら実際に雨の日に歩いてみるのもいいでしょう。

そして、いざ避難情報が出た場合は早めの行動を。ただし、夜間などで外に出ると危険な場合は建物内の高い場所に避難したり、避難所まで行くのが難しい場合は安全な区域に住んでいる知人の家に避難したりする方法もあります。

「ハザードマップ」とは、過去の被害をもとに想定される被災区域や避難場所・経路などの情報を記載した地図のことをいいます。浸水(内水)のほかに、地震や噴火などがあります。
自宅や周辺にどのような災害の危険性があるかを知り、平時から必要な備えを考えておくことが大切です。

敷地内に入ってきた水を排除するには

事前に浸水・水害対策をしていたとしてもゲリラ豪雨や台風は防げないので、被害に遭ってしまうこともあるでしょう。

大雨で敷地内に浸入してしまった雨水を取り除くには、井戸などに利用する水中ポンプを活用すると便利です。
ホームセンターやクラシアンなどで購入できますので、困ったときは水まわりのプロにご相談ください。

参考文献・参考サイト
広報ところざわ:家庭でできる水害対策※PDF
平塚市:家庭でできる浸水対策

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ