今年は本格的に寒くなる前に…「秋掃除」のすすめ

なにかと忙しい師走。大掃除にまで手が回らない方も多いのでは?しかも寒さが厳しくなる年末は水が冷たく掃除が辛い上、油汚れやカビが落ちづらくなります。今年は本格的に寒くなる前の秋掃除で、水回りの汚れを一掃しませんか。

メリットいっぱいの秋掃除で年末は楽しよう

暑すぎず寒すぎない秋は、掃除に最も適した季節。特に水回りのお掃除は秋のうちに済ませておくのがおすすめです。

秋なら水まわり掃除も凍えない

秋掃除のメリット

水が冷たくない
外壁やベンランダの側溝、窓や網戸、排水口や排水マスも凍えず掃除ができて、雑巾の水拭きや念入りな水まわり掃除も辛くありません。
油汚れが落ちやすい
油分を含んだ汚れは気温が高い方がゆるみやすく落としやすくなります。キッチンの大掃除は気温が少しでも高い秋のうちがおすすめです。
夏に増えたカビやダニの対策をしやすい
高温多湿の夏に浴室やエアコン内で増えてしまうカビ。カビも暖かい時季の方が落としやすいので、秋のうちに徹底除去を。ダニも夏の間に増えますが、秋になるとその死骸やフンが大量に布団やカーペット、カーテンなどに潜んでいる状態に。秋にしっかり取り除いておけば、次の夏の増殖を抑えられます。

キッチンでは油汚れを重点的に

換気扇のフードやコンロ周辺はもちろん、ランプシェードも油汚れが蓄積しています。
もし油汚れがヘドロ状になってしまっていたら、そのまま排水口に流すとパイプ内でつまりを引き起こすので、できる限りゴミ箱に捨てるようにしましょう。
このタイミングで、シンク下のパイプにゆるみや水漏れがないかも確認し、排水管内もパイプクリーナーでスッキリさせておきましょう。

浴室・洗面所はカビとヘドロを撃退

浴槽や浴室の壁に付着した石鹸カスやカビに加え、天井にも目に見えないカビの原因菌が付着しています。あまり掃除をしないエプロン(浴槽カバー)も年に一度は外して掃除しましょう。
また、髪の毛や石鹸カスが流れ込む浴室・洗面所の排水口は非常につまりやすい場所。こちらもパイプクリーナーでヘドロを溶かして流し、つまりや悪臭を防ぎましょう。

1〜2年に一度は排水マス・排水溝の高圧洗浄がおすすめ

目に付かないために忘れがちなのが、排水マスや排水溝の大掃除。本来は1〜2年に一度、プロの水まわり業者による清掃を行うのがおすすめです。しかし実際には、管理が行き届いている大型マンション以外はあまり頻繁に清掃されず、排水管がつまってから慌てて業者を呼ぶケースが多くあります。

急いで業者を呼んでもすぐに対応してもらえなかったり、悪質な業者に足元を見られて高額な請求をされてしまったりするケースも。そんな事態に陥らないためには、信頼できる水まわり業者による定期的な清掃が欠かせません。

もし何年も排水マスや排水溝の掃除をしていないなら、今年はクラシアンに管清掃を依頼してみてはいかがでしょうか。トーラーで解決するつまり除去の作業料金は、一戸建ての場合15,000円(税抜)~、高圧洗浄機を使用する場合は25,000円(税抜)~となっています。排水の流れの悪さや排水口からの悪臭が気になっている場合は、早めに取りかかった方が良いでしょう。

>>排水管清掃の作業料金

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。