ゆず湯や入浴剤で浴槽・給湯器は故障しない?

寒さが厳しくなると、ゆっくり湯船につかりたいもの。冬至の風物詩であるゆず湯や入浴剤で、バスタイムを楽しむ人も多いのではないでしょうか。
しかし、それで浴槽や給湯器を傷めたり故障させたりしないか心配になったことはありませんか?入浴剤が使えない浴槽や給湯器もあるので、使用する際は注意が必要です。

入浴剤が使えない材質の浴槽もある

入浴剤が使えない材質の浴槽

天然大理石の浴槽は浸透性があるので、入浴剤を使用するとシミになる可能性があります。また浴槽が木製の場合、白濁タイプの入浴剤は白濁成分が付着して取れにくくなるので使用を避けましょう。

一般的に普及している材質の浴槽(FRP、ステンレス、ホーロー、人工大理石)であれば、中性または弱酸性の入浴剤の使用が可能です。水溶性の色素を使っている入浴剤であれば、用量を守って使用すれば着色は心配ありません。

ただし浴槽がOKでも給湯器を傷める場合もあるので、次項で解説していきます。

腐食性のある成分の入浴剤はNG

金属を腐食させるイオウの入った入浴剤は、追い焚き機能のついた給湯器では使用できません。ソルト(塩)系の入浴剤も同様の理由でNGです。

発泡性の入浴剤はタイミングに注意

炭酸ガスの泡が給湯器の循環経路に入ると正常に機能しなくなる場合があります。ガスが発生している間は追い焚きしないようにしましょう。

にごり湯タイプ入浴剤の影響は?

にごり湯タイプは給湯器の機種により使用できない場合があります。にごり成分が循環口のフィルターに付着して目詰まりしたり、追い炊き機能が停止したりすることがあるためです。

入浴剤と給湯器の取り扱い説明書を確認して使用し、入浴後は風呂釜内部や循環口のフィルターをよく水洗いしてください。エコキュートを使用している場合は、にごり湯タイプは控えましょう。

ゆず湯のあとは念入りに清掃を

冬至にゆず湯を楽しむ場合は、果肉などが散らばらないように注意しましょう。ゆずなどの食品カスは微生物や細菌のエサとなるので、配管内で繁殖しやすくなってしまいます。追い焚きは使用せず、入浴後はすみやかに追い焚き配管内を洗浄してください。

風呂釜でトラブルが起きてしまったら

使用に適さない入浴剤を原因としてトラブルが起きると、メーカーの保証対象外になる場合も考えられます。バスタイムを楽しむはずの入浴剤で故障させてしまうことがないように気をつけたいですね。
万が一、給湯器トラブルが発生した場合はクラシアンにご相談ください。24時間365日ご対応させていただきます。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ