最低気温がマイナスになったら首都圏でも水道管の凍結対策を!

水道管が凍結する目安は気温マイナス4℃。北関東エリアで最低気温がマイナス4℃となるのは例年12月、東京では1月頃です。マイナス4℃にまでならなくても、北側の日陰や風当たりが強い場所に設置された水道管では、マイナス1〜2℃以下が数日続くと凍結することも。むき出しの水道管がある場合は特に注意が必要です。

ある朝突然水が使えない!となると、生活に大きな支障が出てしまいます。真冬を迎える前に、水道管を凍結させないために対策をしておきましょう。

冬の朝、水が使えなくなっていたら凍結かも

冷え込みが厳しい朝、水道管や給湯器が凍結するとこんな事態に!

  • 顔が洗えない
  • トイレが流せない
  • 洗濯ができない
  • 朝食が作れない
  • コーヒーやお茶が飲めない
  • 水道管破裂のおそれ
  • 給湯器故障のおそれ

もしこんなことになっても、慌てて何度も蛇口をひねるのは厳禁です。蛇口の中のゴムパッキンまで凍結していたら、何度もひねることでゴムパッキンが破損し、今度は水が止まらなくなってしまいます。

予防法1:防寒材で水道管を保温

水道管を保温材で保護

むき出しとなっている水道管に保温材や古い毛布・衣類・タオルなどを巻きつけます。カーブしている箇所や蛇口があればそこも覆い、露出している場所がないようにします。
巻きつけた保温材や布をテープやヒモで固定したら、雨や雪で濡れないようにビニールで覆いましょう。

メーターボックスの中にも、古い毛布やタオルなどを詰めておきましょう。発泡スチロールを入れたビニール袋も保温材として代用できます。

予防法2:水の出しっぱなしも効果的

蛇口から糸を引く程度の水を流しておき、水が常に流れている状態をつくることでも凍結予防になります。ただし水道料金がかかってしまうので、溜め置いておき有効活用できるようにしてください。
逆に水道や給湯器の水抜きをしていくという予防方法もあります。

凍結してしまった水道管の対処法

予防が間に合わず水道管が凍結してしまったら、一番良いのは「気温が上昇し自然に溶けるのを待つ」こと。
しかし待てない場合は凍結部分にタオルや布をかぶせ、その上から人肌程度のぬるま湯をかけると比較的早く凍結が解消するかもしれません。
使い捨てカイロやドライヤーを水道管に当てて凍結を溶かすとこともできます。
※熱湯を使用すると急激な温度変化で水道管や蛇口が破裂する可能性があるのでご注意ください。

水道管を温め蛇口を開けてもすぐに水が出ない場合もありますが、蛇口は開けっぱなしにしておかないよう気をつけましょう。

水道管が破裂したら

水道管の中の水が凍って体積が増すと水道管破裂を引き起こすことがあります。そんな非常事態になってしまったら、大至急メーターボックス内の元栓を閉めてください。破裂した部分に布やテープを巻きつけるなどの応急処置をしてから、クラシアンなどの水道局指定工事店にご連絡ください。

大寒波の日などは水まわり業者に依頼が殺到するため、すぐに修理に来てもらえないことも。それでも給水装置を修繕する資格は「水道局指定工事店」にしかありません。急いで修理を依頼したいときでも業者の選定にはご注意ください。

給湯器が凍結してしまったら

凍結防止機能が備わっている給湯器では、寒さを感知して自動的に凍結防止機能が作動します。しかし給湯器自体が凍結しなくても、接続されている配管が凍結してしまっているトラブルが多く発生しています。

給湯器が使用できなくなった場合は、給湯器を購入した販売店や給湯器メーカー・ガス会社にご相談ください。故障した給湯器の交換はクラシアンでも承っております。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ