水まわりの収納について

illust007
水まわりの収納を考えます。入るものならとついつい詰め込んでしまいますが、隙間の無い収納は風通しが悪く、出し入れにも不便です。仕切りやラックなどを使って適度な空間を作りましょう。湿気が多く、風通しが悪い場所にはカビや嫌なニオイが発生します。扉の付いた棚やフタの付いた箱にしまうものは、水気をしっかり取って乾かしてからしまいましょう。時々10分ぐらい扉を開けておくのも湿気対策になります。

お風呂場編

Point!バスルームの収納は衛生面から考えることがポイント

バスルームは今日一日の心身の疲れを癒し、体の汚れを落とすところですから、気持ちよく過ごせる場所でなくてはいけません。収納もまずは「ヌメリ」や「カビ対策」といった衛生面から考えましょう。

1.ヌメリ

02syuno_05
お風呂でヌメリが気になるのは、シャンプーなどのボトルの裏や、洗面器、イス、石鹸トレーなど入浴時に手に触れるものが挙げられます。これらを収納するうえでの注意点は、直接床に置かないこと。使うたびに洗浄液などが付着するものなので、湿気の停滞しがちな床付近では、換気扇を回していてもヌメリ発生の速度に追いつけません。ヌメリは放っておくとカビの元ですのでそれを防ぐには、毎回石鹸トレーやボトル類の床に接する面を洗って拭くとか、入浴時以外は浴室外へ置くなどの対策が有効ですが、毎日のことで難しいといわれる方も多いかと思います。せめてラックなど、床との接地面が少なくて風通しを多少でも確保できる収納グッズを利用しましょう。また、お風呂掃除のためのブラシや洗剤も直接床に置いて並べず、タオルかけに吊るしたり、カゴにまとめて収納するなどの工夫を。

2.置く物は最低限

03syuno_06
バスルームに置くものの数は、湿気対策からも最低限でなければいけません。ところが、途中で使わなくなってしまった古いリンスやシェイバーなどがそのまま置かれているケースもよくみられます。自宅のバスルームを改めてチェックしてみましょう。衛生管理さえきちんとできるならば、観葉植物などを置いてリラックス効果をUPしたいですね。

3.脱衣スペースの有効利用

04syuno_07
ところで、バスルームの外には脱衣スペースがあるかと思いますが、その収納はどうしていますか? 下着はその都度各自の部屋のクローゼットから持参していますか? 畳まれたタオルの山から家族それぞれが好みの一枚をガサゴソ掘り出していたりして?タオル収納は結構場所を取りますが、必要な枚数は意外と少ないもの。限られた脱衣スペース内のことですから、よく使うタオルだけを選び出して常備しておけば収納場所が乱れにくく、ヨレヨレタオルばかりが増えてくることも避けられます。

キッチン編

Point!キッチンの収納は使いやすさがポイント

キッチンの収納は、主婦などその家の主な使い手が使いやすいことが一番大切です。インテリアやお料理を楽しむためにも、基本的な収納術をふまえておきましょう。ここでは「5つの基本」をお話します。

1.場所

05syuno_02
1つめは、身長に合った場所へ収納すること。自分の身長を基準に考えます。たとえば頭のてっぺんから腰の高さまでは一番出し入れの動きが楽なので、そこへ使用頻度の高いものを、次に出し入れしやすい腰から足くびまでの高さには時々使うものや、重いものを収納します。一番出し入れが難しい頭上から天井までの高い位置には、使用頻度が低いけれども必要なものを収納します。

2.動線

06syuno_03
2つめは動線。たとえば炒めものをする時に何歩も移動してフライ返しや調味料を取り出していたら危険ですし美味しく作れませんね。コンロで使うフライ返しやお玉、シンクで使うザルやボウルなど、使う場所に近いところに収納場所を決めましょう。共働きなどでキッチンに立てる時間が限られていればなおさら動線の確保が重要です。朝食の作業が楽か、夕食は最短時間でできるかなども想像しながら考えます。

3.掃除のしやすさ

07syuno_04
3つめは、掃除がしやすいかどうか。キッチンは日常的に汚れや散らかりのある場所ですので、キレイをキープするためには片付けやすさや掃除しやすさもポイントになります。キッチンの主な汚れである油や食品の飛び散り、埃や水垢などは、こまめな拭き掃除が大事。使いやすいからといって何でもキッチンの見えるところに並べておくと、掃除がおっくうになりがちです。頑固なこびりつき汚れになったら落とすのが大変。キッチンの上へ常に置いておくものは最低限にし、直接置かずに棚やトレーを利用して掃除しやすくするのもお勧めです。

4.量

08syuno_05
4つめは、収納する物の量。あなたの道具や食器には何年も使っていないものがありませんか? 使わないものは収納スペースが無駄になるだけでなく、出し入れや探しものに無駄な手間ヒマを費やす元に。逆に自分にとって本当に使いやすい道具を厳選して常備することは、色々な道具をとり揃えるよりもずっと家事効率をUPします。調味料など食材ストック類も同様。こちらは健康にも影響するので節実です。自分や家族が必要なものを見極めて不要なものは処分しましょう。

洗濯機編

Point!洗濯機の収納は通気性と作業効率のよさがポイント

洗濯機まわりの収納は、「通気性のよさ」と、洗濯をする時の「作業効率のよさ」が大切です。色々なものをゴチャゴチャと並べておくと使いづらいばかりか、湿気がこもってカビ発生の元。床に直接色々並べるのは特に避けたいです。できれば最低限の洗濯用品だけにするのがベストですが、脱衣所や洗面所を兼ねていることも多くそうもいきません。使っていない洗剤や小物がないか時々点検し、無駄なものは置かないようにしましょう。

1.効率を考えた収納を

09syuno_10
収納は効率を考えて。よく使うものは自分の頭から下、膝の高さぐらいまでの位置に収納するのが、使いやすい収納の基本的な考え方です。出し入れしやすい位置へは、毎日使う洗剤や洗濯ネット、洗濯ブラシなどを収納し、高い位置や低い位置にはストック用の洗剤やたまにしか使わない漂白剤など、使う頻度を計算に入れてみましょう。何しろ自分にとって使いやすいことが一番。時々根本から見直してみるのも大切です。

2.小物はケースに

10syuno_11
ゴチャゴチャする小物はカゴやケースに入れておくとすっきりとした印象になります。でも中身が見えにくいといつのまにか不要品のたまり場になったり、必要なものを見つけるのに時間がかかることも。中身のわかる半透明のプラスチック製ケースにしたり、中に入れるものを決めて中身を書いたラベルを貼るなどの工夫で効率がUPします。

3.収納スペースがない時は

11syuno_12
収納スペースがない場合には市販の収納グッズが便利です。なかでも洗濯機をまたぐように置き、幅が調節できる棚は、スペースが無駄にならない優れもの。洗剤やタオル、小物を、置いたり吊るしたりと色々できます。プラスチックやステンレス、木製など色々ありますので、自宅のインテリアと相性のよいものを選んでみましょう。キャスター付きのものを選ぶと掃除の時に楽です。

棚にこだわらなくても便利なグッズで解決する手段もあります。洗濯機の脇にはいくらかの隙間があるものです。洗濯機に直接つけるマグネット付きの洗剤ケースがあれば、隙間活用と効率UPの両方が解決。市販のものを買ってもよいし、強力な磁石とプラスチック製のBOXで手作りしてもよいですね。また、使わない時はかさばって邪魔な洗濯ネット類は、ネットを1つ専用ケースにしてそこへまとめて入れ、洗濯機の脇へ吸盤やフックでかけても。雑巾は、洗濯機脇にタオルハンガーを貼り付けて専用ホルダーを作っておけば、掃除の時に便利ですし、日頃は目立ちません。

トイレ編

Point!トイレは見せると隠すを使い分けましょう

雑貨や趣味のものを飾る時は、棚を使って見せる。
トイレブラシは汚れたらすぐに使える場所に置く。
洗剤やトイレポットを見せたくない時は、便器の後ろ側に隠す。

1.準備をする

トイレの中に充分な収納スペースがない場合は、棚や家具を設置して収納スペースを作ります。

2.置く場所を決める

たまに取り出すストック類は上段か壁面に置き、こまめに使うお掃除用具は取り出しやすい場所に置きます。

12syuno_01

洗面所編

Point!洗面所の収納は環境づくりがポイント

朝の忙しい時間に身だしなみを整える場所でもある洗面所は、タオルや歯ブラシ、化粧品などサッと手にとって使える作業効率のよさが大切です。でも、だからといって洗面ボウルのまわりに何でもかんでも並べていると、水滴や汚れを拭きとりにくいのでカビの元になりますし、肝心の鏡が見にくくなります。洗面スペースは、「作業効率のよさ」と「清潔さ」の両面からバランスのとれた環境づくりが必要なのです。

1.タオルを有効利用

13syuno_08
たとえば手洗いシーンを想像してみましょう。手を拭くタオルはすぐ傍に常備してありますよね。拭き掃除用のタオルか雑巾はいかがでしょう? 手洗いの時には洗面ボウルや蛇口まわりをサッとひと拭きしておく習慣をつけると、汚れがたまらずお掃除いらず。洗顔時なら使ったタオルでひと拭きしてもよいのですが、手洗いの際に使えるよう、乾いた雑巾をキープする場所も作っておくと便利です。専用雑巾やタオルでもよいし、古い布を小さく切った使い捨てミニ雑巾もおすすめ。こぎれいな蓋付きボックスに入れて置いておけば、来客時もそれとバレず、もちろん普段も気持ちよく過ごせます。

2.使ったらしまう習慣を

洗顔や身だしなみ、お化粧のシーンはどうでしょう? 洗面用品や化粧品など小物類は、出して洗面ボウルまわりに並べておけば毎朝の支度がとてもスムーズですね。でもそれは一番掃除が面倒になるスタイルです。不要なものが並んでいないか常にチェックするほか、使ったら引き出しや扉の中など収納場所へ入れる習慣を守るのがベストです。

3.湿気に注意して

14syuno_09
それでもやっぱり出しておきたいなぁ、出し入れが面倒だなぁという方、プラスチックなど水気に強いカゴに小分けにして入れ、手洗いなどのついでに時々持ちあげてサッと拭けるようなシステムづくりをしておけば、衛生面でも合格です。いざ来客という時にはささっと隠せるようカゴの収納場所も確保しておけば、急な時も慌てません。アクセサリー類は見せる収納にしてもきれいですね。ただし湿気に気をつけて。シルバーはケースやジッパー付きビニール袋(ミニサイズなら場所とらず!)に入れておくと黒く変質するのを防ぐことができます。

洗面スペースは、お風呂や洗濯スペースと隣接していてシャンプーや洗剤、それらのストック用品などの収納場所になることも。洗面台の上や下に備え付けの収納スペースがあるタイプではそこに収納できますね。洗面台下の収納スペースは、排水管が邪魔になるのでそれを避けて置けるタイプの収納棚を設置すると収納力がUPします。ただしここは湿気が強い場所ですので、物を詰め込みすぎるのはおすすめできません。洗剤などのストック類も厳選して必要最小限にしておきましょう。