トイレからコポコポと音がするときの詰まりの直し方

通常、トイレの水を流した時には、「ザァー」という音がしますね。
でも時折、「コポコポ」と空気が漏れてくるような音がすることはありませんか?

「コポコポ」という音が継続的に続いたとしたら、何らかの異常のサインと考えられます。

では、トイレから「コポコポ」という音がする原因は何でしょう?
この原因には、自分で直せるものと業者さんに頼んだ方が良いものとあります。

ここでは、その違いや自分でできる対処の仕方について解説します。

トイレからコポコポと異音がする原因は詰まり?

コポコポという異音が便器の中でしたら、多くの場合は便器の排水路もしくはその先の排水管が詰まっている可能性が高いです。
排水経路のどこかで詰まった異物が、トイレを流す際のスムーズな水流を妨げているため、そのような音がします。

排水路で詰まっている場合、自分で対処できることもあります。
ただし、トイレにつながる屋外の排水マスを確認し、そこが詰まっているようなら業者を呼ぶ必要があります。

音の出る場所から原因を探る

音の出る場所から原因を探る
コポコポという音は、トイレのみから聞こえますか?
それとも、トイレと同時にキッチンのシンクや洗面所からも聞こえるでしょうか?

トイレのみから聞こえる場合は、排水管は関係ないこともあります。
もし、キッチンや洗面所からもコポコポという異音が聞こえたら、それは排水管が負圧状態になっている可能性が高いです。

排水管の負圧状態とは、何らかの理由で(詰まりや汚れなど)排水管いっぱいに水が流れてしまって空気が薄くなり、周りの気圧より排水管の気圧が低くなって水が吸い込まれる現象(サイフォン現象)のことです。

この場合は、排水管の詰まり、汚れを取ることなどで、コポコポという異音はなくなるでしょう。

トイレの詰まりの音をなくす方法

トイレのみから聞こえるコポコポという音。原因がトイレの詰まりにある場合には、この異音を消すためには、まず詰まりを解消する必要があります。
ご家庭でできるトイレの詰まりの解消法は次のようなものがあります。

少量ずつ水を流す

トイレットペーパーや便の詰まりなどに効果がある方法です。
トイレットペーパーは、砂糖や塩のように水に溶けてなくなるわけではありません。水流によって細かく砕かれて、流れていきます。紙がつまってしまった場合には、ほぐれやすくなるよう、少量ずつ水を流してください。
便も柔らかくなり、流れやすくなるでしょう。
ただし、時間がかかるため、すぐにつまりを改善したい場合には他の方法を試されることをおすすめします。

ラバーカップ、真空式パイプクリーナーを使用する

次に、ラバーカップを使用してつまりを解消する方法が、一般的な対処法です。
ラバーカップは、ホームセンターなどで販売されています。

排水管に吸着しやすい出っ張りがあるものや、出っ張りがないもの、節水型便器の排水口に沿ったつばのあるものなど大きく分けて3種類あるので、トイレの形状にあったものを選択してください。

使い方は、ラバーカップを便器の穴に密着させて、ゆっくり押し込み、適度な力で引っ張ります。
何度かやっている内に、強く引き出せる感覚の場所が分かってきます。
そこが、ベストポジションです。

ポイントは、水位を便座のフチより10センチ以下にしてから使うこと!
なぜなら、タンクの排水弁が何らかの拍子で開き、汚水が溢れることがあるからです。

ほかに、トイレ用の真空式パイプクリーナーなども、効果があります。用途は同じですが、ラバーカップよりも強力で効果的です。だいたい3000円前後で、ホームセンターなどで取扱いされています。

ワイヤーブラシを使う

便器の内部の構造は、S字を横にしたような形です。
奥で詰まりが起きやすいので、ワイヤーブラシを使って、便器の中の詰まりの原因を取り除く方法もあります。

トイレ用のワイヤーブラシは、トイレのつまりを直す道具として、ホームセンターなどで2,000円から5,000円ほどで販売されています。
しかし、市販のトイレ用ワイヤーブラシは業務用とのものと比べると強度に欠け、取扱も難しいのでおすすめいたしません。
無理に使うと陶器を傷つけることになりかねないため、もし、ご自分で試してみたい方は、ご注意ください。

トイレの形状は多様化しており、トイレの水量や水圧、配管の太さや傾斜角度なども様々です。
詰まりの原因や対処法も一概には判断できません。
上記の対処法を試してみたいという場合も、何度か挑戦して詰まりが取れなければ、速やかに専門家に依頼されることをおすすめします。

詰まってなくても雨の日だけ異音がする場合

詰まってなくても雨の日だけ異音がする場合
雨の日にだけコポコポと音がするのは、雨の影響で水量が多くなって排水管の中の水が逆流するからです。
あまり心配がない症状ですが、気になる方は、浄化槽の蓋に空気を逃す穴があるものに変えるだけでもコポコポ音は収まるでしょう。

トイレのコポコポという異音がする様々なケースをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
心配がないケースから、対処が必要なケースまでありますが、簡単な詰まりは自分でも対処可能です。
しかし、ご自身でお試し頂き、どうしても解消しない時は水まわりの専門業者に相談してください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ