トイレの詰まりが原因?水位が下がる・上がるときの原因と対処法

トイレを使用していて、便器に溜まっている水の水位が下がる、もしくは上がるといった状態に気づいたことはありますか?
トイレで発生するトラブルで最も相談が多いのは「トイレの詰まり」ですが、水位の変化は一体何が原因で発生するのでしょうか。
ここでは、水位が下がる・上がる原因と対処法についてご紹介します。

トイレの水位が下がる時の原因と対処法

トイレの便器に溜まっている水は「封水」といって、下水からの臭いや虫の侵入を防ぐ役割があります。
封水の水量は常に一定量が貯まる仕組みとなっていますが、この水位が上がるもしくは下がる場合、詰まりなど何らかのトラブルが発生していることがあります。
トイレの水位が下がる要因として考えられることは4つあります。

蒸発

トイレを長期間使用せずにいると、便器に溜まっていた水は蒸発してしまいます。
長期間誰も住んでいない部屋、特に夏場など気温が高い日が続いている場合は封水が蒸発して下水の臭いがすることもあります。
トイレの水位が下がっていると思ったとき、長期の外出をしていた場合は、封水の蒸発が水位低下の原因として考えられます。

毛細管現象

液体には、細い隙間や溝に入り込もうとする性質があり、これを毛細管現象といいます。
液体の粘度が低いほど、その性質が強く、この現象がトイレ内部で起こることがあります。
水を流したとき水量が不十分だった場合、排水トラップ上部にトイレットペーパーが残ってしまうことで、毛細管現象が起こり、徐々に水がトイレットペーパーに引き寄せられてしまうことで便器内の水が減ってしまいます。
水を少ししか流さず水位が減ってしまったときは、大洗浄で水を流して、引っかかってしまったトイレットペーパーを流しきってください。

サイフォン作用

トイレの便器には、前述のように封水という水たまりがあります。その封水をためる堰をのりこえて汚物や紙類を洗い流すために利用されているのが、サイフォンの原理です。
排水管に曲がりを多用した場合や、たるみや勾配の問題がある場合など、サイフォン現象の作用が適切に働かずに封水の量が減ってしまうことがあります。
トイレットペーパーの使用量が多い場合にも、排水後の封水が減少することがありますので、その際は、改めて大洗浄で水を流して、水を溜めてみてください。大洗浄で水を流しても水位が下がっている場合は、排水管の設計を見直すことで改善が期待できます。

誘引現象

2階以上の建物で洗面器いっぱいに溜めた水を一気に排水した場合や、強風により排水立管内の気圧が低下した場合、封水が排水立管に流れ出してしまいます。トイレでも同様の現象が発生することがあります。この場合、通気管を設置するなど、排水通気の改善が必要となります。

以上のことから、水位が下がる原因はいずれもトイレの詰まりが直接的な原因ではありません。
封水の水位が減ってしまった場合、ご自身で可能な対処法としては、まず「大量の水を一度流す」ことです。
大量の水を流したあと、封水の量が回復すれば良いですが、変わらない場合は排水設備の見直しが必要になることがあります。
水位が低いまま使用し続けると、先の現象によって封水がなくなり、悪臭がしたり虫が侵入したりといったトラブルが発生することがあります。
封水が保てない状態が続く場合は、水まわり設備の業者に相談されることをおすすめします。

トイレの水位が高く、流せない時の対処法

トイレの水位が高く、流せない時の対処法
「時間が経つと水が減っていくけれどすぐに水位が下がらない」「いつもよりトイレの水位が高い」という症状は、トイレがつまっている状態です。

トイレットペーパーや便などが詰まった場合は、比較的簡単な方法で解決できます。
ホームセンターで売っているラバーカップをお試しください。

ラバーカップをお使いの際は、水が飛び散ることがあるので、ラバーカップの柄の部分をビニール袋に通してビニール袋で便器を覆う方法をおすすめします。

またラバーカップより値段は高いですが、「真空式パイプクリーナー」を使用すると、吸引力はラバーカップより強力ですので、こちらもおすすめします。

ただし、携帯電話や腕時計、子供のおもちゃなどの固形物を流してしまった時は、ラバーカップはおすすめできません。

固形物を落としたことに気づいた場合は、すぐに拾い上げて下さい。この時、手を入れるのは衛生的ではないので、ビニール手袋をつけるか、トングや火箸などを使用していただくとよいでしょう。
もし、うっかり流してしまった場合、トイレの使用を禁止して、速やかに業者に依頼するのが賢明な対処方法です。

トイレの詰まりを直す時に気を付けること

トイレの詰まりを直す時に気を付けること
ラバーカップを使う時は、水位を調節してから使用してください。

水位が高い時は、バケツや灯油ポンプなどを使用して、いつもの水位になるまで水を汲み出してください。
また、作業の前に、トイレ内にある止水栓を閉めてから作業に入ります。なぜなら、タンクに水を溜めてしまうと排水弁が開いてしまった場合、汚水が溢れ出てしまう可能性があるからです。

そして、詰まりが直ったようだからと言って、すぐにトイレのレバーをひねって水を流さないようにしましょう。
まだ詰まりが残っていたら、便器の水の水位が上がり、場合によっては溢れて、悲惨な状態となってしまうかもしれません。
詰まりが解消したか確かめるには、ペットボトルやバケツで少量ずつ水を流しながら、様子をみてください。

まとめ

トイレの水位がいつもより高い、水が溢れそうになっている場合は、つまりが原因と考えられます。
つまりの兆候に気づいたら、症状が軽いうちに対処しましょう。
自力で解消するのが難しい場合は、早めに専門の業者にご依頼ください。
それが、経済的にも時間的にも大幅な節約となります。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ