トイレで水漏れが発生しやすい箇所と修理する場合の直し方

水漏れはトイレの代表的なトラブルの1つで、ある日突然起こる可能性があります。水漏れによってトイレが使えなくなってしまうと日常生活に大きな支障が。さらに2階以上の場合は階下へ影響も心配です。水漏れが起こった場合はなるべく早く解決したいものです。

水漏れが起こる箇所

トイレの水漏れは複数箇所で起こる可能性があります。トラブルが発生しやすいのは以下のような箇所です。
トイレの水漏れ

タンク

トイレで水漏れが最も多いといわれるのが、水が溜まるタンクです。普段頻繁に開ける場所ではないので気づきにくいかもしれませんが、タンク内には水を流すときに働く部品が入っています。この部品に不具合が生じると水漏れの原因になります。

温水洗浄便座(ウォシュレット)

家庭用のトイレでは今や頻繁に見かけるようになった温水洗浄便座ですが、タンクに次いで水漏れが多い箇所といわれており、機能部の故障や破損が主な原因です。
温水洗浄便座

給水管

止水栓からタンクにつながれている管は給水管と呼ばれ、タンクへ水を通す役割を果たします。止水栓側とタンク側にそれぞれ接続部分があり、給水管から水漏れするケースの多くはこれらの接続部分に原因があります。

止水栓

止水栓はトイレの壁や床から出ている管に付いていて、名前が表す通り水を止めたり、水の勢いを調節したりする働きをします。水漏れ等の修理の際に水を止めるために機能させますが、止水栓自体も水漏れが起こりうる箇所の1つです。

便器

水漏れは確かに起こっているのに他の箇所で問題が見つからない場合は、便器自体が水漏れを引き起こしている可能性があります。タンクとの連結部分の不具合や、便器自体の破損などが主な原因です。

水漏れの原因と直し方

トイレの水漏れは箇所によって原因が異なり、それぞれに直し方があります。

タンクの水漏れ

代表的なタンクの水漏れで「タンク内でチョロチョロと水が流れつづける」といったタイプの水漏れがあり、中にある「ボールタップ」と呼ばれる部品の経年劣化が原因で起こります。

水を流してタンク内の水位が下がるとボールタップの浮玉も下がり、ボールタップのバルブからタンクへと給水されます。水がたまって水位が上昇すると浮玉も上がる構造ですが、劣化が進むと浮玉が上がったにもかかわらず、チョロチョロと水が流れ続けてしまうことがあります。

このようなタンク内の水漏れを直すためには、ボールタップの交換が有効です。止水栓を閉めて水を止め、タンク側面にある給水管とボールタップの接続部分を確認し、ついているナットを取り外します。給水管側とタンク側両方のナットを取り外すとボールタップを引き抜いて外せるようになるので、これを新しいものと交換してタンクに取り付けます。
タンク

温水洗浄便座(ウォシュレット)の水漏れ

温水洗浄便座から水漏れが起こる原因は、ボタンやノズル、温水タンクの不具合など様々です。構造が複雑なので、基本的には慣れていない方が自分で分解して直すのはおすすめできません。場合によっては部品ではなく温水洗浄便座そのものを交換した方がよいこともあるので、正確に判断をするためには専門業者に相談した方がよいでしょう。

給水管の水漏れ

給水管から水漏れが起こる場合、タンクもしくは止水栓との接続部分にあるパッキンの劣化が疑われます。本来水漏れを防止する役割を担うパッキンですが、年月が経つと質や性能が低下していきます。パッキンが硬くなっていたり、ゴム部分を触って手に黒い色がついたりする場合、経年劣化の疑いがあります。

ここではタンク側の直し方をご紹介します。劣化したパッキンが原因の水漏れは、パッキン交換によって直します。

まず止水栓を閉めて水を止めます。次にモンキーレンチで給水管とタンクの接続部分にあるナットを外し、中にあるパッキンを取り出します。パッキンの劣化が確認できたら、新品と取り替えてはめ直し、ナットを締めて完了です。

止水栓の水漏れ

給水管と止水栓の接合部分・止水栓からの水漏れ原因も、パッキンの劣化である可能性が高いです。
元栓を締めて水を止めたあと、レンチでハンドルの根本(スピンドル)を外すと黒いゴム付のコマパッキンがみえるので、これを新しいものと取り替えます。新品のパッキンをずれないようにはめ込み、ナットを締めれば完了です。

場合によっては、パッキンの劣化ではなく単なるスピンドルのゆるみが原因の場合もあります。その場合はスピンドルを締め直すことで水漏れを解消することができます。

便器の水漏れ

便器からの水漏れは、タンクとの連結部分に原因がある場合と、便器そのものに原因がある場合があります。

連結部分に原因がある場合は、他の箇所の水漏れと同様にパッキンの劣化が疑われ、直し方もパッキンの交換が主です。止水栓を閉めて水を止め、まずは便器とタンクを分離します。分離する前にはタンクの水を空にするほか、給水管をタンクから外します。便器とタンクは、タンク下にあるナットを外すことで分離することができます。分離したらタンクの底についているパッキンを新しいものと交換し、再度タンク、給水管、の順に取り付けます。

便器そのものにヒビなどの原因がある場合は、新しい便器に交換することをおすすめします。パテなどを塗って自力で直そうとするとヒビが大きくなってしまったり、便器が割れてしまったりと新しいトラブルが起こりかねないので、専門業者に依頼するのが得策です。

簡単にできそうな修理でも無理は禁物

ご紹介したように、トイレの水漏れといっても発生する箇所や原因は様々です。パッキンの交換など比較的簡単に修理できるものもありますが、今回ご紹介した方法はあくまで一例であり、トイレのタイプやメーカーなどによっては修理方法が変わる可能性もあります。また、水漏れ原因の判断を誤ると、見当違いの修理をしてしまう危険性もあります。

クラシアンでは、トイレの水漏れトラブルに出張費、お見積り無料で対応しています。少しでも不安がある方は無理して自分で修理しようとせず、当社へお気軽にご相談ください。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ