トイレ詰まりには“ラバーカップ”!正しい使い方と失敗しないコツを解説

「トイレが詰まってしまった!」そんなトラブルを解決するには“ラバーカップ”が必要不可欠!スッポンの愛称で親しまれ、誰もが知っているトイレ詰まり解消道具なので、常備されているご家庭も多いでしょう。
ラバーカップ(スッポン)
しかし、ラバーカップの正しい使い方は、実は意外と知られていません。誤った使い方をすると、トイレ詰まりが解消されないだけでなく大惨事に陥ってしまうことも…。

そこでこの記事では正しいラバーカップの使い方をご紹介致します。

ラバーカップの正しい使い方をご紹介

和式用?洋式用?まずは種類をチェック!

ラバーカップには種類があるのをご存知でしょうか?

おそらく多くの方がイメージとして思い描く、ゴムの部分がお椀のような形状のタイプは、実は「和式用」になります。現在主流である洋式トイレに対応したラバーカップは、お椀部分から中間部位に、出っ張ったゴムがついた形をしています。

「形状が違っても使えるんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、形状が違うのにはそれなりの理由があります。トイレに合わせてフィットする形でなければラバーカップはその力を発揮できず、トイレ詰まりを解消することができません。必ずトイレの形状に合ったラバーカップを用意しましょう。

ラバーカップが完全に浸るまで水を足す

トイレ形状に合ったラバーカップを、トイレ内の排水口部分にゆっくりと置きましょう。この際ゴムの内側部分に溜まった空気がポコッと出てくると、汚水が周囲へ飛び散る恐れがあります。あらかじめ斜めに差し込むような形で、内側の空気を少しでも抜くイメージで置いてください。

そしてラバーカップのゴム部分が水の外に出ている場合は水を足す必要があります。なぜならトイレの排水口とラバーカップの間に空気が入ると、途端に効果が薄れてしまうからです。

ストローを口にくわえて空気の出し入れをしても、たいした力は必要としませんよね?
それと比べ、飲み物を吸い込む場合は重さを感じると思います。ラバーカップはこの圧の違いを応用しているので、排水口とラバーカップのゴム部分が水に浸るるように水を加えることで、効率的に作業ができます。

「押す」は間違い!詰まったものをラバーカップで「引く」

作業としてはラバーカップのゴムを排水口部分に密着させ、ゆっくりと押し込んでください。カップが十分へこんだのを確認したら、力を入れ引き抜きます。この際に水が跳ね返ってしまう可能性がありますので、注意して作業してください。

「押すのが間違いなのはなぜ?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際、押し込んだ方が力も入り簡単に問題が解決しそうな気もしますよね。

しかし一度詰まってしまったものを奥に押し込んだとして、詰まりが解消されなかったらどうでしょうか?問題が解決しないばかりか、対処もできなくなり業者を呼ぶ事態になってしまいます。

そうならないためにも、ラバーカップを引いてトイレ詰まりの原因を一緒に引っ張り出すことが重要です。水溶性のトイレットペーパーならまだしも、おもちゃのような溶けないモノが詰まってしまった場合、必ず「引きだす」意識を大切にしてください。

詰まったものを取り除く

トイレットペーパーの使いすぎなど、トイレ詰まりの原因が簡単な理由だった場合は勝手に流れ始めるのですが、固形物や水に溶けないものが詰まった場合は自身の手で回収する必要があります。

トイレ詰まりの原因が出てきたらラバーカップは一度取り外し、原因となったものをゴム手袋などで掴んで一時的にバケツやビニール袋に移しましょう。

しかし油断は禁物です。もしかしたらトイレ詰まりの原因が他にあるかもしれません。この状態でレバーを引いてしまうと水が流れず、溢れ出てしまう恐れもあります。

詰まりの原因を取り除く

バケツで水を流す

バケツなどに水を汲み、トイレへゆっくりと流してみましょう。もし詰まりが解消されていれば水が流れ、継ぎ足した分の量は減っていきます。水の量が変動しない場合はまだ詰まっている恐れがありますので、もう一度ラバーカップで「引く」ことを意識して繰り返してみてください。

ラバーカップによる水の飛び散り対策

トイレ詰まりを解消するのにうってつけなラバーカップではあるものの、使用した際に汚水が飛び散ってしまっては困ってしまいますよね。そんな水の飛び散りが起きないよう、事前に対策をしておきます。
水の飛び散り対策を

対策1:水が多い場合には取り除いておく

トイレ詰まりが起きると流れなくなった水も溜まってしまいますが、そんな状態でラバーカップを使うと、汚水が「跳ねる」というよりも「こぼれてしまう」ことがあります。

その様な事態が起きてしまわないためにも、事前にバケツなどを使って中の水を掻き出すか、灯油ポンプなどで汲み取る必要があるでしょう。汲み取った汚水は、バケツで水を流すテストに利用することをおすすめします。

対策2:ビニール袋を使う

ゴミ袋のような大きめのビニール袋の底に穴を開け、そこにラバーカップを通しましょう。トイレ全体を覆うようにビニール袋を広げることで、ラバーカップを引いた際の水の飛び散りを防ぐことができます。

しかし詰まりを解消してから片付ける際に、ラバーカップについた汚水がビニール袋を通じて垂れてしまう恐れがあります。予め新聞紙やバケツなどを用意して、ラバーカップとビニール袋をひとまとめにできる環境を準備しておけば安心です。

ラバーカップのお手入れ方法

トイレ詰まりが解消できたら完了!とはいきません。きちんとラバーカップの手入れを行わなければ、悪臭やコバエが発生する原因となってしまいます。

だからといって洗剤や漂白剤を使って漬け置きすると、種類によってはゴムを劣化させてしまう原因になります。

正しい手入れの方法は「水で綺麗に洗い流す」ことです。バケツに水を溜めてこすり洗いや、お風呂場などでしっかりと洗い流しましょう。

その後、必ず天日干ししてください。ラバーカップ用のケースなどもありますが、通気性の悪いものもあり、菌の増殖に繋がってしまうことも。必ず天日干しを行い、よく乾かしてからケースに保管するようにしましょう。

ラバーカップでは詰まりが解消できない場合の対処法

場合によっては、ラバーカップではトイレ詰まりを解消できないこともあります。その様なケースの対処法を2つご紹介します。

真空式パイプクリーナーを使う

真空式パイプクリーナーは、ラバーカップと同様の原理で詰りを除去します。しかしラバーカップとは違いポンプを使うことでより強い吸引を可能にしており、トイレ詰まり問題の解消にうってつけのアイテムになっています。

使い方はラバーカップと同じように排水口へゴム部分をつけるだけ!後はポンプの部分を引き上げれば、簡単にトイレ詰まりの問題を解消することができます。

ラバーカップとは違い、意識する点は排水口へしっかりとゴム部分を押し当てるだけなので、非常にお手軽に扱うことができます。それでもトイレ詰まりを解消できない場合は、詰まった原因が圧力作業では取り除けないものである可能性があります。

業者に依頼する

どれだけ努力してもトイレ詰まりを解消できない場合は、業者に依頼するのも手でしょう。素人判断で無理にラバーカップを押し込んだりしてしまうと、トイレそのものに悪影響を及ぼしてしまいます。確かな技術と機材を持った業者に頼む方が、結果的に安上がりになるかもしれません。

トイレ詰まりを軽く見てはいけません。事態を悪化させ、排水管を痛めるなどかえって費用が掛かってしまう恐れも。そのようなトラブルを未然に防ぐためにも、解決しない場合には業者へ頼むことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。トイレ詰まりはどなたでも起きてしまう恐れのある現象です。

間違った使い方をしてトイレの排水管を駄目にしてしまわないよう、ラバーカップの正しい使い方を把握しておくことが重要です。正しい使い方を把握しておくことで、いつでもトイレ詰まり問題の解決に臨めるでしょう。

※この記事に含まれるデータは、公開時点のものであり、価格やサービス内容が変更されている場合があります。
※本サービスが提供する情報の具体的な利用に関しては、利用者の責任において行っていただくものとします。詳しくは、本サービスの「利用規約」をご参照ください。

登録されたカテゴリー・タグ